【愛猫の抜け毛が気になる方必見!!】換毛期の過ごし方のコツ

2015.12.07

【愛猫の抜け毛が気になる方必見!!】換毛期の過ごし方のコツ

猫と暮らしていると必ずといっていいほど気になる、冬の前後に発生する、ふわふわのもの。 そう、抜け毛です! 猫の毛は、毎日、少しずつですが、抜けています。その抜け毛が、年に2回、量が増える時期があり、それを換毛期といいます。猫の衣替えのようなものですね。換毛期を快適に過ごすために、換毛期についてと、その時期の過ごし方のコツをお話します。

換毛期は冬の前後、春と秋にあります。冬に入る前の11月ごろと、春になる3月ごろです。
猫を見てみると、冬に近づくにつれふわふわとした毛に覆われて丸くなり、春になるころには以前よりふわふわの毛が減って、スッキリと細めになっていますよね。冬前には寒さに耐えるための準備をし、春前には暖かくなっていく気候に合わせていくためです。

この時期の猫は、撫でただけでも毛が抜けてきたり、猫がいた床やソファなどに抜け落ちた毛玉がついていたりと、飼い主さんは毛の世話で大変です。でも、抜け毛をなくすことは出来ません。ストレスなく、少しでも換毛期を快適に過ごせるようにしていきましょう。

ブラッシング!

ブラシング

換毛期で散乱する抜け毛の対策は、散乱する前のブラッシングが一番効果的です。
抜けかけて猫の身体についている毛を、ブラシでとってあげましょう。普段からブラッシングをしている場合は、さらに念入りに。猫とのスキンシップにもなります。

ブラッシングのしすぎではげてしまわないのか?

飼い主さんが気になるとしたら、それは心配ありません。
換毛期で抜けかけている毛の下には、新しく生えてきている毛があります。猫の体毛は、60日から90日の成長期と、40日から60日の休止期に分けられます。成長期に新しい毛が伸びてきて、古い毛を押しのけます。その古い毛が抜け毛となりますので、それを取ってしまっても大丈夫なのです。
毛の生えてきている部分を毛包と呼びます。猫の毛は、一つの毛包から太めの一本の毛と、複数の毛が生えてきています。人と比べると、ずいぶん密集していますね。その密集した毛がそれぞれ違う成長周期で生えてきているので、体毛が一度に抜けてはげてしまう、なんて事はありません。

ブラッシングを嫌がる場合は?

猫の毛

猫に合わせて、無理せず行いましょう。そのためには、一度に全身をブラッシングしようと思わないことです。猫がおとなしくしていれば、その間に優しくブラッシングし、猫が嫌がる素振りを見せたり離れて行こうとしたりすれば、自由にさせてあげることです。ブラシをこわがったり嫌がったりする場合は、手で撫でてあげて抜け毛を取りましょう。濡れた手で撫でてあげるだけでも、抜け毛が取れます。最初は手で、徐々にブラシに移行して、慣れさせていくのがよいでしょう。

毛球症!

換毛期には、猫が自分の毛をいつもより多く飲み込む割合が高くなります。それがひどくなると、「毛球症(もうきゅうしょう)。猫が飲み込んだ毛を吐き出したり排便したりできずに、腸に詰まらせてしまうこと」になってしまうこともあります。ですから換毛期には特に気を付けて、ブラッシングしてあげることが予防につながります。

抜け毛の対策

猫の抜け毛で困ることと言えば、
・部屋に毛が舞う、毛玉がたまる
・ノミやダニの発生につながる
・洗濯物についてしまう
・衣服やカーペット、カーテンなどについてしまう
などがあげられますね。

ブラッシングされる猫

対策は、掃除!

やはり掃除しかありません。

とにかく掃除機をかける。毛足の長いじゅうたんやカーペットは、掃除機をかける方向を色々な角度からにして、毛が残らないようにしましょう。畳やフローリングは水拭きなどするとよいでしょう。
またフローリングの場合は、あえてマットやカーペットを置いて、そこに毛を集めて、毛が広がったり舞ったりするのを防ぐという手段もあります。その時のマットやカーペットは、定期的に交換できたり、洗えたりするものにしましょう。抜け毛や毛玉がたくさん溜まる前に、毎日少しずつのお掃除を心がけると良いでしょう。

衣服についたものは、粘着テープでこまめに取りましょう。柔軟剤で、静電気防止効果のあるものを使用するとつきにくくなるようです。また、加湿器で湿度を60%ほどに保っていると静電気が防げます。
金銭的に余裕のある場合は、空気清浄器や、ペット用の吸毛器を設置するという対策もあります。

毛を粘着テープで取る

猫の換毛期には、日照時間も深く関係していると言われます。
完全室内飼いの猫には、季節による日照時間の変化が感じられず、一年中抜け毛を起こす猫もいるようです。また、猫の種類によって、抜け毛の量と質も違います。ご自分の猫に合わせて、対処していくのが大切ですね。

毛でおおわれている猫と暮らすには、抜け毛との付き合いは切っても切れません。
ブラッシングと、こまめな掃除を日々の習慣にして、猫の換毛期を乗り切っていきましょう。

プリント

 おすすめ記事 

 冬、寒い季節。お宅の猫は、ごはんをちゃんと食べていますか?


 【お悩み解決】猫と犬と一緒に暮らしたい!そんな時の注意点


 やっていますか?冬でも大切な、猫のノミ対策!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ねこちん

ねこちん

ひろった猫たち、トータル5匹と暮らしています。猫の写真を撮り、猫のイラストを描くのが好きです。

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら