ワンちゃんにとっての癒しのスペース!お家に来た日から始めるサークルトレーニング

2014.07.25

ワンちゃんにとっての癒しのスペース!お家に来た日から始めるサークルトレーニング

ワンちゃんを放し飼いにする家庭が多いですね。『だってサークルに閉じ込めておくなんて可愛そうで…』ちょっと待った! サークルはワンちゃんにとって安心できる自分だけの憩いのスペース。お気に入りのクッションといつも清潔なトイレはわんちゃんとって快適空間なんです

ワンちゃんがおうちに来たら

ワンちゃんがお家に来た日から始めたいトレーニングがあります。
それは、サークルでの生活です。

ワンちゃんには一日のうち大半(15~20時間)をサークルの中で過ごさせます。食事や水を飲むとき、寝るときや排泄もサークルの中です。サークルの中で飼うなんてかわいそう…と放し飼いをしようとする飼い主さんが多くいますが、もともとワンちゃんは広いスペースよりも狭いスペースにいたほうが落ち着く動物です。放し飼いをしてしまうことによって、警戒心や恐怖心を育ててしまい、留守番中に吠えたり、トイレを失敗したり、イタズラしたりしてしまいます。仔犬のころからサークルでの生活に慣れさせ、怖いものや不安なものが出てきても安心して過ごせるようにしましょう。

ワンちゃんにとっての癒しのスペース

迎えたばかりの子犬をハウスに入れると「ギャンギャン」鳴き叫ぶことがありますが、この状態を見て「この子はサークルに入ることを嫌がっているんだ…」と感じるのは間違いです。

この時、子犬はサークル自体を嫌がっているのではなく、今までと違った場所に連れてこられて不安な気持ちをアピールしているだけなのです。
鳴き叫んでいる子犬は新しい環境に慣れることが大切なので、まずはそのサークルの中でゆっくり休ませてあげてください。

子犬は鳴き疲れればすぐに眠ります。(個体差はありますが、ほとんどの子は30分も鳴き続ければひと眠りします)

それを何度か繰り返せば、必ずそこが子犬にとって一番安心出来る自分専用の寝床になっていきます。

サークルで鳴き叫ぶ子犬には声を掛けるなどの反応をせずに、そのまま放っておくのが最もカンタンなサークルのしつけなのです。

可愛い子犬といつも一緒にいたいと思うのはやまやまですが、将来的に考えるとサークルトレーニングはとても大切なことです。
ぜひマスターしてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PetSmileわん部

PetSmileわん部

わんこ大好きPetSmileわん部です。わんちゃんにまつわるエピソードやお役立ち情報を発信します♪

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら