猫ちゃんと災害

2015.11.16

猫ちゃんと災害

最近、地震や津波、土砂災害など、多くの自然災害のニュースを耳にします。 2011年に東北地方太平洋沖地震が起こった時に、とても衝撃をうけたのは私だけではないと思います。 初めてその災害のことをニュースで見たとき、本当にこれが日本で今起きているのかと目を疑いました。 平和な日本で、こんなにも多くの被害があることはとても悲しく、またとても不安になります。 これからも、少しでも災害の被害が少なくすむようにと祈らずにはいれません。 災害が起こった時、どうしても人間が優先になってしまい、猫ちゃんやワンちゃんなどの動物の救助はあと回しになってしまうのが現実です。 もしもの時に大切な猫ちゃんを守るためにはどうしたら良いのでしょう? 今回は災害が起こった時のために準備しておくと良いものについてお話しします。

まずは防災グッズの準備を!

皆さんはご自分や猫ちゃんの防災グッズはまとめて準備していますか?
私も東北地方太平洋沖地震の時に、いつ何が起こるか分からない、その時に家族を守れるようにしなくては!と慌てて防災グッズを準備しました。
インターネットや本で調べ、準備したものは水や小銭、非常食などに加え、まだ子供が小さかったのでオムツなども入れました。
しかしそれ以来見直すこともなく、久しぶりにチェックすると、水の賞味期限は切れ、今では必要のないオムツがむなしく入っています…
さらに今回の本題の猫ちゃん用のグッズは小分けのフードが少しだけしか入ってません…!
ひどすぎます!ごまくん、ごめんね!
猫ちゃんのために必要なものはもちろんフードだけではありません。
参考にしてみてください。

249250
  • いつも食べているフード(三日分以上)
  • ビニール袋
  • ハーネス
  • 必要があれば、常用している薬
  • です。
    これらは災害が起こった時にすぐに持っていけるよう、人間用と一緒に取り出しやすい所に準備しておきましょう。


    洗濯ネットとキャリーケースで身柄を確保!

    6-2

    災害が起こった時にまずは安全を確保して猫ちゃんと一緒に逃げなければなりません。
    その時に、そのまま抱っこして逃げるのはとても危険です。
    災害の程度にもよりますが、まずは落ち着いて、猫ちゃんを捕まえましょう。
    その時に役立つのはキャリーケースです。
    動物病院に行くときなどに使っている方も多いのではないでしょうか?
    柔らかい布でできているものから、飛行機に乗る時にも使える固くて丈夫なものまで種類はさまざまです。
    災害の時のことだけを考えればもちろん丈夫なものが一番望ましいでしょう。
    キャリーケースに猫ちゃんが入ってくれれば、とりあえずは安心です。
    しかし、病院に行くときにしか使っていなかったりすると、なかなか入ってくれない猫ちゃんも多いと思います。
    そんなときに役立つのが洗濯ネットです!
    ご存じの方も多いかと思いますが、あの洗濯ネット、猫ちゃんを捕まえるのになかなか使えるのです。
    猫ちゃんが警戒することも少なく、キャリーケースを嫌がる猫ちゃんでもあっさりと中に入ってくれたりします。
    入った後も落ち着くのか、割といい子にしてくれます。
    ただ洗濯ネットだけだと、外からの衝撃を防ぐことができないのが欠点です。
    まずはネットにいれて猫ちゃんが逃げないようにして落ち着かせ、洗濯ネットに入れたままキャリーケースに入れてあげるのがベストです。
    普段からキャリーケースを出しておき、狭い所を好む猫ちゃんに安心できる場所だと思ってもらうことができれば確保もしやすく、いざというときにすぐに取り出せすことができスムーズです。
    通院ネットについてはこちら


    普段から迷子札を!

    pet_nafuda_neko

    皆さんの猫ちゃんは迷子札をつけていますか?
    完全室内飼いの場合は首輪もつけてない猫ちゃんも多いかもしれません。
    ごまくんも完全室内飼いなので以前は首輪をつけてませんでしたが、網戸から脱走して以来首輪と迷子札をつけるようになりました。
    迷子札はインターネットで注文し、名前と連絡先が書いてあります。
    今はとてもたくさんの種類のものがあるので選ぶのもとても楽しいですよ。
    迷子札をつけていれば、もしも離れ離れになっても再会できる可能性があります。
    災害だけではなく、猫ちゃんが脱走した時などにも役立つので、ぜひ迷子札を作って、首輪につけてあげてください。


    まとめ

    今、当たり前に毎日が過ぎていますが、いつなにが起こるか分かりません。
    特に自然災害などは、誰も予想できないタイミングで起こります。
    自分のこともどうしたら良いか分からず、みんながパニックな中で大切な猫ちゃんを守れるのは飼い主である皆さんです。
    ぜひ、普段から猫ちゃんの分も災害の準備をしておいてください。
    備えあれば憂いなしです!
    皆さんと猫ちゃんの幸せな毎日が続きますように!
    最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

    neko_nobi

     猫ちゃんの食事について。ねこまんまじゃ不満だにゃ~ 

     【猫の豆知識】猫ちゃんの毛色は十匹十色?! 

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    ゴマタロ

    ゴマタロ

    味のある顔の白黒ねこと楽しい毎日を過ごしています。 すっかり猫の虜になりました。 猫の事をもっと知り、その知識が少しでも猫好きな皆様のお役に立てれば嬉しいです。

    関連するキーワード


    記事に関するお問い合わせはこちら