「尿路結石」の記事一覧

  • 猫にかつおぶしの与えすぎはNG?大好きなかつおぶしを安全に与える方法!

    猫にかつおぶしの与えすぎはNG?大好きなかつおぶしを安全に与える方法!

    猫と言えば、かつおぶしが好きだと考えられていますよね。ことわざにも「猫にかつおぶし」とあるように、かつおぶしは猫の大好物とされています。猫はなぜかつおぶしが好きなのでしょうか?そして、猫にかつおぶしをあげても問題ないのでしょうか?もし猫にかつおぶしを与えていたら、ちょっと考えてみましょう。 今回は、実際にかつおぶしを猫に与えたほうが良いのか、どんな効果があるのか、そして与える場合与え方や、注意点についてご紹介します。

    続きを読む

    ねこちん

    2018.05.10

  • 猫が「うーっ」と唸るのはなぜ?威嚇?恐怖?病気の可能性も…

    猫が「うーっ」と唸るのはなぜ?威嚇?恐怖?病気の可能性も…

    我が家は多頭飼いなので、毎日のように猫たちがじゃれ合い、その延長で喧嘩モードに突入します。時には「うーっ」と唸る威嚇行為から喧嘩に発展することも。もちろん、野良猫同士の喧嘩のような本気の喧嘩ではないので怪我をすることはありませんが、その場面に出くわすと飼い主である私もタジタジしてしまう迫力です。猫は様々な声音で鳴いて自分の感情を表現します。猫が大声で鳴く時、どんな気持ちでいるのでしょうか?病気の可能性についてもご紹介します。

    続きを読む

    そらにゃん

    2017.12.17

  • 【獣医師監修】冬に多い病気の尿路結石に要注意!症状・原因・治療や予防法について

    【獣医師監修】冬に多い病気の尿路結石に要注意!症状・原因・治療や予防法について

    猫の先祖は砂漠出身のため、普段からあまり水を飲みません。水を飲まないために水分不足で尿路結石ができやすい体になります。尿路結石は治療をして完治しても再発しやすい病気のひとつで、特に冬には尿路結石になりやすい傾向にあります。尿路結石の症状や原因、飼い主さんができる予防法はあるのでしょうか。

    続きを読む

    munoco

    2017.10.22

  • 【尿路結石】冬は猫のおしっこの病気に要注意!気をつけたい症状や水分補給対策は?

    【尿路結石】冬は猫のおしっこの病気に要注意!気をつけたい症状や水分補給対策は?

    おしっこの病気の中で、尿路結石・尿管結石は人間の病気としても聞きなじみがあると思います。お腹の痛みでのたうち回る、おしっこと一緒に石が出る、血尿が出るなど、痛々しいイメージがつきものです。人でもかなりの激痛がある病気ですが、実は猫ちゃんも人と同じように尿路結石になる事があります。猫の病気の中でも比較的かかりやすいとされ、特に冬場に多く見られます。秋~冬の寒い時期にかけての猫の尿路結石 の対策についてご紹介します。

    続きを読む

    PetSmileにゃん部

    2017.10.11

  • 猫の宿命?〜泌尿器系の病気〜

    猫の宿命?〜泌尿器系の病気〜

    こんにちは、そらにゃんです。 猫の泌尿器系の病気には水腎症や尿道結石、膀胱炎など多くありますが、なんと2頭に1頭が泌尿器系の疾患にかかったことがあるという統計があります。 そして泌尿器系の病気は猫の加齢とともに増加していきます。 泌尿器系の中でも多いのが「猫下部尿路疾患」と「慢性腎不全」。 どんな病気なのでしょうか?

    続きを読む

    そらにゃん

    2016.05.18

  • 猫の大敵! 泌尿器系の病気について

    猫の大敵! 泌尿器系の病気について

    「泌尿器」とは、体液(血液)中の老廃物などを尿にして体外に排出する働きをする器官(腎臓・尿管・膀胱・尿道)の総称。猫は、砂漠暮らしの祖先から体の仕組みを受け継いできたために、泌尿器系の病気にかかることが非常に多いといわれています。加齢に伴う機能の衰えが原因である場合も多いのですが、若いうちからかかりやすい病気もあります。泌尿器系の病気を予防するために、しっかりケアすることが必要です。

    続きを読む

    North Cat

    2016.05.13

  • 見逃すな!!愛猫の老化と病気のサイン

    見逃すな!!愛猫の老化と病気のサイン

    猫の寿命というのは、10~20年程度、老化は5歳くらいから始まるらしいです。 ウチの愛猫は現在、15歳です。確かに5歳くらいか尿路結石や膀胱炎など病気が多くなってきた気がします。 はたして、ほかに猫の老化ってどんな症状があるのでしょうか?

    続きを読む

    ネルノスケ

    2016.03.20

  • わが家の猫たちの闘病記

    わが家の猫たちの闘病記

    何が起こるかわからない猫との暮らし。 猫は自分から「具合が悪い」とは言ってくれません。ただ「言葉が通じないから」というだけではなく、「猫には自分が弱っていることを隠したがる習性がある」という説もあります。自然界で生き残っていくために我慢強くなってしまったらしいです。 ですが、愛する猫を守れるのは飼い主だけ。 言葉を交わせない代わりに、しっかりと見守ってあげることが大切です。 …などと偉そうなことを書きましたが、実はわが家の猫たちにはいろいろな病気をさせてきてしまいました。忙しくてきちんと見てあげていなかったり、丈夫な猫だからと油断していたり…。 反省も含めてわが家の体験談をお伝えします。

    続きを読む

    North Cat

    2016.01.08