猫が好きな場所とはどんなところか知っていますか?

2016.02.15

猫が好きな場所とはどんなところか知っていますか?

普段自由気ままに暮らしている猫にも、好きな場所がちゃんとあります。 それはどんなところか、見ていきましょう。

猫が好きなのは、狭い場所!

空き箱の中、家具やクッションなどの隙間、袋の中、など、狭いところが好きです。
いないと思って探してみると、思いもつかない狭い場所に入り込んでいた、ということがあることでしょう。
ではなぜ、猫は狭い場所が好きなのでしょうか?

– 餌を捕る時に獲物が狭い場所にいた –

これは、猫の祖先と言われるリビアヤマネコの習性が残っているからだと言われています。
猫の祖先が餌にしていたネズミなどの小動物が、岩場の隙間や穴など狭い場所に隠れていたために、「狭い場所には獲物がいるのでは」という本能が働いて、入りたがるのではないかと考えられます。しとめた獲物を食べるときにも、邪魔されずに安心して隠れて食べられる、狭いところを好んだのではないでしょうか。
隠れていた猫が、人が通った時に足などに飛びかかってきたことはありませんか。このように、狭い場所に隠れて、獲物を待ち伏せして仕留めていたものと考えられます。その習性が残っているので、狭い場所に入り込んで、じっとしているのも好きなのでしょう。

senmaibasyoemono (4)

– 身を守れる –

また、自分が狭い場所にいれば、敵から隠れたり身を守ったりして安心できる、ということもあるようです。広い部屋に猫を入れると、最初は警戒して、部屋の壁がわや何かの陰に隠れようとしますね。狭い場所は、暗くて的に見つかりにくく、安心できて、猫が眠るのにも適しているという事です。狭い場所に入った猫は、頭を入り口側に向けていることが多いようです。これは、すぐに逃げ出せるように、外の様子が見えるようにしているためです。

– 狭いと落ち着く、暖かい –

野良猫も、暗くて静かで狭い、安心できるような場所を好んで居場所にしていますね。縁の下、木の洞、茂みの中、下水溝、廃墟などの隙間、などです。また、狭い場所は寒さが苦手な猫にとって、比較的暖かく過ごせる場所といえるでしょう。狭いところに身をひそめていれば、身体の熱も奪われにくくなります。
また、身体のどこかが何かに触れていると落ち着く、という説があります。身体に触れる、という意味で、柔らかく包まれるような場所も好きなようです。布団や毛布、クッションなどにすぽっと包まれている猫、よく見たことがあるのではないでしょうか。

このようなわけで、猫が狭い場所を好むのは本能的なものなのですね。


もうひとつ、猫が好きな場所があります。

猫が好きなのは、高い場所!

猫がよく寝ている場所といえば、タンスの上、テレビ台の上、キャットタワーの上、など、高いところではありませんか。
こちらも、猫が野生だったころの習性が影響しています。

takaitokoro (2)

– 外敵から身を守るため –

地上の外敵から身を守るため、逃げるため、外敵をいち早く発見するため、木の上など高いところに登っていたのです。猫はバランス感覚がすぐれているため、高いところでも眠ることが出来ます。

– 獲物を捕るため –

また、獲物に関しても、ネズミなどの小動物は木に登りますし、小鳥も木にとまりますので、必然的に木に登るようになったとも言われています。また、捕った獲物を安心して食べる時にも、外敵が来られないようなところで食べたとも考えられます。

他にも、地面にいるとノミやダニの被害にあうから、という理由や、雨などで足元が濡れるのを嫌うから、という理由があるようです。
さらに、猫同士では、高いところにいる方が優位を保てると言われており、これも本能的に高いところを好んで選ぶのかもしれません。高いところから、飼い主さんを見下ろしていること、ありませんか?

野生の時は猫が自分で好きな場所を探していましたが、飼い猫には、飼い主がその場所を用意してあげることが必要です。


狭い場所をつくる時の注意点

semai01 (4)

猫が挟まったり、出られなくなったりしないように、気を付けましょう。袋なども猫の好きな場所になりますが、窒息の可能性があるような伸縮するものや、極端に小さいものは、猫には触らせないようにしましょう。

高い場所をつくる時の注意点

takai01 (4)

タンスの上など、猫が登っても大丈夫なように、置物や小物などはかたづけましょう。猫が登って降りてこられない事のないように、階段状に高さの変化のあるような家具の配置を考えてあげると良いでしょう。キャットタワーを置く場合も、安定した場所に置き、周りにも危ないものや倒れそうなものを置かないようにしましょう。

猫の好きな場所を用意してあげることは、ストレスをなくし、健康に暮らしていくためにとても大切です。以上のことを踏まえ、猫が好きな場所を家に作ってあげて、快適な生活をさせてあげましょう。


– おすすめ記事 –

 野良猫を拾った時の育て方は、どのようにしたら良いでしょうか?


 猫の健康チェックをしましょう!


 猫!ねこ!ネコ!(ΦωΦ)!!猫が大好きな人に捧げる猫あるある!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ねこちん

ねこちん

ひろった猫たち、トータル5匹と暮らしています。猫の写真を撮り、猫のイラストを描くのが好きです。

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら