過酷な環境の中、迷子の3歳の女の子を16時間もの間守り抜いた老犬の姿に感動

2018.06.22

過酷な環境の中、迷子の3歳の女の子を16時間もの間守り抜いた老犬の姿に感動

広大なオーストラリアの地にて飼われていた1匹の犬、マックス。17歳である彼は耳が聞こえず、更には片目も見えない状態の老犬でした。そんな彼がヒーロー犬としてニュースで取り上げられたのは、家族の一員である3歳の女の子が行方不明になった事件がキッカケ。有名なヒーロー犬となったマックスの感動的な救助劇を見てみましょう。

focebookシャア
ツイート

耳が聞こえない17歳の老犬「マックス」

海外,ヒーロー犬

オーストラリアのクイーンズランド州に広がる広大な大地。その自然豊かな田舎の地方に住む家庭には、1匹のワンちゃんが暮らしていました。

「マックス」と呼ばれる彼は17歳で、耳は聞こえず目も片方見えません。それでも彼は大好きな家族と共に毎日幸せに暮らしていました。

ある日、その家族に悲劇が起こります。
3歳の娘、オーロラちゃんが家から突然居なくなったのです。家族が気づいた頃には彼女はどこにも居らず、マックスも同時に姿を消していました。


3歳の女の子が迷子に…

家の周囲はどこまでも続く広大な自然。そこには危険なダムもあります。

海外,ヒーロー犬

周囲を探し回ったものの、どんなにオーロラちゃんの名前を呼んでも見つけることのできなかった家族は、ついに警察に連絡し、大規模な捜索が行われることに。飛行機2台を含め多くの警察官たちが周囲の地域を捜索します。

もしかしたらダムに落ちたのではないか。怪我をして動けないのではないか。

「本当に、絶望的な気持ちでした。3歳のオーロラが外のどこかで助けを求めているんじゃないかと考えると、居ても立っても居られなかったです」そう話すのはオーロラちゃんの祖母であるレイサさん。

海外,ヒーロー犬

オーロラちゃんが姿を消した当時、薄い半袖のTシャツ一枚に半ズボンという格好をしていたと言います。3歳ということもあり、多くの人が最悪の事態を想像していたでしょう。

外の気温は13度にまで下がり、家族たちは心配で眠れない夜を過ごしました。


マックスが奇跡を起こす!

そんな時、感動的な奇跡が起こったのでした。

「最初は鳥の鳴き声かと思いました。でもそのすぐ後にハッキリとこう聞こえたんです。『おばあちゃん!』と。

海外,ヒーロー犬

レイサさんは慌てて家の外に飛び出しました。そこへ走ってきたのはマックス。
マックスはレイサさんを誘導すると、オーロラちゃんの元へと導いていったのです。

海外,ヒーロー犬

マックスは高い丘の上でうずくまっていたオーロラちゃんの側を離れることなく、16時間も彼女を見守ってくれていたのでした。

「感動しました。聴覚も無く視覚も半分のマックスが、オーロラを救ってくれたのです。」

オーロラちゃんは擦り傷や打撲はあったものの元気な様子。マックスの行動を目にした警察官や救助に関わった人達は、彼をヒーロー犬として称えたのでした。

海外,ヒーロー犬

この感動のストーリーはニュースとなり、多くの人がヒーロー犬マックスの勇敢な行動を知ることに。警察のFacebookにも「マックス、よくやった!君はこれで立派な警察犬の仲間、ヒーロー犬だよ!」と紹介され、多くの人々に感動を与えたのでした。

<参考サイト>
independent



– おすすめ記事 –

・もし愛犬が巨大な犬だったら?誰もが憧れる夢を叶えた写真家のファンタジーな写真がすごい!
・引き取った犬を見てビックリ!7年前に別れたはずの愛犬との奇跡の再会に涙
・【長崎】白岳自然公園の看板犬ロン、スズメバチに襲われる登山者の命を勇気ある行動で救う。
・過酷な状況で7人を救助したが、心臓発作になり命を落とした英雄の災害救助犬ダイゴ


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
yukoyosshi

yukoyosshi

昔から動物が大好きで、野生動物や自然が多いオーストラリアに留学。現在もオーストラリアにて生活を送っています。家では犬や猫やその他の動物も飼っていて、中でも12年も生きた柴犬のミミとはバディな関係でした。

関連するキーワード