種類なんて関係ない。余命半年の子猫に愛情をそそぐ母親代わりのワンちゃんの姿に感動

2018.04.13

種類なんて関係ない。余命半年の子猫に愛情をそそぐ母親代わりのワンちゃんの姿に感動

生まれつき体に障害を持って生まれてきた1匹の子猫。親を亡くしてしまった彼は、フラつく体でも精一杯毎日を生きていました。その彼の新しい家族としていつも側に寄り添い仲良くなったのは、ある1匹のワンちゃん。ワンちゃんはまるで子猫にママがいないのを知っていたかのように猫に愛情を注ぎます。そうして、彼はこの猫ちゃんの人生をサポートする「Mr.ママ」として生活をするように…。障害ある子猫とママ役ワンちゃんの愛情深いストーリーです。

focebookシャア
ツイート

母猫との悲しい別れ

アメリカのウィスコンシン州にある町のレスキューグループ「Valley Cats」に連れてこられたのは、妊娠末期の1匹の猫ちゃん。
数日後、緊急帝王切開をすることになった彼女は、8匹の子猫たちを出産しました。

しかし、残念なことにその母猫と1匹の子猫は息を引き取ってしまったのです。

残された7匹の子猫たちは、フォスターファミリーの元で生活をすることになりました。


1匹の子猫が余命半年と宣告される…

ある日、Valley Catsのボランティアの1人、マッケンジーさんがそのフォスターファミリーを訪れました。
そして、他の6匹の兄弟達と仲良しに遊ぶ1匹の子猫に目が留まります。

2

「この子だけすごく目立っていました。だって普通に歩いていてもバランスを崩して転けちゃうんです。それでも兄弟達と戯れて遊ぼうとする元気な姿を見ているうちに感動して涙がこみ上げてきました。」

生まれつき神経に障害をもつその子猫。背中から尻尾にかけての神経が潰された形になっていることが、真っ直ぐ歩けない原因となっていました。

奥行感覚にも障害があり、これは大きくなるにつれて良くなっていくとのことでしたが、獣医達はこの子は半年も生きられないだろうと想定。

それでもマッケンジーさんはこの子を引き取る事を決意しました。


1匹の犬との運命の出会い

「クレイマー」と名付けられた子猫は、2匹の犬と2匹の猫達が暮らすマッケンジーさん宅にて新生活をスタートさせました。

その日、クレイマーを歓迎するかのように尻尾を振り出迎えたのが1匹のワンちゃん「ウィンストン」

それは、まるで2匹が出会うのが運命だったかのような様子だったそうです。

1
4

「クレイマーとウィンストンはすぐに仲良しになりました。まるで彼はクレイマーにママがいないのを知っていたかのよう。そして彼は、自分が『Mr.ママ』になったかのようにクレイマーに愛情を示し始めたんです。

Kramer the Kittenさん(@kramer_the_kitten)がシェアした投稿

2匹はその日からいつも一緒。
ウィンストンはクレイマーに愛情をたっぷりと注ぎ、クレイマーもウィンストンをママのように慕いました。

8
6

「クレイマーがニャーと言うと、ウィンストンはスグに駆けつけるんです。クレイマーの食後やトイレの後も体が汚れていないかしっかりとチェック。本当の母親の愛情のように感じました。


母犬の大きな愛情が子猫の運命を変える!

数ヶ月が経ち、すっかりいたずらっ子に育ちあがったクレイマー。その体は大きくなり、歩き方も随分良くなってきました。

10

もちろんウィンストンとは大の仲良しの関係。2匹はいつも一緒で愛情を示し合っています。

獣医が想定していた6ヶ月を優に超え、仲良しの家族に囲まれて暮らすクレイマー。
彼はこれからも障害に負けず、大好きなウィンストンと元気いっぱいに生活していくことでしょう。

<参考サイト>
lovemeow.com



– おすすめ記事 –

・砂漠をさ迷い力尽きかけていたホワイトシェパード、再び人の愛情を信じて幸せをつかむ!
・路上で死を待っていたピットブル、歩けないほど衰弱した体が元気に!元気の源は「愛情」でした。
・まるで運命の様に引き寄せられた母犬と子猫の物語
・捨てられた小さな子猫が体を寄せたのは、○○のそばだった


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
yukoyosshi

yukoyosshi

昔から動物が大好きで、野生動物や自然が多いオーストラリアに留学。現在もオーストラリアにて生活を送っています。家では犬や猫やその他の動物も飼っていて、中でも12年も生きた柴犬のミミとはバディな関係でした。

関連するキーワード