野球ボールぐらいの悪性腫瘍。片耳を失い放射治療を20回も受けたが幸せな犬とは?

2017.04.17

野球ボールぐらいの悪性腫瘍。片耳を失い放射治療を20回も受けたが幸せな犬とは?

ある家族に引き取られ、新しい生活を始めた一匹のワンちゃん「ヤルク」。ヤンチャ盛りで元気なこのワンちゃんは優しい家族と共に楽しい毎日を送っていましたが、ある日片耳を失ってしまう悲劇が!その後もいくつもの試練を乗り越えた、ヤルクとその家族。片耳になったヤルクとその家族の奇跡のお話をご紹介します。

focebookシャア
ツイート

犬 奇跡 感動

2014年の8月にヴァレンシス・ファミリーの元へやってきた、一匹の子犬ヤルク。ヤンチャ盛りであるヤルクはすぐにその新しい家族と馴染み、愛情に包まれた幸せな生活をスタートさせました。

犬 奇跡 感動

毎日元気が有り余るほどのワンパクなヤルクは、トイレットペーパーを噛みちぎって遊んだり、穴を掘ったりと、イタズラパワー大全開!
それはもちろん家族への愛情があっての行動で、それも充分承知だったヴァレンシス・ファミリーはそのイタズラっ子を温かく見守っていました。

2015年の9月の事。散歩から戻ってきてヤルクの頭を撫でていたヴァレンシス家のアンジェラさんは、彼の頭に何かコブのようなモノがあるのに気づきます。すぐに動物病院へ連れて行きました。抗生物質をもらいましたが、その後もそのコブは小さくなるどころかどんどん大きくなっていくばかり…

その一週間後、ヤルクは軟部組織に肉腫があると診断されました。ステージ2の悪性腫瘍でした。

犬 奇跡 感動

家族はすぐにその腫瘍をヤルクの頭から取り除く治療に取りかかる事に。6時間にも及ぶ大手術でした。
その頃には何と野球ボールほどの大きさにまで膨れ上がっていたヤルクの腫瘍。手術は成功しましたが、その腫瘍の大きさと場所が原因で、彼は左耳を失くす結果となってしまいました。

犬 奇跡 感動

そして、とても目を引く大きな円錐形の布を顔の周りに巻いてしばらく生活をすることになったヤルク。
手術の後は放射線治療を受け、その治療をヤルクが受けられるよう、ヴァレンシス・ファミリーはコネチカット中部にあるファーミントンの家から約225キロも離れた所まで、45分間の治療の為に週5日間通い続けました。そして20回もの放射線治療の結果、何と治療は成功!ヤルクは晴れてガンのない健康な体を手に入れたのでした。

犬 奇跡 感動

嬉しさに溢れるアンジェラさんは、元気になったヤルクの姿を写真に撮ってインターネット上に掲載。そしてその写真は瞬く間にシェアされていきました。

人間でもとても辛いと言われている、放射線治療。それをヤルクに受けさせようと決意するまでに、大量のリサーチと話し合いを何度もしてきたとヴァレンシス・ファミリーは言います。「幸いヤルクの視力は全く影響無く、片耳だけになっても私よりも耳がよく聞こえるの。FedExやUPS等の配送トラックが道を走って来るのを私よりも早く気づくのよ」とアンジェラさん。

犬 奇跡 感動

「彼は本当にすごいワンちゃん。私達家族にとって無くてはならない存在なんです。彼が居るから私達も幸せだし、ヤルクは大事な家族の一員なの。」

<参考サイト>
buzzfeed.com



– おすすめ記事 –

・【感動】糞便まみれ、飢えでガリガリに痩せた捨て犬…それでも彼女は必死に生きようとした
・「なぜ犬の寿命は人間よりも短いの?」親友を見送った後の少年の言葉に涙。
・【感動】雪山にひとり残されてしまったワンちゃん…→救助されたあとの飼い主さんとの再会シーンに涙
・【感動】交通事故にあった野良犬を助けたい。わずか8歳の難民の少年の純粋な心に街中が感動


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
yukoyosshi

yukoyosshi

昔から動物が大好きで、野生動物や自然が多いオーストラリアに留学。現在もオーストラリアにて生活を送っています。家では犬や猫やその他の動物も飼っていて、中でも12年も生きた柴犬のミミとはバディな関係でした。

関連するキーワード