【驚愕!】飛行機内で起こった!迷子の子猫事件とは…

2015.09.18

【驚愕!】飛行機内で起こった!迷子の子猫事件とは…

2008年6月6日、飛行機に乗ってきた迷子の仔猫ちゃん事件が起きました。まさかその事件が我が家の運命を変えることになるとは思いもしない出来事でした。

その仔猫は事件当日、羽田と富山を往復して羽田から福岡、大阪空港を経由して最終便で熊本へ行く途中、福岡大阪便の飛行機の中で発見されました。


2a2e50a13c964923b9cd6c29223

猫ちゃんは機内荷物扱いはできません。

通常、猫ちゃんを飛行機に乗せて旅行をする場合は、貨物室に預けるように決められています。その際、一般の荷物と同じように扱われますので、堅い金属性か頑丈なケージに入れるか、航空会社からケージを借りて預けるようになっています。

猫ちゃんの航空料金

猫ちゃん1匹につき、運賃は全日空の場合だと全国1区間6000円(一部地域は4000円)となっています。JALの場合は、1区間あたり 3,000円から6,000円と、ケージの大きさで料金設定がされているなど、各航空会社で規定が細かく決められています。

預ける際の注意事項

預ける時間は搭乗前30分前にと指定されています。その際、必ず同意書を記入して預けるように決められています。神経質な猫には、飛行機と言う特別な環境に慣れない緊張感が伴うため、万一のことも考えて預ける覚悟も必要と言われています。時にはケージを開ける時に逃げ出すこともあるようです。ケージの中では離陸して上昇する際、シートベルトなしなので、身体をぶつけることも小さな猫にとっては負担になります。そのようなことも考えて、普段遊んでいるぬいぐるみ等を入れてあげると良いと思います。


f959e4296118798fa02d4051d0e823b6_s

我が家の場合

福岡空港から大阪伊丹空港へのフライト中に、CAさんが仔猫の声に気付いたそうです。大阪空港に到着してすぐに大捜索となったそうです。整備士さんたちも動員での大捜索。やがて窓側の溝に小さな便が見つかり長時間乗っているのだろうと言うことと、猫がいることが確定しました。さらに探していると、搭乗口の開閉扉の上にいた仔猫が発見されました。この時間約30分。
飛行機は機材を他の飛行機に移して安心した乗客たちを載せて熊本へ飛んで行きました。
仔猫がどんなルートを通って機内に入ったのか、誰が乗せたのか?どうやって乗ったのか?いまだ謎のままです。飼い主も現れませんでした。誰かのポケットに入って来たと言う人もいましたが、乗客を調べても、それらしき人もいなかったようです。


ed82c00fd51e7cf258d2882f6d696158_s

シートベルトはありません。

保護された仔猫は、全身ほこりとすすだらけで目はつぶれていました。機内であちこち飛ばされていたのでしょう。ケージに入っていなかったので衝撃は大きかったのだと思われます。耳の後ろに小さな怪我もありました。

航空法で遺失物は4日間の空港保管。さらに警察の管轄で2週間の期限。

仔猫は航空法で遺失物扱いとなりました。通常、忘れもの等の荷物は空港で4日間預かることが決まっていますが、生きている動物の為、預かり先を検討されることになりました。そこで、当時地上職勤務だった娘が猫好きなこともあって、預かりたいと申し出たらしく、許可を得るためにわたしに連絡してきました。我が家では2年前に愛猫を2年越しに天に送ったばかりで、わたしはペットロスになっていました。そのため、猫はお断りだったのですが、事情が事情のため、期限付き条件で預かりました。
わずか650gの子猫は、パソコンのキーボードに乗って自分の名前をRubyと打ちました。不思議な運命を感じて驚いたものでした。
結局、2週間たっても飼い主は現れませんでした。法的に飼い主が現れない場合は、ガス室行きと聞いていました。色々と悩みましたが、結局我が家で家族として迎えることになりました。
あれから7年経ちました。いまだ無賃乗車のままですが、航空会社から請求は来ておりません。そればかりか、キャットフードをいただいたり、噂の事件その後を聞かれることもあります。


5d21a811e83c5082f6cd2ee16d67b13c_s

飛行機に乗ってきた仔猫は天使だったのかも!?

この間に、招き猫(娘の結婚のために働きました。)、礼拝をする猫(日曜日は一緒に礼拝をします。)、いやし猫など、別名がつく猫としても呼ばれるようになりました。
夕方になると、マンションの玄関廊下に出て大阪空港へ帰って行く飛行機を眺めています。飛行機が大好きなようで、遠くに飛んでいる飛行機をいつもじっと見つめています。最終目的地は熊本なのだと思っているのかもしれません。偶然にもわたしの故郷は熊本です。
何とも不思議な、神の御計画としか言いようがないようないやしを受けて過ごしています。
飛行機に乗って来た迷子猫がもたらすいやしの奇跡はこれからもエンドレスに続いて行くのだと思います。天に一番近い飛行機に乗せられた贈り物に感謝です。


▽ おすすめ記事 ▽

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中岡 早苗

中岡 早苗

可愛い猫ちゃん達に囲まれながら、猫の知識や暮らしを日々学んでいます。 学んだ情報はどんどんお伝えしていきます。楽しいネコライフをおくりましょう。

関連するキーワード