犬が床を掘る意味とは?何でも掘る理由と困ったときの対処法はこれ!

2016.03.27

犬が床を掘る意味とは?何でも掘る理由と困ったときの対処法はこれ!

一心不乱に床を掘る犬。何も変わらぬ床に満足そうに丸くなる。…ときどき見かけるこの一連の動作、ちょっとマヌケで癒されます。でも、あまりにも激しく掘り続けると、そんなのん気なことばかり言っていられません。床も犬の足もボロボロになることさえあります。一見無意味だけど、犬に言わせるとちゃんと意味がある床掘り。その意味が分かれば、対処法も分かるかも。今回は、犬が床を掘る意味について考えてみたいと思います。

focebookシャアツイート

犬が床を掘る意味は?

b8607bffecc65583ae73f01756181399_s

ここでは、犬が床を掘る意味を「穴を掘る習性」と「それ以外」の2つに分けて見ていきたいと思います。
床を掘るのは、そこに床があるから!
犬が話せたら「本当は床じゃなくて地面を掘りたいんだよ!」と言うんじゃないかと思います。犬は床を掘って傷をつけたいわけじゃなくて、本当は土を掘って穴を作りたいんです。そういう習性を持っています。
穴を掘る習性以外に、退屈やストレスが原因で、床を掘る場合もあります。
犬が床を掘るのと似た行動として、猫の爪とぎがありますが、見た目は似ていても意味が異なります。猫が爪をとぐのは、大切な爪のお手入れの意味合いが強く、今でも実益があります。犬の場合は、爪の手入れではなく、居場所を整えるのが主な目的です。


犬は土を掘る習性がある

– 巣穴を作る  –

犬のご先祖さまは、地面に穴を掘り、狭い穴蔵を巣にしていました。穴をうまく掘れないと、快適な居住空間が確保できないという、厳しい野生の生活をしていたんです。だから生きるために必須の「掘る」行為が、本能としてがっちり組み込まれ、今なお残っているんです。飼い犬になった今では、穴を掘って巣を作る必要はありませんが、無駄な行為になったからといって、急に習性は変わりません。飼い主さんはこんな習性があるということを理解しておきましょう。寝る前や休憩の前に床を掘るのは、この習性の現れです。

– 巣穴を作る  –

暑さをしのぐ
真夏は、地面も熱くなりますが、掘っていくと太陽の熱を吸収していない土が露出します。そこまで土を掘ると、涼しく過ごせるんです。だから犬は、巣とは別に日陰に穴を掘る習性があります。時間と共に日陰が動くので、気の利いた犬は、穴をたくさん掘ることになります。

– エサを保管する  –

リスがドングリを隠すのと同じで、犬も余ったエサを大切にしまっておく習性があります。地面に穴を掘り、そこに埋めておくんです。そして、ここにエサを隠したはず!と覚えていたら、一生懸命掘り返そうとするでしょう。以前飼っていたペキニーズは、私のスリッパを寝床に運ぶ癖がありました。スリッパをエサと同じくらい大切に思って隠してくれたのかも!?と思うとありがたいことですが、大切なものを隠す習性も、今ではいたずらをして楽しんでいるだけかもしれないですね。

– 出産場所を作る  –

出産間近のメス犬は、いつも以上に穴を大きく深く掘ります。赤ちゃんを安全に産み、育てる場所を作るための習性です。動物にとって子孫を残すことは最重要課題ですから、この習性は室内犬でも根強く残っています。外で飼われている犬は、なおさらです。赤ちゃんを産む場所を作るため、必死で掘ります。ところが飼い主は、こんな所に穴を掘っちゃダメ!などと言いながら、丁寧に穴を埋めます。わんちゃんは、せっかく準備した出産場所を破壊されて、がっかりです。本当は体力を温存しておきたいところなのに、また最初から掘り直しです。


習性は直すものではない!

f260d43a68063b1d16bfcdae7e9ad184_s

代々受け継がれてきた伝統ある習性ですから、人が100回教えたくらいで、変わるものではありません。運よく変えられたとしても、犬にも人にも大きなストレスがかかり、別の問題行動を引き起こすかもしれません。
犬の床掘りを何とかしたいとき、掘ること自体をやめさせようとすると無理があります。それより、掘る必要がない環境を与え、存分に掘れる場所を用意してあげる方が得策です。部屋を適温に保ち、巣穴のような居場所を与え、掘る感覚を味わえるものを渡しておけば、床掘りをする回数は減らせます。たとえば、ドーム型のハウスに、毛布を入れてあげると良いです。ハウスは犬が全身隠れるようなタイプが理想。毛布の代わりに、いらなくなったトレーナーやTシャツでも気に入って掘ってくれます。タオルのように爪が引っかかる素材や、中綿が出る可能性があるクッションは、避けた方が安全です。


他にやることがないから、床を掘る

– 床掘りを遊びとして楽しんでいる –

ジャンプしたり走り回ったりするのと同じで、運動や遊びの一環として床を掘ることがあります。

– 飼い主の気をひいている –

床を掘れば飼い主がかまってくれる、と思っている犬は、遊んでほしいときや暇なときに、穴を掘るマネをすることがあります。

– ストレスがたまっている –

ストレスがたまると、犬はいろいろなサインを送ってくれますが、その一つが床掘りです。あまりにも長く、力強く掘り続けるときは、ストレスを解消しているのかもしれません。


習性によるもの以外は、やめさせるしつけも必要

d8c9057d92137c2911876a8e08a265d4_s

床が掘りたいわけではなく、別の目的のために床を掘る。知能の高い犬だから、そんな高度なこともやっちゃいます。この手の床掘りは、他の動作でも代用できるので、うまくしつけをすれば、やめさせられます。
しつけと同時に、遊びや散歩の時間を増やすなど、犬の退屈を紛らわせてストレスを解消していくことも効果的です。まずは、犬が床を掘る意味を分かってあげることが大切。なぜ掘るのか、理由を見きわめ、適切に対応してあげてくださいね♪

focebookシャアツイート

– おすすめ記事 –

・これって本能!?犬が床を掘る意味
・犬が間違っても食べてはいけない身近な植物とは?
・わんちゃんの平均睡眠時間を知ろう!
・犬のトイレトレーニング失敗続きから完璧になるまで

 愛犬のトレーニング


 散歩の様子からわかる犬の気持ち


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
坂田 ひかり

坂田 ひかり

子どもの頃から犬を飼い続け、犬と一緒に成長してきました。意外と知らない衝撃の真実や、知って得する豆知識を紹介していきたいと思います。犬好きさんがもっと犬を好きになって、犬と一緒に幸せになってもらえたら嬉しいです。

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら