ワンちゃんのお仕事

2014.07.25

ワンちゃんのお仕事

癒しを与えてくれるワンちゃん。 その歴史は癒しだけではなく、様々な仕事をするために改良されてきたと言われています。 働き者のワンちゃんたちは、どんなお仕事をしているんでしょうか。

働き者のワンちゃん

ワンちゃんはとても働き者。
癒しを与える愛玩犬から身を守る番犬まで、様々な職業についていますね。
今回はその職業の内、一部を紹介します。

嗅覚を生かしたお仕事

最も多いのが嗅覚を生かしたお仕事。
その鋭さは人間の百万倍~1億倍!
嗅覚を生かして働いているワンちゃんを紹介します。

・麻薬探知犬

 麻薬類のわずかなニオイを嗅ぎ分けて見つけ出すよう訓練したワンちゃんです。
 全国の税関で入国旅客の携帯品や外国郵便物等の輸入検査等に活用されていています。
 麻薬を見つけると吠えたり引っかいたりして知らせるアクティブドッグと、その場でお座りして知らせるパッシブドッグがいます。

・警察犬

362638dc0bc32500358004d46a0772f0_s

19世紀末にドイツのヒルデスハイム市警で使用されたのが始まりとされていて、日本では1912年に警視庁がコリー犬を警察犬として採用したのが始まりです。
代表的なお仕事は
「足跡追求活動」⇒犯人のニオイから犯人を追及・追跡します。
「臭気選別活動」⇒犯罪現場の遺留品と容疑者のニオイを照合して犯人を特定します。
「捜索活動」⇒迷子、行方不明者、遭難者などをニオイから発見します。

警視庁と各県警管轄の下訓練管理されているワンちゃんを「直轄犬(ちょっかつけん)」、各県警で毎年実施している嘱託犬採用試験に合格したワンちゃんを「嘱託犬(しょくたくけん)」と呼びます。嘱託犬にはなんとチワワもいるんですよ。
公益社団法人 日本警察犬協会

・災害救助犬

15419589721_0ae8b17518_z

災害に遭遇して苦境にある人を助けるよう訓練されたワンちゃんです。
災害救助犬になるは「JKC(ジャパンケンネルクラブ)公認災害救助犬育成訓練所」 で訓練を受けた後、試験を受けて合格する必要があります。
また、犬種は限定されてなく、どんなワンちゃんでもなる事ができます。
救助犬の種類は以下のとおり。
「地震救助犬」⇒地震などによる家屋崩壊現場で被災者を捜索します。
「山岳救助犬」⇒山での遭難者や行方不明者を捜索します。
「水難救助犬」⇒海や湖で遭難者救助にあたります。
NPO法人災害救助犬ネットワーク
認定NPO法人日本レスキュー協会

・その他の嗅覚を生かしたお仕事

▼DVD探知犬⇒違法コピーで複製された海賊版DVDを探知します。
▼シロアリ探知犬⇒シロアリの放つ特定のニオイを嗅ぎ取り探知します。
▼トリュフ探知犬⇒地中に埋まっているトリュフを探知します。
 

頭脳を生かしたお仕事

 
ワンちゃんはとても頭が良く、個体によっては人間の3歳児以上の能力を持つ子もいます。
その頭脳を生かしてお仕事をしているワンちゃんを紹介します。

・盲導犬

shikaku_moudouken_man

目の不自由な方々が自由に外出できるよう補助するお仕事です。
具体的には「道路の端を歩く」「段差で立ち止まる」「障害物を回避する」「目標物に誘導する」などです。
お仕事中は白か黄色のハーネスをしています。この時に撫でたり声をかけたりして集中力を乱す行為は避けましょう。
公益財団法人 日本盲導犬協会

・聴導犬

聴覚の不自由な方々の生活が円滑に運ぶようサポートするお仕事です。
具体的な仕事内容は生活音をペットオーナー様に知らせる事になります。
屋内においてはドアチャイム、電話、目覚まし時計、火災報知機など。
屋外では後ろから来る自転車のベルや自動車のクラクションを聞き分けます。
お仕事中はオレンジ色のチョッキを着てオレンジ色のリードをつけています。この時に盲導犬と同じように集中力を乱す行為をするのは避けましょう。
社会福祉法人 日本聴導犬協会

その他のお仕事

ワンちゃんのもつ習性を生かしたり、特性を生かしたお仕事を紹介します。

・牧畜犬(牧羊犬)


Miao Miaoさん(@miaomiao513)が投稿した動画


 牧場において家畜が散らばらないように監視したり、外敵から家畜を守るお仕事です。
 機械化の進んでいなかった時代においては、牧舎と放牧地までの家畜の移動は牧畜犬によって行われていました。
 また、家畜が放牧中に熊やオオカミに襲われたりする事が頻繁にあったため、こうした外敵から家畜を守るのも牧畜犬の重要な仕事でした。
 これは自分のテリトリーや仲間を守る習性を生かしたお仕事で、現在でも牧場において牧畜犬として働いているワンちゃんはいます。

・セラピー犬

 病院や老人介護施設などを訪問し、入院している人の心に安らぎを与えるお仕事です。
 海外ではAAT(動物介在療法)として50年近い歴史がありますが、日本での認知度はまだ低いのが現状です。
 ワンちゃんと触れ合うことで血圧が下がったり、リラックスした時に出るアルファ波が出たりすると言われています。また、認知症に対する悪化予防効果や自閉症の治療効果なども、科学的に検証されています。
 犬種に制限はありませんが、セラピードッグになるにはいくつかの試験をクリアする必要があります。

今回紹介した以外にもワンちゃんのお仕事はいっぱいあります。
興味をもたれた方は、ぜひ調べてみてください。

ワンちゃんとパソコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PetSmile編集部

PetSmile編集部

PetSmileスタッフがおすすめるペットのための役立つ情報をお届けします!

関連するキーワード