猫の性格は?自由?気まぐれ?

2016.01.11

猫の性格は?自由?気まぐれ?

猫といえば、一般的に気まぐれで自由、マイペースな性格というイメージがつきもの。 もちろん、それぞれ猫によっても個性がありますし、種類や性別によって違うようですが、 よく猫的な性格、犬的な性格といわれるような世の中のイメージがあるようです。

ユニ・チャームセール

一度、心をつかんだら離さない!!猫の魅力

DSC00511

現在、猫1匹と暮らしています。うちに来て早10年以上もたつのですが、今だ、性格の全てを把握できていないようで、日々の行動に驚くことが多々あります。
以前は犬を2匹飼っていて、1匹はおっとりしていて優しい性格、1匹はやんちゃで自由な性格と、それぞれ性格が全く異なり、やはり個性があるのだなと思っていたのですが、猫を飼い始めた現在、2匹とも犬の性格としてのイメージである、従順な性格だったのだなと感じています。

今、一緒に暮らしている猫は、生後3か月ほどの大きさの時に、
雨の日に家の前で必死に入れてほしくて鳴いていたのをうちに入れたのがきっかけで、それからは、ずっと同居しています。同居……まさに猫との生活は同居です。
小さいときは、出かけていく私の姿を寂しそうに見送り、帰ると自転車を駐輪している音を聞きつけ、玄関のドアが開き姿がみえるまで鳴いていたものです。それでも、帰宅してしばらくすると、名前を呼んでも知らん顔、さっきのは愛想でしたといわんばかりの態度で、しつこく構うと、尻尾をふって無言の嫌悪感を示してきます。もともと不愛想な猫で、知人が来ると、押し入れに逃げこんで出てこなかったり、市販されている猫用のおやつをお土産にもらっても、気に食わなければ一口も食べなかったり。
お腹がすけば甘えた鳴き声で頭をすり寄せ、満足した後は、知らん顔で去っていく。しかも季節によって一番快適な場所を確保。寒いときには温かいテレビの上、暑いときは風通しがいい廊下。構ってほしくないとき構うと、飼い主だろうが爪を立て、歯をむき出して威嚇し、噛みつく。
犬を飼っていた時からは想像できないことでした。やんちゃで自由な性格の犬でも、飼い主に対しては従順で、呼べばどんな時でも喜んでとんできたものです。叱られれば、反省し2度と同じことはしませんでした。

8fc0f9e12c92bd65b77c67958642a66a_s

最近、うちの猫も歳をとったせいか、威嚇も噛みつきもしなくなりました。それどころか、飼い主以外に近寄らなかったのに、知人に愛想をふりまき、まさかの膝の上にのって眠るということをするようになりました。しかも1人、2人ではありません。長年うちに出入りし、猫の性格を知っている知人は大喜びです。皆、珍しい姿に、身動きせずじっと膝にのせているのです。
随分とフレンドリーになったものだと思っていたのですが……季節は冬。例年よりこたつを出す時期が遅れていました。
先日、こたつを出したところ、真ん中の一番暖かいところを陣取り動きません。
結局、知人の膝はこたつまでの暖だったようです。

自由で気まま。その姿は同居人として羨ましく思います。どこか人間を見透かしたような態度は魅力的に感じます。ただ、自由を好むが故、繊細でストレスを感じやすく、毛づくろいをしすぎて、いつのまにか禿を作っている姿など、なんとなく不器用な姿に見え、しっかり気にかけて一緒に生活しなければと身が引き締まります。

猫の魅力。気まぐれで、自由でマイペース。そんな猫に振り回されながら、予測のできない出来事に一喜一憂し、お互いの微妙な距離と関係を楽しむ。それこそが一番の猫の魅力なのかもしれません。

9ab41f29df3f77c5116ce2f0f65f76ed_s

– おすすめ記事 –

 冬がやってきた。猫にしてあげたいケアとは?


 困った!猫ちゃんの壁紙de爪とぎを防ぐポイント3つ


 冬の遊びキーワードを『猫』に変えたら冬が待ちどうしくなった!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中岡 早苗

中岡 早苗

可愛い猫ちゃん達に囲まれながら、猫の知識や暮らしを日々学んでいます。 学んだ情報はどんどんお伝えしていきます。楽しいネコライフをおくりましょう。

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら