今からでも間に合う!?シニア犬のトイレトレーニング方法

2016.08.22

今からでも間に合う!?シニア犬のトイレトレーニング方法

「トイレの失敗が増えたな」と愛犬にお悩みではないですか?それは愛犬の老化が原因かもしれません。犬は私たちが想像しているより早く年を取ってしまうものです。この前、出来ていたことがいつの間にかできなくなったり、粗相が増えたりとシニア犬ならではの問題も起きてきます。では、シニア犬の仲間入りをした愛犬をしつける方法はあるのでしょうか?ここでは今からでもできるシニア犬のトイレのしつけ方をご紹介します!!

focebookシャア
ツイート

いつからが「シニア犬」?

old-dog-1292304_640

まず、いつからシニア犬といわれるのかを知っていますか?シニア犬とは一般的には7歳以上のワンちゃんのことをいうことが多いのですが、犬種や大きさ、育ってきた環境などその子によってシニア犬になっていくスピードはそれぞれ違います。性格がワンちゃんによって違うように老化のスピードにも個体差があるのです。我が家の愛犬も「おばあちゃんになったな」と感じたのは10歳を過ぎてからでした。人間と同じようにワンちゃんたちも足腰が弱くなり、階段の上り下りが出来なくなったり、病気をしやすくなったりと筋力は低下していきます。それと共に、おトイレの失敗など粗相も多くなっていきます。そんなときは叱りつけるのではなく「年を取ったのだから仕方ない」と温かく大きな心で愛犬の生活をサポートしてあげることが大切になります。


シニア犬になってから始めるトイレトレーニング

名称未設定-1

トイレシート以外でも排泄するようになってしまったシニア犬のトイレトレーニングでお悩みの方は多いと思います。まず、今までトイレシートで出来ていたワンちゃんが他の場所でトイレをするようになった原因は何でしょうか?シニア犬の場合は老化による膀胱付近の筋力の低下が考えられます。尿をためておくことが出来なくなり、我慢できず数回にわたり少量ずつしてしまうことがあるのです。このような老化による原因も考えられますが、なんらかの病気のサインの場合もありますので、獣医さんの診察を受けることも時には必要となります。では、しつけの方法をいくつかあげていきます。

・排泄をする素振りやいつも排泄をする時間帯にトイレシートまで連れていく。
・「シーシー」などなんでも良いので、排泄をするときの特定のかけ声を決め、その合図でトイレをすることを覚えさせる。
・成功したときは大げさなぐらい褒める。(ご褒美としておやつを与えるのも良い)

また、脚力が落ち、散歩の時間が短くなったなどの理由で、トイレは外派のワンちゃんを室内派にしつけ直したいという方もいるでしょう。この場合、ワンちゃんは散歩をしたらトイレができると思っている子が多いので、散歩とトイレはイコールではないということを改めて覚えさせなければなりません。そのために散歩の前にトイレを済ませてからお散歩に出かけましょう。ですが、室内でトイレをすることに慣れていないワンちゃんはなかなか難しいと思います。まずはトイレシートでオシッコすることに慣れさせましょう。トイレシートに慣れさせる方法をいくつかご紹介します。

・外でトイレシートに排泄させる。
・トイレシートの上を外と似た環境にする。(砂利を敷くなど)
・トイレシートにワンちゃん自身のオシッコを染み込ませて、排泄する場所であることを嗅覚で覚えさせる。
・トイレシートの置き場所を玄関やベランダなど外に近い場所に置く。(徐々に置きたい場所にずらしていきましょう)

ときにはワンちゃんも失敗をして、しつけの最中であってもトイレシート以外の場所にしてしまうことがあると思います。その失敗に気付くのは大抵、失敗をした時から時間が経ってからです。もし、叱ったとしても、少しでも時間が経てば、ワンちゃんは何に怒られているのか理解できません。場合によっては、トイレをすること自体を怒られていると勘違いし、トイレを我慢するようになってしまう子もいます。これはストレスがたまるだけではなく身体にも良くありません。さらに、しつけを長期化させる可能性がありますので、注意しましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PetSmileわん部

PetSmileわん部

わんこ大好きPetSmileわん部です。わんちゃんにまつわるエピソードやお役立ち情報を発信します♪

関連するキーワード