お留守番の時も快適に~冬の寒さ対策~

2015.11.09

お留守番の時も快適に~冬の寒さ対策~

溶けるような暑さだった夏も過ぎ去り、肌寒い季節がやってきました。 猫にとってはちょうど過ごしやすい季節ですね。 しかし、もうすぐ寒い冬がやってきます。飼い猫が布団に入ってくる、あの至福の季節です!人間にとっては愛猫とのスキンシップの時間が増えうれしい限りですが、寒がりの猫達にとっては少し辛いかもしれません。 猫ちゃんを残して外出の時、寒さ対策はどうしていますか?お留守番の時はストーブやこたつをつけっぱなしで出かけるのはやはり危険です。コードをかじったりして火災の原因になるかもしれません。でも暖房をつけなくて寒くないのかな?と気になる飼い主さんも多いのではないでしょうか? そこで、今回は猫ちゃんが冬でも快適にお留守番できる様に、安全で単にできる寒さ対策をまとめました。

猫の快適温度は?

寒さ対策ご紹介の前に、猫ちゃんに適した温度はどのくらいなのでしょうか?
猫ちゃんの快適温度は20℃前後、湿度は50%~60%位が丁度良いといわれています。
風邪をひくのは猫ちゃんも同じ。湿度が50%以上あればウイルスの活動は抑えられますので、冬場は加湿器などを使ってあげたいですね。

ドーム型ハウス


야루さん(@yaruzong)が投稿した写真


ドーム型のハウスがあれば、猫自身の体温でふんわりと暖かく過ごせます。
マカロン型や卵型、フルーツの形など様々なタイプの屋根付きベッドが登場していますので、選ぶのが楽しく、またその中に入っている愛猫の姿もたまらなくかわいいですね。
ただし、窓際は寒いのでハウスはなるべく窓際より遠くに置いてあげて下さいね。そして室温は上に行くほど上昇しますので、ソファーやキャットタワーの上など、少し高めの場所に置いてあげるといいですね。


湯たんぽ


@mira075が投稿した写真


湯たんぽをタオルでくるくると巻いて、猫のお気に入りの場所に置いてあげましょう。タオルで巻くことで、暖かさが長持ちします。猫がいる場所は夏は涼しく、冬は暖かい、家の中で一番快適な場所。そこに湯たんぽがあればお留守番の時でも気持ちよく過ごしてもらえるでしょう。レンジでチンするタイプのペット用の湯たんぽもあります。かじったり、爪でひっかいたりしても中身が出てこない物を選びましょう。ペットボトルにお湯を入れてタオルやフリースなどで巻いてもいいですね。


もぐれるタイプの毛布



筒状に縫い合わされたふわふわの毛布は、猫ちゃんの本能を刺激し、思わず潜ってしまうに違いありません。「猫のお布団」という本物に近いデザインのものも発売されています。小さなお布団に思わず一緒に入りたくなりますね。


こたつ


U_Nさん(@tsubo0209)が投稿した写真


コンセントをかじられると危険ですので、お留守番の時はこたつの電源は入れないほうがいいでしょう。こたつを設置しておくだけで布団に囲まれた空間ができますので、猫ちゃんは充分暖かく過ごせます。こたつがないご家庭は椅子に毛布をかけて簡易こたつを作ってあげてもいいですね。


段ボールだっていいんです


ちろたんさん(@tirotan67)が投稿した写真


うちにはハウスもこたつもない!という方。そんな時は段ボールにふわふわの毛布を敷いてあげるだけでも猫ちゃんは暖かいんです。見た目はちょっと寂しいですが、猫は段ボールが大好き!気にせず準備してあげましょう。


ブラッシングも忘れずに


aarrettaさん(@aarretta)が投稿した写真


ふわふわのきれいな被毛は、触り心地抜群で思わず顔を埋めたくなってしまいますよね。猫ちゃんは被毛の間に空気を含むことで暖かさをキープしています。そこに毛玉ができてしまうと、しっかりと空気を含むことができません。毎日きちんとブラッシングしてふわふわの状態をキープしてあげましょう。飼い主さんとのスキンシップにもなるブラッシング。体を触ることで健康チェックにもなり、一石二鳥ですね。


いかがでしたか?猫ちゃんにも暑がりさんと寒がりさんがいて、好みの寝床もそれぞれ。
みなさんのお家の猫ちゃんにぴったりの方法を見つけて、暖かく快適なお留守番タイムを過ごしてもらいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中岡 早苗

中岡 早苗

可愛い猫ちゃん達に囲まれながら、猫の知識や暮らしを日々学んでいます。 学んだ情報はどんどんお伝えしていきます。楽しいネコライフをおくりましょう。

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら