秋の行楽シーズン 愛犬と一緒にお出かけしよう!愛犬にとっての快適なドライブのために

2015.11.03

秋の行楽シーズン 愛犬と一緒にお出かけしよう!愛犬にとっての快適なドライブのために

これからの行楽シーズン、車で愛犬と一緒にお出かけをする方も多いのではないでしょうか?今回は愛犬との快適なドライブのために気をつけてあげる事とおすすめアイテムについてご紹介します。

車酔い対策

bd4ffc5d6c77ed416a7cbf539e0806d6_s

車酔いの心配がある愛犬は多いと思います。中には全く酔わない愛犬もいますが、ほんの30分程度でも酔ってしまう愛犬も少なくありません。酔う原因としては緊張や不安からくるものと車の匂い、振動によるものがあります。愛犬は人間のように行き先や、そこまでかかる時間がわからないので不安になるのも無理はありません。いつも車で行く所が病院ばかりなら車=嫌なところに連れていかれる、と悪いイメージがついている愛犬もいるかもしれません。

その対策としてまずは10分ほどの距離にある公園へ車で行くことをおすすめします。そこで思いっきり遊ばせ、車に乗るといいことがある経験をさせましょう。

精神的な面以外には嗅覚が鋭い愛犬なので車の臭いが苦痛になってしまうことがあります。芳香剤でごまかすのではなく臭いを根本から取り除くような消臭スプレーを使うことをお勧めします。ドライブ中も窓は締めきらず少しだけ開け、常に新鮮な空気が入れ替わるようにすることが大切です。

運転の仕方にも配慮しデコボコ道を避ける、急発進、急ブレーキを避けるなど優しい運転を心がけましょう。

食事の時間にも配慮しましょう。食べてすぐ車に乗せるのはもちろんNGですがあまり空腹でも吐いてしまうことがあります。食事を消化し胃が落ち着いた頃を見計らって出発するのがベストです。

それでも酔ってしまった場合は、車を停めて、一度車外に出し様子をみましょう。休憩はマメにとり、新鮮な空気を吸わせてあげれば気分がリフレッシュ出来ますね。

車に乗れば必ず酔うという愛犬の場合は病院で酔い止めの薬を出してもらうことをおすすめします。

クレートのすすめ

クレート

愛犬を車に乗せる時どのようにしていますか?安全のためにはクレートに入れてしっかりとシートベルトで固定することが理想です。クレートは大き過ぎず小さ過ぎないちょうど良いサイズを選ぶことをお勧めします。目安としては犬がクレートの中でギリギリ方向転換ができる大きさが良いです。あまり大きいと中で揺れてしまい、車酔いの原因になってしまいます。

うちの愛犬は車に乗るときはクレートに自分から入ってくれます。クレートは愛犬にとって「自分の匂いが染み付いた安心出来る場所」になり、そこに入ったまま移動できればお出かけの時に大変役に立ちます。そのためには日頃からクレートトレーニングをすることをおすすめします。

クレートになかなか入れない愛犬もいますが、車内で全くフリーにするのは危険でお勧めできません。万が一、事故の反動でドアが開いても車外に出られないよう対策する必要があります。座席に固定できるボックスタイプのキャリーケースが便利です。

●おすすめ商品

ソフクレートn2

アウトドアに最適な軽量丈夫な折りたたみケージ。高い強度の金属フレームを使用し折りたたんで持ち運びができる。本体は丈夫で、通気性抜群のヘビーデューティメッシュを採用し丸洗いもOK。底面は防水加工でアウトドアにも最適。ドアは前面、側面、上部と3箇所でメンテナンスも簡単。

購入


あると助かる!便利なアイテム

愛犬と車でお出かけをする時に私が必ず持っていく物は大き目のチャック付きポリ袋とペット用トイレシートのセットです。万が一、吐いてしまった時に汚物の処理に使います。ペット用トイレシートは吸水性抜群なので汚物を包んでそのままチャック付きポリ袋に入れておきます。車でのお出かけでは、なかなかすぐにゴミを捨てられません。
車内に汚物を入れておくと臭いがこもって大変です。その臭いでまた吐いてしまうこともあります。
チャックつきポリ袋は臭いをシャットアウトしてくれるので排泄物の保管にもとても便利です。

他には大きめのフリースの敷物を何枚か持って行くと便利です。吐いて車のシートを汚すのを防ぐため、座席に敷いておきます。フリースは洗いやすく、すぐに乾くので家に帰ってからの片付けがラクになります。

サービスエリアで気を付けること

名称未設定-1

長時間、高速道路を利用する場合はサービスエリアでの休憩が必要です。広い芝生地帯があるサービスエリアは愛犬にとって嬉しいですね。色々な愛犬が来ているので、ノミやダニがつくことがあります。車に乗せる前に愛犬の体をチェックしましょう。特に毛が長い犬種は、毛を掻き分けてしっかりチェックする必要があります。

もうひとつ注意するのが拾い食いです。サービスエリアには串カツの串や、爪楊枝、プラスティック製のフォークなど誤飲すると危険なものが、よく落ちているからです。
美味しい匂いがついたものが多いので思わずパクっといかないよう十分注意してあげましょう。

愛犬のために優しい運転を心がけ、まめに休憩をとることは人間にとっても安全なドライブとなります。愛犬も家族の一員です。是非一緒に車でお出かけをして楽しい経験をたくさんさせてあげましょう!

 ワンコのデンタルケア 

 ドッグカフェデビュー 目指せ!素敵な飼い主さん 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Mayumi.M

Mayumi.M

ハンドメイド、お料理、そしてワンコが大好きです。 三年前にトイプードルを迎え、初めての犬育ては大騒動。躾教室に通い愛犬とドッグダンスを習っています。失敗談も含め皆さんにお役に立てる情報を楽しく綴ってみたいです。

関連するキーワード