部屋の温度に気を付けていますか?

2015.11.25

部屋の温度に気を付けていますか?

部屋の温度に気を付けていますか? 猫が快適に暮らすための、室内の温度についてお話します。 熱い時、寒い時・・・四季のある日本は、一年の温度の変化が大きいですね。 特に室内飼いの猫にとっては、快適に暮らすためには部屋の温度がとても大切です。どんな時でも、過ごしやすい温度になるように心がけていますか? 猫が快適であり、もちろん飼い主さんも快適であるように、部屋の温度を調整していきましょう。

猫は心地よい場所を見つけるのが上手です。
夏の暑い時期には、猫のいるところがいちばん快適で、涼しい場所であったりします。
例えば風通しの良い窓際や玄関近くのところや、ひんやりしている床などです。
冬の寒い時期には、暖房の効いているところ、こたつやストーブの近く、毛布の上などです。また猫は高いところに上るのも好きですが、その場所が結果として快適な温度になっていることも多いです。
ということは、「部屋のすべての場所を快適な温度にしなくては」と思わなくても、猫が自分で行けるところに快適な温度の場所を作ってあげればよい、という事になります。

室内から外を見るねこ

夏の暑い時期について

部屋にいるときでも、熱中症に気を付けましょう。人がいれば温度の変化に気づいてあげられますが、特に留守番させるときは注意が必要です。
冷房をつけるのは良いですが、冷え過ぎるのも猫にはよくありません。風邪をひく原因にもなってしまいます。エアコンを送風やドライにしてつけていくのもよいでしょう。そして水をいつでも飲めるように、複数の水飲み場を作っておいてあげることです。

部屋によって、直射日光があたりすぎる場所は、カーテンを閉めて部屋の温度があがりすぎないようにするのも大切です。
また、日陰になるような場所をつくってあげましょう。特に長毛種は暑さに弱いですから、注意してあげましょう。

エアコンを使わない場合は、風が部屋を通るように窓や戸をあけてあげます。室内飼いの場合、大切なのは、とにかく脱走しないようすることです。網戸だけでは、はっきりいって脱走する可能性が高いので、網戸の前に猫脱走防止のワイヤーネットを設置したり、窓を少し開けて止めておく窓ストッパーを使用したりするなどの工夫が必要です。
網戸だけにするのは、猫が留守番する時には、やめておいたほうが無難でしょう。飼い主さんが家にいるときの方法と思ったほうがよいですね。安全に、脱走することなく、室内で暮らせるようにするのが飼い主さんの務めです。

つめたい床にねそべる

冬の寒い時期について

暖房の効いた部屋は快適ですが、温度があがりすぎないようにしましょう。
部屋の温度はほどほどに保ち、猫用のホットカーペットや湯たんぽを使うのも良いですね。ペット用で温度があがりすぎないようになっているものを使えば、猫の低温やけど防止にもなります。
ヒーターやストーブなどは、猫が近づきすぎたり上に登ったりしないように対処しましょう。猫のベッドは毛布など暖かいものを敷いて、自分で暖を取れるようにしておいてあげましょう。

あたたかいところで寝る

ここで少し違った見方から。
寒さに関しては、暖房器具を必要とするのは、幼猫や老猫、病気療養中の猫などで、健康な猫にはあまり必要ないと考えてもよいという意見もあります。猫本来の体力や、免疫力を弱めてしまうことになるからです。
だからといって、寒いところに置いておけというわけではありません。冷たい風をよけることができて、自分の体温で暖まれるようにしておくのが最適でしょう。

また、猫は暑さに強く寒さに弱い、という説もあります。
現代の猫は、室内飼いが増えたということも含めて、一概には言えない状況にあると言えます。

暑い時、寒い時、どちらも言えることは、猫が自分で快適な場所を選んで、動けるようにしておいてあげることです!

部屋の中で外を見る

ただし、老猫や、弱っている猫、子猫などがいる場合は、自分で移動できない場合もありますので、特別に注意してあげることが必要です。
夏は熱中症にならないようにして、それでもエアコンが効きすぎないようにしましょう。冬は部屋を暖めるのはもちろんですが、カーペットや暖房器具での低温やけどに気を付けましょう。

さて、猫が快適に暮らせる部屋の温度というものは、実際何度なのでしょう?
個体差がありますのでピンポイントでは言えませんが、室温にして18度から27度の幅です。猫が好む湿度も、30%から70%くらいと広い幅です。寒い時は湿度を高めにすると暖かく感じます。

ねこ温度計

自分の猫がどのくらいで快適そうにしているのか、好みや体質を見極めましょう。
長毛か短毛か、若いか老いているか、健康か、持病はあるかを考慮して、わからない場合は獣医さんに意見を聞くのもおすすめです。
日常生活の温度に少し気を使って、飼い主さんも快適で、猫との幸せな暮らしを続けていきましょう。

網戸越しに外を見る

 猫が病気になった時、気づいてあげられますか? 

 災害が起きた時に猫ちゃんはどうする? 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ねこちん

ねこちん

ひろった猫たち、トータル5匹と暮らしています。猫の写真を撮り、猫のイラストを描くのが好きです。

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら