冬に備えて…猫が快適に過ごすための我が家の対策

2015.11.18

冬に備えて…猫が快適に過ごすための我が家の対策

朝晩の冷え込みが厳しくなり、冬の気配を感じるようになりました。 我が家の4匹の猫達は完全室内飼いなので、木枯らし吹く外の景色を 暖かい部屋の窓からのんきに眺めて過ごしています。 けれど、飼い主が留守の間は暖房機能が停止するので、日によっては 室温が5℃を下回るような寒い部屋で留守番させることになります。 猫の飼い主なら、誰もが直面する悩みではないでしょうか。 それではこれから我が家の防寒対策をご紹介したいと思います。

電気代より猫優先?!

飼い主が独身時代は、大事な家族である猫達に寒い思いはさせたくないと思い、エアコンをフル回転させていました。もちろん、乾燥予防の為に加湿器も設置していました。
人間と同じで猫も乾燥しているとウィルスに感染しやすくなります。友人からは、どこのセレブ猫だと呆れられていました。しかし、それは長くは続きませんでした。なぜなら飼い主はセレブでもないただの会社員だったからです。電気代の請求に白目を向いた為、それから安全で低コストな防寒方法探しが始まったのです。
HIR87_hutonnouedenerusco_TP_V1

昔ながらの暖房器具が最適!

名称未設定-2

まず、我が家にある暖房器具はエアコンと石油ストーブとこたつの3種類。エアコンはタイマー機能を使う手もありましたが、フルタイムで働く飼い主は家に居ない時間が長く、電気代はつけっぱなしの時とあまり大差がありませんでした。ストーブをつけっぱなしには絶対に出来ないし、こたつも火災のリスクはゼロではありません。特に我が家の猫達の中には、電気コードをかじるクセのある子も居たため、ホットカーペットやヒーター類も設置自体が難しい状況でした。これは同じ悩みをお持ちの飼い主さんが多いのではないでしょうか。お金がかからず安全な暖房器具はないものかと、探し続けて辿り着いたのが、「湯たんぽ」だったのです。便利な暖房器具が沢山あるこの時代に、まさに盲点でした。
これなら電気代もかからず、火災の心配もなく長時間の暖かさを保てるのでやっと飼い主の防寒対策探しは終わりを迎えたのでした。

継続は手軽さなり

名称未設定-3

湯たんぽを使うようになって、猫達は留守中もぬくぬくで飼い主も安心していたのですが、4匹いる猫達に1つずつ用意するのは、なかなか面倒な作業でした。出勤前の慌ただしい中、昨晩のお湯を捨てて、沸かしてまた入れて、4つとなるとやかんじゃ足りないので、鍋に2回に分けて沸かさなくてはならず大変でした。しかも、せっかくそれぞれに用意してるのに全然使ってないのがあったりすると、がっかりしてしまいます。作業の無駄と手間がかかりすぎている気がして、何となくこれがゴールではないと感じていました。
それでも数年は冬になれば湯たんぽを毎年用意していたのですが、ある時ホームセンターのペット用品コーナーで「ペット用の湯たんぽ」というものを見つけました。電子レンジでチンするだけで暖かさを長時間持続するという商品で、これを見たときは「やっと時代が追い付いてくれた」と感動してしまいました。1つ3千円程で湯たんぽにしては高額でしたが、これまでの大変な作業から解放されると思えば安い買い物だと思い、迷わず4つ購入しました!(1万2千円!)これが本当に楽で便利で素晴らしく、やっと我が家の防寒対策探しは本当のゴールにたどり着いたのでした。


それぞれに合った暖房探し

最近よく見かけるようになったのが、アルミシート入りのペット用のベッドてす。これは蓄熱性に優れておりペットの体温を利用して保温効果を高めるものらしく電気も使わず置いておくだけなので凄く良いと思うのですが、我が家の猫達の中には布製のものに必ずオシッコしてしまう子が居るため使用は難しいと思い購入は諦めました。そういった困った習性がない猫さんであれば、そもそも色々考えなくても毛布を何枚か用意してあげれば、自分達で暖をとってくれるので、悩むこともないのですが…。なかなか飼い主の思うようにはいかないものです。ひとくちに猫と言ってもそれぞれ個性があり、寒さに弱い子もいれば強い子もいます。友人宅の猫さんはコードをかじったりすることは全くないらしく、冬は電気カーペットを使用していると聞き、個々の習性を考慮しながら最善策を探すことが飼い主の役割でもあるのだなあと感じました。

室温と共に冬に気を付ける事

湯たんぽによって、冬の寒さを乗り切る我が家の猫達ですがひとつ気掛かりなのが水分補給です。部屋全体が暖かい訳ではないのでどうしても水を飲む回数が減ってしまうのです。
猫は腎臓の病気にかかりやすい為、水分補給はかなり重要なのですが冬は特に注意が必要です。対策として我が家では少しぬるめのお水を用意しています。猫も寒い部屋で冷たいお水だとなかなか飲む気にならないのでしょうね。

愛情が何よりの温もり

大切な家族である猫の為に、試行錯誤しながら最適な環境を整えてあげるのは大変だけれど、その分嬉しそうにくつろぐ猫の姿で何倍もの幸せになってかえってきます。
猫は勝手気ままな動物だと言われたりもしますが、大事に想う飼い主の気持ちはきっと伝わっているはずです。寒い冬も猫と一緒に快適に過ごせるよう、この冬の防寒対策をいまいちど見直してみると良いかもしれませんね。

PAK85_ohirunenuko20150109092625_TP_V1

 お留守番の時も快適に~冬の寒さ対策~ 

 冬のおしっこトラブルに注意! 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中岡 早苗

中岡 早苗

可愛い猫ちゃん達に囲まれながら、猫の知識や暮らしを日々学んでいます。 学んだ情報はどんどんお伝えしていきます。楽しいネコライフをおくりましょう。

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら