「ロシア」の記事一覧

  • サイベリアンの特徴、性格、飼い方、価格帯は?

    サイベリアンの特徴、性格、飼い方、価格帯は?

    猫のなかでは少し大きいサイベリアン。モフモフの被毛がカワイイと、愛好家たちも多い猫種です。日本では珍しい猫でもありますが、とても可愛い姿を見ると飼いたくなるかもしれません。そんなサイベリアンについて、特徴から性格、飼い方や価格帯まで総合的な観点から、魅力についてせまっていきたいと思います。

    続きを読む

    中岡 早苗

    2020.01.28

  • まるで子猫ちゃん!?ロシアの夫妻が獰猛なはずの肉食獣ピューマと暮らすとあるワケとは?

    まるで子猫ちゃん!?ロシアの夫妻が獰猛なはずの肉食獣ピューマと暮らすとあるワケとは?

    猫好きなら誰もが一度は憧れる、大型のネコ科動物との暮らし。安全上の問題など様々な理由から、その暮らしを実現するのはなかなか難しいのですが、ロシアに暮らすドミトリエフ夫妻がインスタグラムに投稿する、ある肉食獣との生活の様子が話題になっています。ロシアの動物園から、夫妻の元に引き取られたという一匹のピューマ。それには、ある感動的な理由があったのでした。

    続きを読む

    PetSmileにゃん部

    2018.07.03

  • クリリアンボブテイルの性格・特徴・購入ルートは?

    クリリアンボブテイルの性格・特徴・購入ルートは?

    日本では「クリリアンボブテイル」と聞いてもあまりピンとこない人が多いかもしれません。「ボブテイル」と猫種名に入っていることから分かるように、尻尾に特徴があります。見た目も美しく、その特徴や性格、発生のルーツなどを知るとかなり魅力的な猫ということを知ってもらえるかと思います。本記事では、クリリアンボブテイルの魅力ポイントについて、徹底的にせまってみたいと思います。

    続きを読む

    中岡 早苗

    2018.04.02

  • 世界では猫好きな国と猫嫌いな国がある?

    世界では猫好きな国と猫嫌いな国がある?

    日本では、「猫ブーム」で猫を見かける機会がかなり増えてきています。猫にとっては暮らしやすい猫好きな国と言えるでしょう。でも、世界のなかには「猫が嫌いな国」もあります。愛猫家にとっては「あんなに可愛い猫をどうして嫌うの?」と思うかもしれませんね。今回は「猫が好き」「猫が嫌い」という、猫に対するお国事情を記事にまとめてみました。

    続きを読む

    中岡 早苗

    2018.01.29

  • サイベリアンの性格、特徴、価格は?ロシアの国宝級の猫ってほんと?

    サイベリアンの性格、特徴、価格は?ロシアの国宝級の猫ってほんと?

    サイベリアンは毛並みが長く寒さにも強く、凛々しくも可愛らしい姿をしている猫です。サイベリアンには「サイベリアンフォレストキャット」という長い名前があり、他にもロシアのシベリア生まれということもあり「シベリア猫」とも言われているそうです。そんなサイベリアンとはどんな性格なのか、飼う時の選び方や価格はどうなのか一緒に見ていきましょう。

    続きを読む

    PetSmileにゃん部

    2017.01.21

  • 最新動画も公開!プーチン大統領から贈られたシベリア猫「ミール君」の動画まとめ

    最新動画も公開!プーチン大統領から贈られたシベリア猫「ミール君」の動画まとめ

    ロシア・プーチン大統領に贈られた秋田犬のゆめちゃんが最近話題ですが、2013年プーチン大統領から秋田県知事に贈られた猫のミール君を覚えていらっしゃるでしょうか。今回は、今年公開されたサイベリアンのミール君の最新癒し動画をご紹介します!

    続きを読む

    SchrodingersCatWachan

    2017.01.16

  • 【猫種】あなたはいくつ知ってる?アジアが原産国の猫の種類

    【猫種】あなたはいくつ知ってる?アジアが原産国の猫の種類

    アジアが原産の猫には、どんな種類があるのでしょう?日本の猫だけでなく、色々な種類の猫がアジア原産です。

    続きを読む

    ねこちん

    2016.10.26

  • 【海外】世界三大美術館「エルミタージュ美術館」に60匹以上の猫が雇われてる?!

    【海外】世界三大美術館「エルミタージュ美術館」に60匹以上の猫が雇われてる?!

    ロシアの古都サンクトペテルブルグにある定番観光スポットといえば「エルミタージュ美術館」です。ロマノフ朝の財宝とソ連誕生後に国有化されたコレクション豊富な世界最大規模の美術館です。収蔵品は300万点を超えると言われており、そのコレクションは量・質、全体の建物の巨大さ、建物の豪華な装飾、すべてにおいて圧巻です。そんな桁外れに大規模な美術館に60匹以上の猫が住み込みで働いているそうです。

    続きを読む

    ひるねこ

    2016.09.24


記事に関するお問い合わせはこちら