困った!猫ちゃんの壁紙de爪とぎを防ぐポイント3つ!

2016.01.03

困った!猫ちゃんの壁紙de爪とぎを防ぐポイント3つ!

猫ちゃんをお迎えするとき、新居にお引越しするときは特に気にする方も多いのが爪とぎ。夢のマイホームはもちろん、賃貸で猫の飼育が可能となっているお部屋でもあまりにも多くの場所で爪とぎをされると退去時に多額の費用が発生することも多くあります。そこで今回は、猫ちゃんの爪とぎについて詳しくご紹介していきます。

ポイント1: そもそもなぜ爪とぎをするの?

爪とぎをすることにはいくつか理由があり、理解してあげることが必要です。

  1. 爪のお手入れ
  2. もともと猫の爪は獲物を捕まえるときの攻撃の道具です。よって、日頃から自分で手入れをして古い爪を剥がし鋭くしておく必要があります。猫ちゃんにとっては生きていく上で大切な習慣なんですね。

  3. マーキング
  4. シャワーと同様、猫には爪とぎのあとを残して縄張りをまもる習性もあります。実は猫ちゃんの肉球の周辺からはフェロモン物質が出ているので、その匂いで他の異性を寄せ付けなくしているのです。発情期になると激しく爪とぎをする猫ちゃんがいるのはこのためです。

  5. ストレス解消

実は、爪とぎはストレス解消にもなっていることが分かっています。驚いたり嫌なことがあったりすると、おもむろに爪とぎを始める猫ちゃんも多いですが、こんな意味があったんですね。

名称未設定-1

ポイント2:爪とぎしたくなる素材って?

  1. 表面がガサガサして爪が引っ掛かりやすい
  2. まず表面に凹凸があり、ある程度柔らかく爪が引っ掛かるものを好みます。市販の爪とぎは布タイプや段ボールタイプまで様々なものがありますが、猫ちゃんによって好みが異なるので試してみる必要があります。我が家の愛猫には段ボールの爪とぎを準備しましたが全く見向きせず、カーペットやソファなどの布が好みのようです。マイホームを建てるなんてことになったときは、猫ちゃんが爪とぎしにくい堅くて凹凸がない、つるつるとした素材の壁紙を選ぶと良いかもしれません。

  3. 高さがあり、安定している場所にある

爪とぎは場所も大切です。普段猫ちゃんがくつろいでいる場所に、好みの置き方で置いてあげる必要があります。市販のものでも、筒状のものや縦置き・横置きのものなど、いろいろな種類がありますので、愛猫ちゃんの習性を見極めて準備してあげる必要があります。

名称未設定-2

ポイント3:爪とぎを防止するには?

  1. 壁紙で爪とぎが出来なくなるよう工夫をする
  2. 簡単なのは、猫が届く範囲の高さまで物を置くなどして壁を隠してしまうこと。ただし高いところが好きな猫ちゃんは平気で登って今度は高いところで爪とぎをしていた!なんてこともあり得るので注意。どうしても癖になってしまっているような場所があれば、ホームセンターなどで売っているビニル製の壁カバーを利用するのも手です。見た目は良くないですが猫ちゃんが嫌うアルミ箔を貼ったり、しつけ用のスプレーを使ったりするのも効果があります。

  3. 爪とぎをしてよい場所を教えてあげる
  4. 爪とぎをしてほしくない場所でしているところを見つけたら、大きな声を出したり近くで手を叩いたりして驚かせます。そして用意した爪とぎ用のグッズなどの近くに連れて行きます。全く爪とぎをしないようであれば、爪を引っかけてあげます。飼い主さんがガリガリ音をたててみせるのも手です。あまりにも無視するようであれば、その素材などが気に入らないのかもしれませんので、別のものでチャレンジしてみましょう。

  5. 爪のお手入れをする

比較的小さいうちから飼っている猫ちゃんであれば、爪を切ることに慣れてもらうのも良いでしょう。爪の伸びる早さにもよりますが、子猫であれば10日に一度くらい切ってやると遊んでいても気にならなくなります。猫ちゃんの指を一本ずつ摘まむと簡単に爪が出てきますが、赤く透けている部分は生爪で切ると血が滲み痛みを感じるので避ける必要があります。我が家では暴れないよう爪を切るときは必ずご褒美のチューブタイプのおやつをあげるようにしています。

名称未設定-3

最後に…

爪とぎは、多くの人にとって猫ちゃんと暮らすにあたって最も心配なことのひとつです。しかし、無理にやめさせるのではなく、必要なことだと理解した上で自分たちにとっても困らない場所で思い切りさせてあげることが出来れば、全く問題はありません。壁紙などには十分気を付けることであらかじめ爪とぎを防止し、愛猫ちゃんと快適な暮らしを送れるように環境を整えてあげましょう。


– おすすめ記事 –

 ひとり暮らしで猫を飼うときに知っておきたいポイント3つ


 愛猫からのおねがい!冬のお留守番で気を付ける3つのポイント


 古い歴史を誇るブリティッシュショートヘアーの飼い方は?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ぎんまま

ぎんまま

犬派ファミリーで育ち、26歳にして初めて念願のねこちゃんと暮らせることに!現在は旦那さま、お腹の赤ちゃん、10か月のロシアンブルーと、2(3)人+1匹生活をおくっています。自分のようにねこちゃんと初めて一緒に暮らす方にもお役にたてるような記事を書いていければと思います。よろしくお願いします。

関連するキーワード