うちの子は大丈夫?早速チェック!お尻(糞便)の要注意について

2015.02.25

うちの子は大丈夫?早速チェック!お尻(糞便)の要注意について

愛犬の健康管理は毎日のチェックが大事!今回は糞便のお話です。愛犬の異常をいち早く気づいてあげられるように心がけましょう。

まず、することは?

unnchi

毎日、愛犬の状態を把握するために排便排尿の状態は必ずチェックをすることが大事です。
把握することで、愛犬の健康状態を知る一つの方法にもなります。

見るチェックポイントは!

  • 形状
  • 臭い
  • 回数

の4つです。
食べている物が同じであれば、基本的には大きな変化は無いはずです。

糞便に付く出血の場合について

unnchi_chi

ただ、ここで見落としがちになってしまうのが糞便に付着する出血の場合です。
下痢など体調を崩している場合は出血に気づき易いですが、形状が正常な便での出血はわかりにくいです。

今回、題名にもなったように糞便に付く出血の内、形状が正常なのに出血が見られる場合の糞便は要注意です。
下痢を起こしている糞便は原因的にはさまざまあり、何かしらの原因で腸炎を起こし出血を起こしていると考えられます。

実は動物ではよくあることです。ですので、まずは動物病院で腸炎の治療を行い、経過によって追加検査と受けることにもなります。

正常な糞便で出血が起きたら?

正常な糞便での出血はどのようなことが考えられるでしょうか。
2通り考えられます。

  1. 小腸や大腸の腫瘍
  2. 肛門出口や肛門腺の異常

万が一、1番の腫瘍の場合はガンと言うことの可能性もあります。

愛犬の異常をいち早く気づいてあげられるようにしましょう。
大事なことは、毎日チェックをし排便排尿に関して細かな所も気にかけていただくことが重要です。

unnchi_check


 油断は禁物!?症状がわかりにくいワンちゃんの貧血とは?


 愛犬のためにチェックしてみよう!以外な食べ物ぶどうが命の危機に!!何でも食べちゃう季節!ワンちゃんに有毒な食べ物リスト【犬編】


 ご存知でした?人間だけじゃない!ワンちゃんのアレルギーについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Dr.佐藤 貴紀

Dr.佐藤 貴紀

幼い頃から大の動物好きで、獣医を志す。 麻布大学獣医学部卒業後、西荻動物病院、dogdaysミッドタウンクリニックにて副院長をつとめる。 また、獣医生命科学大学内科学教室において循環器を主に学ぶ。 2008年7月に「白金高輪動物病院」開業。 2011年4月に「中央アニマルクリニック」開院。 専門は「循環器」。全国に約60人しかいない(2013年5月現在)「日本獣医循環器学会認定医」の一人。 専門外来を特徴とし、確定診断にもこだわり、かかりつけ医を推進している。 誠実でやさしい人柄と確かな技術に惹かれて、全国の飼い主さんから相談が絶えず寄せられている。

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら