トイプードルが警察犬になれる?

2016.06.03

トイプードルが警察犬になれる?

犬は時には人間よりも素晴らしい能力を持っていて、ペットとして一緒に暮らすことはもちろん、その能力を最大限に引き出し「警察犬」として活躍する姿も見ることができます。人間のために尽くして活躍しているワンちゃん達のりりしい姿を見るのは、とても感動的なものですよね。 でも、警察犬はどんな犬でもなれるのでしょうか。一般的には大型犬のイメージがありますが小型犬でも警察犬になれるものでしょうか。 そこで警察犬のお仕事内容や活躍中の犬種などについてお話ししていきたいと思います。

focebookシャア
ツイート

警察犬とは?

一

出典:Fumitake Ishibashi

日本では毎日のように事件や事故が発生しています。その状況によっては人間の力だけでは救助や解決が難しいこともありますよね。そんな時に、人間のサポートをしてくれる重要な働きをしてくれるのが警察犬の存在です。

例えば事件や事故によって一刻も早く命を救いださなければならない時・・・、こんな時には人間の数千倍の嗅覚を持つ犬の力が必要です。ほんの少しのニオイという手がかりだけで、犯人の足取りを追うことができます。また、人間の目では見つけることができない救出すべき命を見つけることができる頼もしい存在なのです。

警察犬は訓練を経て人間の指示に従ってくれるので「ココだ!」という場面で犯人を素早い動きで制圧するという勇敢さも持ち合わせています。

ワンちゃんたちは、確かに人間の鼻よりも素晴らしい嗅覚があります。ところが、人間にも警察のお仕事に向いている人とそうでない人がいるのと一緒で、どんな犬でも警察犬になれるわけではありません。


警察犬に向いている犬種ってどんな犬?

police-1321255_640

警察犬というと「大きい」「強い」「たくましい」「勇敢」というイメージ。犬種で言うとシェパードを想像する方が多いのではないでしょうか。確かにテレビなどのメディアで「警察犬」を見る機会もありますが、シェパードが多いですよね。そのため「警察犬=シェパード」という印象を持っている方々が多いです。

しかし、実際のところ、現在、日本警察犬協会において警察犬として指定されているのが「シェパード」「ドーベルマン」「エアデール・テリア」「ボクサー」「コリー」「ゴールデンレトリバー」「ラブラドールレトリバー」など7種の大型犬です。

これらの犬種のワンちゃんたちは大きな体ですし、勇敢に人間のために戦ってくれそうな体格をしています。また体格だけでなく、俊敏性や勇敢さがあるという性格も警察犬に向いていますし、何より人間の指示に従うことができる順応性も持ち合わせています。いざという時に、訓練の成果を発揮することができるのが、これらの犬種のワンちゃん達に多いのです。

警察犬の中でも、日本の各都道府県の警察が管理および訓練をしている「直轄警察犬」、民間の人が管理および訓練をしている「嘱託警察犬」がいます。

一般的には前者の直轄警察犬は、上記にあげた指定犬種の大型のワンちゃんがなりますが、嘱託警察犬は上記のような大型犬以外の種類のワンちゃんでも実際に登録されています。


トイプードルが警察犬になったってホント?


警察犬というと大型犬のイメージが大きいですが、小さなトイプードルが警察犬の試験に合格したというニュースも今年の初めに話題になりました。

●小さなトイプードルが警察犬になったってホント?

話題となったのは2016年1月、警察学校での警察犬章の嘱託式でのこと。

2015年10月に行われた嘱託警察犬の審査会で、なんと可愛らしい見た目のトイプードルの「アンズ」が見事合格。小さな体のトイプードルが茨城県初の警察犬となったのです。

トイプードルというとペットとしても人気があるチャーミングな犬種です。そんな可愛いワンちゃんが嘱託警察犬になるなんて驚きです。

実は、アンズには切ない過去が隠されていました。現在2歳のアンズが生後間もない頃のことです。当時の飼い主が飼育放棄を理由に茨城県の動物指導センターに処分の持ち込みにきたというのです。その理由は「飼育本の通りにしつけができない」というなんとも身勝手で腹立たしい理由・・・。

しかし、アンズはその場に居合わせた職員が引き取ってくれたので殺処分を免れることができたのです。すでにその男性職員が飼育していた警察犬候補のシェパードの訓練を一緒にするようになり、現在に至るとのことです。ちなみに「アンズ」という名前は現在の飼い主さんが愛情を持ってつけてくれた名前だそうです。

●小型犬でも警察犬に向いている?

警察犬の仕事は多岐にわたりますが、シェパードのような大型犬に向いている仕事内容もあれば、トイプードルのような小型犬が優れた能力を発揮できる内容もあるのです。

小型犬は小さい体を活かして、小さな遺留品を探すことも可能です。また、頭がいいので訓練次第では物覚えの能力に素晴らしく長けている長所があります。

茨城県では大型犬に限らず小型犬でも優秀な犬がいれば警察犬として合格させようという取り組みを2015年からしているのです。実際に嘱託警察犬の審査会には数匹の小型犬が参加したとのことですが、見事合格したのはトイプードルのアンズだけだったのです。

小さくて可愛らしい魅力たっぷりの小型犬は、シェパードと比較すると迫力に欠けるかもしれませんが、訓練次第では小さな体と物覚えの良さを発揮できますので、警察犬として活躍が期待できそうですね。

focebookシャア
ツイート

– おすすめ記事 –

・サルーキがかかりやすい病気とは?
・事前の予防が重要!シーズーがなりやすい病気とは?
・予防に勝る治療はなし!! 日々のスキンシップで病気を見抜こう!
・チワワはどんな病気になりやすい?


 小型犬がかかりやすい病気って?



 大型犬がかかりやすい病気って?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
笹本 雅

笹本 雅

犬が好きです。小型犬でも大型犬でもとにかく犬が大好きです。これから犬種についてや豆知識や健康についてなど、幅広いワンちゃんについての情報をご提供していきます。犬好きの方にぜひとも見ていただいてご意見いただければと思います!

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら


ペットスマイル応募企画バナー専門家バナー犬ライター募集バナープレスバナーペットスマイルアプリバナーcafe