野良猫を拾ったらどうしたらいいの?引き取る場合の育て方とは

2016.02.05

野良猫を拾ったらどうしたらいいの?引き取る場合の育て方とは

野良の猫を拾ったり保護したりして、飼うことを決めたら、どんな事に気をつけて、何をしたら良いのかについてお話しします。

nora02

野良猫を拾ったり保護したりした「直後」は、まず家に連れて行ってあげて、様子を見るのが良いでしょう。
怪我をしていないかどうか、目ヤニが出ていないか、鼻水が出たり、くしゃみをしたりしていないか、などを確認しましょう。もちろん、緊急性がある場合は、すぐに獣医さんに連れて行かなければなりません。野良猫はノミやダニがいる可能性も高いので、そのような意味でも、もし家に先住猫や他のペットがいる場合は、すぐに接触させない方が良いでしょう。

猫が汚れている場合には、ぬるま湯で汚れ部分を洗う、蒸らしたタオルで拭くなどして、綺麗にしてあげてください。体についているひどい汚れを取り除くだけでも良いでしょう。保護された猫は、幼い場合はもちろん、体力がなかったり、まだ人にあまり慣れていなかったりする場合が多いので、猫が突然嫌なことをされたと思わないためにも、いきなりお風呂に入れないほうが良いでしょう。

猫が落ち着いてから、早めに獣医さんに連れて行ったほうが良いでしょう。動物病院では、野良猫だったことを伝えて、健康診断をしてもらってください。見ただけでは確認できていない病気や怪我などがないか、診察してもらいましょう。


猫がまだ子猫の場合

子猫のうちの育て方で、猫の性格や行動が決まってしまうと言われています。野良猫でまだ人に慣れていない場合は、根気よく世話をして、徐々に慣れるようにしていきましょう。

ダンボールや猫ベッドにタオルや毛布を入れて、猫が落ち着ける場所を作ってあげましょう。特に子猫の場合は、体温の確保が大切ですので、タオルでくるんだ湯たんぽやカイロを入れて、暖かくしてあげると良いでしょう。人肌のお湯をいれたペットボトルにタオルを巻いたものでも大丈夫です。30度程度が子猫に最適と言われていますので、暑くなりすぎず、寒すぎずの環境を作ってあげてください。

まだ授乳が必要な子猫の場合は、ミルクを哺乳瓶で与えて育てる必要があります。その時には人間用ではなく、必ず猫用の粉ミルクなどを上げてください。猫が幼い場合は、人用の牛乳で下痢を起こし、体力を消耗すると命にかかわる場合があります。
生後何日かにもよりますが、子猫は1日に4〜8回の授乳が必要になります。猫ミルクの箱に記載されているものを参考に、体重や月齢に応じた量と回数で適切に与えてください。

honyubin

猫が生後1ヶ月ほどになると離乳食を食べられるようになります。猫用のフードを食べるようになれば、体もしっかりしてきますので、猫じゃらしなどのおもちゃで遊んだり、撫でたりして、コミュニケーションをとりましょう。必要なワクチン摂取や、動物病院での健康診断は、定期的に受けましょう。

外に出ていた猫ですから、外に出たがるかもしれません。猫は完全室内飼いをおすすめしますが、飼い主さんの判断によりますので、よく考えてどのように育てるかを決めましょう。
外に出さないと決めた場合は、脱走に気をつけて育てましょう。外に出なくても幸せに生きられるように、おもちゃで遊んであげて、ストレスのないようにしましょう。キャットタワーを置いたり、高いところに登れるようにしてあげたりするなど、高低差のある運動ができるようにしてあげてください。外に出すことを選択した場合は、首輪をつけて、予防接種は必ず受けさせましょう。


nora04

野良猫がある程度大きくなっている場合は、まず人に慣れる事が大切です。
慣れていない場合、家から逃げ出してまた野良猫になってしまう可能性もありますので、慣れるまでは脱走しないように気を使いましょう。人に慣れない間に家に放すと、家具の隙間など隠れて出てこなくなったり、逃げ回ったりして、なかなか人に慣れないということになるかもしれません。猫のいる部屋を決める、猫用のケージを用意するなどして、そこで人に慣らしていきましょう。

人にあまり慣れていなくて、警戒したり、攻撃的な態度をとっている場合は、無理やり触ったりしないで、声をかけて世話をしていきましょう。餌をあげるときに声をかけたり、手から餌をあげてみたりするなど、少しずつ人に慣れるようにしていきましょう。

その時には、人を怖がった状態でまた逃げ出して野良に戻ったりしないように、気をつけましょう。ご飯をくれる人、怖いことをしない人、などの経験を通して猫が慣れていくと考えられますので、触ることがなかなかできなくても、普段からよく声かけをしてあげるとよいでしょう。

keikaisuruneko

野良猫から飼い猫になっても、人に慣れてきて猫用フードを食べるようになれば、最初からの飼い猫の育て方と同じで大丈夫です。責任を持って、幸せな生活をさせていってあげましょう。

nora01

– おすすめ記事 –

 猫の爪、ケアはどうしたらよいのでしょう?


 猫の健康チェックをしましょう!


 ねこたちの困っちゃう(笑)シーンをたくさん集めた写真集


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ねこちん

ねこちん

ひろった猫たち、トータル5匹と暮らしています。猫の写真を撮り、猫のイラストを描くのが好きです。

関連するキーワード