「治療法」の記事一覧

  • 【獣医師監修】犬の血便には様々な原因が。血便をした時にチェックすべき3項目

    【獣医師監修】犬の血便には様々な原因が。血便をした時にチェックすべき3項目

    血便とは、自身の血液が付いた便や、血液混じりの便のことを指します。血便の原因は様々で、大腸や小腸などの内臓疾患や、肛門、中毒やアレルギー、ウイルス、誤飲、寄生虫など多岐に渡ります。検便やバリウムを使用したレントゲン検査、超音波検査などで原因を探り、治療していくことが一般的です。 犬の場合、言葉を話せないため、便や尿は健康をチェックするバロメーターでもあります。犬の血便についてご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2020.06.03

  • 【獣医師監修】犬の風邪「ケンネルコフ」の症状・治療法は?人用の薬は与えても大丈夫?

    【獣医師監修】犬の風邪「ケンネルコフ」の症状・治療法は?人用の薬は与えても大丈夫?

    季節の変わり目など、私たち人間は気温の変化に身体がついて行けずに風邪を引きやすいですよね。では、あなたの飼っている愛犬はどうでしょう。咳をしていたので病院に連れて行ったら、ケンネルコフと診断された!という方もいるのではないでしょうか。 犬って風邪を引くの?もし大切な愛犬がケンネルコフと診断されたら…?そもそもケンネルコフって何…?薬は必要なの…?今回は、そんな疑問に応えて、意外と知らない犬の風邪についてご説明していきたいとおもいます。

    続きを読む

    ちょば

    2020.03.17

  • 【獣医師監修】犬の膿皮症の原因、治療法は?皮膚トラブルを予防しよう

    【獣医師監修】犬の膿皮症の原因、治療法は?皮膚トラブルを予防しよう

    犬の皮膚の様子が何か変と思って病院へ連れて行ったら、「膿皮症」と言われた!という経験はありますか?犬の膿皮症とは、犬の皮膚にブドウ球菌などの細菌が感染することで発症する化膿性の皮膚病の事をいいます。今回は、犬の膿皮症について原因や治療法、おおよその治療費などを詳しく紹介していきたいと思います!犬の膿皮症を知り、愛犬の皮膚トラブルにいち早く気付いてあげられるようにしておきましょう!

    続きを読む

    ちょば

    2020.03.06

  • 【獣医師監修】犬の真菌症の原因、治療法、予防法は?人間にもうつる?

    【獣医師監修】犬の真菌症の原因、治療法、予防法は?人間にもうつる?

    皆さんは「犬の真菌症」という言葉を聞いた事がありますか?真菌とは、皮膚糸状菌という皮膚に生えるカビに似ている形態を持っている、胞子状の菌の事を言います。真菌症とはその菌が犬の皮膚に感染する事で起きる感染症の事なのですが、愛犬がもしも真菌症に感染してしまった場合、あなたはどうしますか? 今回は、犬の真菌症の原因や治療法、予防法についてまとめましたので、ぜひ参考にしてみて下さい!

    続きを読む

    ちょば

    2020.02.28

  • 【獣医師監修】愛犬の骨折に動揺しない!骨折の症状や治療法を知っておこう。

    【獣医師監修】愛犬の骨折に動揺しない!骨折の症状や治療法を知っておこう。

    交通事故や高所からの落下、衝突や喧嘩、栄養不足を原因とするものなど、犬の骨折は様々な原因で起きることがあります。 歩き方がおかしかったり、触ろうとすると怒るなど、普段と愛犬の様子が違う場合は骨折の可能性が考えられるのです。 骨折がもたらす症状や、応急処置の方法など、予備知識を持っていれば、突然の事態にも冷静に対処できます。 今回は犬の骨折について、紹介していきます。

    続きを読む

    壱子

    2020.02.24

  • 【獣医師監修】犬の脳梗塞って?原因、症状、治療法など

    【獣医師監修】犬の脳梗塞って?原因、症状、治療法など

    犬の脳梗塞は、血管が詰まるだけではなく、破裂し脳障害を起こしたり、死に至る事もあるため、死亡率も高く、とても怖い病気として知られています。原因は、人間同様の塩分過多、欧米化した食生活、運動不足、暑さからの脱水や遺伝疾患ではないかといわれていますが、未だに特定には至っていません。 犬の脳梗塞の原因や症状、治療法など詳しくご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2019.11.26

  • 【獣医師監修】犬のイボの良性と悪性の見分け方!原因や治療法は?

    【獣医師監修】犬のイボの良性と悪性の見分け方!原因や治療法は?

    愛犬の身体を撫でていたら不思議な感覚があり、よくよく見るとイボが出来ていた。これは何…?犬にイボはあっても大丈夫?それとも悪い病気なの?いつものスキンシップでイボのようなものを見つけたら、不安になってしまいますよね。 今回は、愛犬の身体にイボを見つけた時のために、イボができる原因と良性悪性の見分け方、治療法についてご紹介します。病院に行く前の予備知識として、また愛犬の健康管理のためにお役立てください。

    続きを読む

    ユーチカ

    2019.05.14

  • 【獣医師監修】犬の骨肉腫ってなに?原因や検査方法、治療方法について

    【獣医師監修】犬の骨肉腫ってなに?原因や検査方法、治療方法について

    骨肉腫とは骨のがんのことで、別名を「悪性骨形成性腫瘍」と言います。犬の骨肉腫は原因がはっきりと解明されている訳ではありません。しかし、年齢が7~8歳、大型犬か超大型犬、性別がオス、四肢の長い犬種など骨肉腫の出やすい傾向にある特徴はあります。骨肉腫になると痛みが持続し、硬く腫れたり、骨折を多く起こす様になるなどの症状があり、診断には問診やレントゲン、CT、MRI検査、血液検査や生体組織検査などが必要です。 犬の骨肉腫について、詳しくご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2019.05.12

  • 【獣医師監修】激しい痛みを伴う怖い病気、犬の膵炎。その原因や治療法とは?

    【獣医師監修】激しい痛みを伴う怖い病気、犬の膵炎。その原因や治療法とは?

    膵炎は、人間の病気としてもよく知られています。激しく痛みを伴うというこの膵炎。重症化すれば命にもかかわる、犬にとってもとても恐ろしい病気なのです。愛犬がもしも膵炎にかかってしまったら…想像するだけで怖いですね。 一体膵炎とは、どのような病気なのか、その原因は何かを事前に知っておきましょう。発症した場合の治療法にも触れていきますので、是非チェックしてみてください。

    続きを読む

    壱子

    2019.04.26

  • 【獣医師監修】犬のてんかんの症状、原因、治療法は?

    【獣医師監修】犬のてんかんの症状、原因、治療法は?

    てんかん(癲癇)とは、神経疾患や神経症状が出る疾患のことです。脳細胞の異常活動によるもので、主に発作を起こします。てんかんの症状は全身の発作、もしくは眼瞼や四肢の一部などの身体の一部の部分的な発作です。原因は様々で、遺伝や脳神経を傷付ける病気、交通事故などが代表的です。 てんかんは完治しない病気のため、治療は病気の根絶治療の内服治療と、抗てんかん薬の内服治療となります。犬のてんかんについて詳しくご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2019.03.15

もっと見る


記事に関するお問い合わせはこちら