「猫クラミジア感染症」の記事一覧

  • 【獣医師監修】猫クラミジアの症状・原因・治療法は?使用する薬や検査方法は?

    【獣医師監修】猫クラミジアの症状・原因・治療法は?使用する薬や検査方法は?

    「猫クラミジア」という病気があります。初期の症状は目ヤニや結膜炎、鼻水、咳、くしゃみなどで、大した病気ではないように思えますが、体力や免疫力が低い子猫が猫クラミジアに感染すると、命に関わる怖い病気です。また、感染力が強い病気で、多頭飼いをしている場合は注意が必要になります。 今回は、猫クラミジアの原因や症状、検査方法、治療法、また人にうつることはあるのかについてご紹介します。

    続きを読む

    munoco

    2019.01.19

  • 【獣医師監修】猫にも予防接種は必要?ワクチンで予防できる病気と費用について

    【獣医師監修】猫にも予防接種は必要?ワクチンで予防できる病気と費用について

    子猫から猫を飼うと、予防接種を勧められることが多いと思います。それは、子猫の免疫力が低くなる時期に感染症などの病気になりやすいからです。しかし、大人になった猫にも感染症のリスクはもちろんあります。外を散歩する猫や喧嘩しやすい猫は、感染率も高くなります。 この記事では、猫への予防接種の必要性、ワクチンの種類と費用、予防接種で防げる病気の症状、予防接種による副作用などの注意点をご紹介していきます。

    続きを読む

    yurie

    2018.05.14

  • 子猫がかかりやすい病気。カワイイ子猫を守るための予防法は?

    子猫がかかりやすい病気。カワイイ子猫を守るための予防法は?

    小さくて可愛らしい子猫。生まれてからの期間が短いほど、体が小さく大人の猫とは異なる点が多いです。 体が小さいがゆえ、病気にかかりやすく治りにくいため、飼い主としてはとても心配なものです。 そこで、子猫を迎えるにあたって子猫がかかりやすい病気について知ることが大切です。病気についての知識があれば、 病気のサインを見逃さずに適切な対処ができます。未然に予防するために、子猫がかかりやすい病気についての知識を持ち、愛猫の健康を守ってあげましょう。

    続きを読む

    中岡 早苗

    2016.11.02


記事に関するお問い合わせはこちら