猫にとって、いいトイレの環境を整えよう!

2016.01.12

猫にとって、いいトイレの環境を整えよう!

猫は、トイレの場所を覚えてもらえれば、決まった場所で排泄をしてくれる動物です。猫が快適に排泄できるトイレの環境を整えてあげることは、猫と暮らす時にとても大切なことです。

トイレのしつけ方

まず、猫トイレを希望の場所に置きます。猫をトイレの中に入れて、砂を触らせる、可能な場合は前足を持って砂を掻く動作をさせると、多くの猫はトイレを覚えてそこで排泄してくれるようになります。
猫は、トイレに行きたい時には、うろうろしたり、前足で床を掻く仕草をしたりしますので、その時にそっとトイレに入れてあげるのがよいでしょう。すぐ覚えてくれなくても、2〜3回ほど繰り返しましょう。


猫トイレを置く場所

トイレは、静かで、落ち着けるような場所に置いてあげましょう。猫が無防備になるところなので、柱や壁の影や、部屋の隅に置いてあげると安心できるでしょう。
猫がトイレに入った時も、大きな音を立てたり、近寄ったり、驚かせたりするようなことをせず、静かに、興味ない態度でいましょう。

猫がまだ小さい場合は、トイレを複数設置してあげるのも良いでしょう。子猫は遊んでいたりしてトイレに行きたくなっても、遠くにトイレがあると、たどり着く前に粗相をしてしまう可能性もあります。

家が広い場合や、1階と2階で猫の長くいる空間がまだ決まらない時も、トイレを複数置いてあげると良いでしょう。
猫が複数いる場合は、猫の数+1個のトイレをおくと良いですし、広さや使用できる状況を見て、さらに増やしてあげることも大切です。

トイレがいや

トイレの種類

トイレには、大まかには、屋根のあるドーム(フード)タイプのもの、屋根のないハーフタイプのものがあり、それぞれに良さがあります。
ドームタイプは外から見えない、匂いがしにくいなど、飼い主さんにとっては良いですが、猫にとっては、入ることを嫌がったり、匂いが中にこもって嫌だったりする場合もあるので、猫の様子を見て、使えるかどうか判断しましょう。
トイレの大きさは、猫の体型に合わせるのが基本ですが、できるだけ広めのほうが、中で猫も動きやすくて良いでしょう。子猫の場合、あまりトイレの縁が高いと登れないこともあるので、台がわりになるものを置くなどしてあげてください。


トイレの砂

猫砂には、固まるタイプ、燃やせるタイプ、素材も、紙や木、おからなどの種類があります。
トイレに流せるものもありますが、最近では、流せるタイプでもトイレが詰まったりするなどの問題もありますので、ビニール袋などに使用済みの砂や便を取り、ゴミとして出す方が安全かもしれません。トイレに流すときは、「一回ずつ流してください」などの注意書きがありますので、使用法を守って正しく使ってください。
トイレの砂の処分の仕方については、可燃ゴミ、不燃ゴミ、トイレに流すなど、猫トイレ砂によって違います。ゴミに出す場合は、必ず各自治体の指定に従ってください。

砂の粒も、細かいもの、大きいものとあります。最初は飼い主さんの使いやすいものを使ってみて、猫がトイレに入らなかったりなかなか用を足さなかったりする場合は、砂を変えてみてください。

以前使用していたトイレや猫砂がある場合は、以前と同じものを使ってあげたほうが猫は安心します。変えたい場合は、砂を混ぜるという方法もありますが、砂のタイプが全く違う場合は、新しいトイレを並べて置いてあげて、新しい方を使うようになったら古い方を片付けるという方法もあります。
最初はよく観察して、粗相だけでなく、猫が排泄そのものを我慢していないかどうかを見ていましょう。

猫トイレ

トイレ掃除はこまめにしましょう!

猫は、自分が使ったものでも、汚れているトイレでは用を足したがらないものです。すぐにトイレを掃除することが毎回できれば良いですが、なかなか難しいときは、トイレを複数おくと猫にとっては良いでしょう。
複数あっても、それぞれを常にできるだけ綺麗にしてあげてください。砂を片付けるだけではなく、まわりの床やトイレそのものを洗うなど、清潔にしてあげましょう。


猫がトイレを使わない時、粗相をするときは?

そんな時には、なにかしらの猫にとっての原因があります。
トイレ掃除は、できるだけ、使用したら早めに砂を取り除いてあげることです。匂いがついていたり、トイレの周りが汚れていたりしても猫はいやがるので、砂だけでなくトイレそのものも綺麗に保ってあげましょう。

トイレの場所が嫌だということもあります。騒がしかったり、人がよく通ったりして邪魔されたり、またはトイレを使っている時に邪魔された経験があると、そのトイレを使わなくなるかもしれません。猫が安心できる、静かで邪魔されない場所に置きましょう。

猫の快適な生活には、綺麗なトイレの環境がかかせません。猫が使って快適なトイレであれば、そこを覚えて使い続けてくれるでしょう。

トイレ砂の処理

– おすすめ記事 –

 冬、寒い季節。お宅の猫は、ごはんをちゃんと食べていますか?


 猫が病気になった時、気づいてあげられますか?


 猫を飼う!ってまずは何から準備すれば?!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ねこちん

ねこちん

ひろった猫たち、トータル5匹と暮らしています。猫の写真を撮り、猫のイラストを描くのが好きです。

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら