猫のスリスリ、その意味は?

2016.01.15

猫のスリスリ、その意味は?

帰ってきた時、猫が足にスリスリしてきます。 嬉しくてナデナデすると、ふいっと離れて今度はゴミ箱にスリスリ。…同レベル?なんでやねん! 可愛い、しかし良く解らない猫のスリスリにはどんな意味があるのでしょう?

安心したい!という意味のスリスリ

名称未設定-4

猫の顎や頬、こめかみ、尻尾の付け根等には臭腺という器官があって、ここからフェイシャルフェロモンを分泌しています。
フェロモンとは虫や動物の体から自然に分泌される化学物質で、同じ種類の動物しか反応しません。猫のフェロモンは猫にしか解らないということですね。
フェイシャルフェロモンは猫同士のコミュニケーションにとても重要で、匂いを共有することで安心感を得るそうです。猫が色んな所にスリスリするのはフェロモンで匂いを付け回って心を落ち着かせているのです。飼い主さんが脱いだ服の上に猫が座っているのも同じ意味です。匂いがあることで安心するのですね。


独占欲のスリスリ

猫が家具に、柱にスリスリしている。時には床で背中をくねくねと擦り付けている。体が痒いの?と思っていたけれど実はこれは猫の独占欲を意味しています。猫は縄張り意識が強く、自分の匂いを付けてマーキングすることで所有権を示します。特に頬をスリスリすると環境中にフェイシャルフェロモンが拡散します。マーキングすることで「ここ俺の(私の)縄張りだもんね!」と主張しているのですね。
飼い主さんが帰宅した時やお風呂から上がってきた時、足に頭をドスンとぶつけ、念入りにスリスリする猫。これは自分の匂いが消えてしまった飼い主さんに、猫が改めて自分の匂いを付けているのです。「よし、こいつは俺の(私の)もの!」という意味のスリスリです。飼い主さんは柱になった気持ちで、猫の気がすむまで思い存分スリスリさせてあげましょう!
ちなみに猫の爪とぎは、爪を鋭く整える、ストレス発散などの目的の他にマーキングのためにも行います。爪で印を刻み、肉球から出るフェロモンで匂いを付けているのです。我が家のニャンズはやたら私の足で爪をとぐのですが(地味に痛い)、これは私を独占したいと思ってくれているからなのでしょうか…?それともストレス発散の柱と同等?


愛情のスリスリ

猫が尻尾を真上にピンッと立ててやってきて、飼い主さんの足に頭や頬をスリスリ。これは猫の愛情を意味しています。このスリスリは独占欲を意味する時よりも体全体で擦り付けてきます。頭もゴンゴン押し付けることなく、飼い主さんを見上げて「ニャー」と鳴いたりします。猫が尻尾を立てるのは親愛を意味しています。「おかえり!」「待ってたよ!」「大好きだよ!」と、飼い主さんとの関係を深めようとスリスリしているのですね!
多頭飼いなどで猫の仲が良いと、猫同士でもスリスリします。我が家のりんちゃんは大好きなそらさんに強烈な頭突きをします。そらさん、痛くないのかなぁ…。


要求のスリスリ

愛情のスリスリとよく似ているのが要求のスリスリ。意味するのは「お腹すいた!」「遊んでよ!」というおねだり。甘えてくるように体を擦り付けてきますが、遊び足りない場合は興奮して飛びかかって、蹴りが入ってくることも。人間の足が動いている様子はまるで獲物のようで、猫にとっては狩猟本能が疼き思わずジャレついてしまうのでしょう。
たくさん遊んで猫のストレス発散、スキンシップに努めましょう!


まとめ

猫はマイペースであまり自分の感情を表さないように感じますが、実は全身で意思表示しています。スリスリをはじめ、ザリザリ舐めたり、尻尾の振り方やヒゲの向きにも一つ一つ意味があります。
私はまだ猫飼い歴が浅いため、可愛いなぁ、とやたら触ってばかりになってしまいます。猫の表情や仕草をじっくり観察し、猫が何をして欲しいのか、して欲しくないのかを感じ取れるようになって、もっと猫と仲良くなりたいなぁ、と思う今日この頃です。
最後まで読んでくださってありがとうございました!


– おすすめ記事 –

 ストレスのせい?猫の異常行動


 明日はなせる「猫雑学」パート⑤


 【珍動画】お風呂嫌いVSお風呂好き


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
そらにゃん

そらにゃん

猫が大好きなおばさんです。猫、いいですね! 我が家には「そら♂」「すず♀」「りん♀」のニャンズがいます。 ずっと犬を飼っていて猫暦はまだ二年そこそこと短いのですが、長年の願いだった猫との暮らしに今もウハウハ状態です。ニャンズのおかげで仕事や家事や寄る年波の疲れも吹っ飛びます。 病気がちな「そら」のおかげで獣医さんと懇意になり、通院の度に先生から様々な猫情報を教えていただいてます。 いかにニャンズを満足させられるか、猫じゃらしの振り方を日々研究中。 得意技は猫に錠剤を飲ませること。←ただし「そら」限定!?

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら