まるで運命の様に引き寄せられた母犬と子猫の物語

2018.02.27

まるで運命の様に引き寄せられた母犬と子猫の物語

ある動物施設へ連れてこられた1匹のワンちゃん。彼女は自分の赤ちゃんを亡くしたことで悲しみのどん底に居ました。一方、別の場所で救助された2匹の子猫たち。この子猫たちは自分の母親を亡くし、誰かに世話をしてもらう必要がありました。本来なら出会うはずは無かったであろう彼女たちですが、まるで運命だったかのように引き寄せられ一緒に暮らすことに…。母親の愛の強さ、そして優しさを感じることができる感動的なストーリーです。

focebookシャア
ツイート

ペンシルベニア州にある動物救助施設「Wanna-Be Pet Rescue」に勤めるレベッカさんがその日連れてきたのは、2匹の小さな子猫たちでした。

子猫

この猫ちゃん達が市のシェルターから救助されたのは、生後2週目のこと。生まれてまだ間もない彼女たちは、誰か母親の代わりになる存在を必要としていました。


その頃、同じくペンシルベニア州にある別の動物救助施設「Mommy and Me Rescue」では、1匹の犬が悲しみの真っ只中に。このワンちゃん、ドロシーは、自分の赤ちゃんを亡くしてしまったのです。

「ドロシーがこの施設にやってきた時、彼女は妊娠していました。ところが、寄生虫とライム病に感染していた彼女は、それらが原因で早産に…。そして、生まれてきた7匹の赤ちゃんは、全て亡くなってしまったんです。」そう話すのはMommy and Me Rescueのキャロルさん。

母犬

キャロルさんは、ドロシーがその時どれだけ心に傷を負ったのかを目の当たりにしてきました。出産後入院をし、治療を受けなくてはならなかったドロシーは、その2日間自分の子犬達を探し回るかのようにウロウロと歩き回り泣き続けたのです。

「病院から施設へ戻った途端ドロシーは子犬達を産んだ場所へと走りました。子犬が居ないことに気づいた彼女は、今度は施設中を探し回り、何時間もすすり泣きしていたんです。可哀想で見ていられませんでした。」

ドロシーの悲しみを少しでも減らすため、キャロルさんはレベッカさんに連絡。そしてその救助された2匹の子猫の存在を知ることになります。


ことは進み、その数時間後には2匹の子猫たちがドロシーの元に連れてこられました。

その小さな子猫達を見て最初はとまどっていたドロシー。しかし感動することに、彼女の母性本能が開花するのに時間はかかりませんでした。

1

「ドロシーに話しかけている間に、子猫達をドロシーのお乳に近づけミルクを吸わせました。その数分後、ドロシーはその子猫達に愛情を示し出したのです。感動の瞬間でした。」

3

その後、ドロシーは子猫達を優しく扱い、世話をするように。
彼女が子猫達の側を離れるのはトイレに行く時だけだそうで、その後は一目散に子猫達の元に戻ってくるんだそうです。

4

ドロシーはその2匹にお乳を吸わせ体を舐め綺麗にし、そして子猫は優しいお母さんの腕の中でそのままぐっすりと眠ります。普通なら在り来たりのような光景ですが、彼女らの境遇を考えると感動せずには居られません。

救助されたこの親子が出会ったのは、運命と言えるのではないでしょうか?

子を想う母と母を想う子達が結ばれた、感動のストーリーでした。

<参考サイト>
lovemeow.com



– おすすめ記事 –

・愛犬に毎日手紙を送り続けた息子に天国から返信が!嬉しいサプライズに感動。
・【感動】交通事故にあった野良犬を助けたい。わずか8歳の難民の少年の純粋な心に街中が感動
・世界一大好きな道を歩き続ける秋田犬。その理由に涙。
・突然、捨てられてしまった豚の赤ちゃん8匹。小さな命を救ったのは1匹のボクサー犬だった。


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
yukoyosshi

yukoyosshi

昔から動物が大好きで、野生動物や自然が多いオーストラリアに留学。現在もオーストラリアにて生活を送っています。家では犬や猫やその他の動物も飼っていて、中でも12年も生きた柴犬のミミとはバディな関係でした。

関連するキーワード