猫の健康チェックをしましょう!

2016.01.15

猫の健康チェックをしましょう!

大切な猫ですから、普段から飼い猫の健康状態をわかっていたいものですね。 家庭でもできる健康チェックについてお話しします。 身体、行動から、猫の健康をチェックしていきましょう。

目を見てチェック!

ねこめ

猫の目を見てみましょう。充血して赤くなっていませんか。目ヤニが出ていませんか。結膜炎、角膜炎などの病気になっている可能性、または、キズなどで最近やウイルスに感染している可能性もあります。
左右の目の動きが違う時や、痛がってこすっている時も、なんらかの感染症や病気の可能性があります。
猫伝染性鼻気管炎や、猫カリシウイルスなどにかかっていると、命にかかわることもあります。これらはワクチンで予防できるので、年1回の予防接種を受けておくと安心でしょう。


耳の中まで覗いてチェック!

耳から悪臭がしたり、腫れていたりしませんか。また、かゆがって耳を掻いたり、しきりに気にしたりしていませんか。耳に傷があったり、寄生虫がいたり、炎症が起きていたりするかもしれません。
ダニや、猫同士の喧嘩などの傷からも、耳の病気になっていることがあります。
猫の耳は、奥まで掃除したり洗浄したりする必要はありませんが、目で見てチェックしてあげましょう。そして、臭いなどの異常が感じられればすぐに獣医さんに診察してもらいましょう。


口をそっと開けて中をチェック!

ねこくちあける

なかなか口の中を素直に見せてくれないかもしれませんが、無理強いしないようにしながら触って口を開けてみましょう。また、顔を近づけて臭いを嗅いでみることも大切です。口に触らせなかったり、あまりに嫌がったりするようだと、もしかして何か痛みや異常があるのかも知れません。
歯茎の色が赤い時も、炎症を起こしている可能性がありますのでよく見ましょう。健康な歯茎の色はピンク色です。赤い時は口内炎になっていることもあります。歯もチェックして、歯石、歯垢がついていないかも見てみましょう。
猫が口内炎になると、猫免疫不全ウイルス、猫白血病ウイルス、猫カリシウイルスなどに感染している場合がありえます。


鼻水がでていたり、くしゃみしていたりしないかチェック!

ねこはなみず

くしゃみをする事そのものは問題ない場合が多いですが、続けてくしゃみをしていたり、鼻水がでている場合は、呼吸器系に問題があったり、感染症にかかっていたりする場合があります。
くしゃみをする、目ヤニがでる、目が赤くなるといった、人間の風邪に似た症状が出ていると、呼吸器症候群にかかっているかもしれません。
口をあけてゼェゼェと辛そうに息をしていたり、息が荒かったりする場合は、鼻や喉だけでなく、気管や肺、胸腔などの病気にかかっている可能性もあります。暑い場合は、熱中症にかかっていることもありえます。


お腹や背中、皮膚などをなでながらチェック!

健康なねこ02

猫をなでている時に、猫の身体を、気をつけて見てみましょう。
お腹が異常にでていると思った時は、何かの疾患にかかっているかもしれません。便秘、肥満の可能性、雌であればもちろん妊娠の可能性もあります。
それだけでなく、心疾患、肝疾患、また尿結石にもなりやすいので、気をつけなければなりません。
またお腹を触ってみて、しこりなどがあれば、腫瘍が疑われます。乳房が腫れていれば、乳腺腫瘍も疑われます。
皮膚や肌の状態も、ブラッシングなどをしてチェックしましょう。頻繁に舐めたり掻いたりしていれば、ノミやダニの可能性もあります。また、傷や、湿疹なども考えられます。また、皮膚に紫色になっているところがあれば、皮下出血しているかもしれません。喧嘩や、打撲などでの怪我が考えられます。


猫の行動もチェック!

食事の時もチェックです。食欲がない、水を多量に飲む、または食欲がありすぎる、などの事がないかを観察しましょう。
また、吐いた時には、吐き出したものを観察しましょう。毛玉を吐いたり、食べ過ぎて吐いてしまったりしても、その後変化がなくいつも通りで食欲があれば、一過性のものだと判断してもよいでしょう。ただ、吐くことは、全ての病気の症状として現れることなので、続くようであれば診察が必要です。


トイレの時もチェックです。

下痢したり、便がゆるくなったりすることは健康な猫でもありえますが、継続して起こるようなら、獣医さんに診てもらう必要があります。便秘の場合も同様です。トイレ掃除の時に、尿の色や量もチェックできますね。
また、元気がなくじっとしている、ぐったりしている、など普段ではないような行動をしている場合も、体調が悪い可能性があります。

猫に異変があればすぐ気づけるように、普段からボディタッチでコミュニケーションを取り、餌やりやトイレの世話を通して、猫を観察しましょう。日頃からチェックすることが、猫の健康につながります。

健康なねこ01

– おすすめ記事 –

 アパートで猫を飼う時の注意点!


 猫と暮らしたい! これから猫を飼いたいという方のために、猫の飼い方


 【どんな猫?】話題のロシアンブルー。その飼い方としつけ方を大紹介!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ねこちん

ねこちん

ひろった猫たち、トータル5匹と暮らしています。猫の写真を撮り、猫のイラストを描くのが好きです。

関連するキーワード