「歌川国芳」の記事一覧

  • 浮世絵に隠された猫ブーム!?

    浮世絵に隠された猫ブーム!?

    江戸時代には猫に関する浮世絵が多く見られます。美術館などでもよく目にしますよね。現代画や写真よりも遥か前から、猫は日本のアートである浮世絵に存在していました。 浮世絵師の歌川国芳は無類の猫好きとしても知られていて、何匹もの猫を飼い、常に共に猫をそばに置いて作画していたと伝えられています。猫の仏壇を設けたり、過去帳なども作っていたようです。猫を擬人化した作品も多くあるようで、深く知れば知るほど興味が湧いてきます。昔の人が見た猫、現代の人が見る猫の違いもわかって面白いですよね。奥の深い浮世絵の世界。近くで展覧会などがあれば、ぜひ行ってみてください。その繊細な猫たちの表情にきっと、惹き込まれますよ。

    続きを読む

    かなづき

    2016.08.02

  • 【レポ】あっちもこっちも猫だらけ!大の猫好き歌川国芳の展覧会を観に行ってきた

    【レポ】あっちもこっちも猫だらけ!大の猫好き歌川国芳の展覧会を観に行ってきた

    こんにちは、そらにゃんです 先日、神戸市立博物館で開催されている展覧会「俺たちの国芳 わたしたちの国貞」に行ってまいりました。 「猫と関係ないやん」とお思いでしょ? いえいえ、歌川一門のツートップのひとりである国芳は大の猫好きで有名。猫を題材に扱った作品も数多く手がけているのです。今回は展覧会の様子を、国芳の描いた猫を中心にしてお伝えいたします。

    続きを読む

    そらにゃん

    2016.07.21


記事に関するお問い合わせはこちら