くるっとカールした耳が特徴!アメリカンカールの性格

2015.02.07

くるっとカールした耳が特徴!アメリカンカールの性格

くるっとカールした耳が特徴的なアメリカンカールは、その容姿の愛らしさと愛嬌たっぷりの性格から愛され続けています。その歴史や性格、子猫の時に決まる特徴的な耳やお手入れ方法をお伝えします。

cat_banner_640x180
nM9Vn7oMZDcngUNKLt4C7V4LCq5D7MLF

■■■■■目次■■■■■
1.歴史
2.特徴
3.性格
4.お手入れ方法
5.かかりやすい病気
■■■■■■■■■■■

歴史

アメリカンカールは純血種の猫の中でも新しく、繁殖のきっかけとなる猫が発見されたのは僅か35年ほど前のことです。アメリカのカリフォルニア州レイクウッドで、とある夫婦が自宅玄関で耳が外側に反りかえった黒い長毛の若猫を見つけました。その猫はすぐ人になれて愛嬌もあったため、その夫妻の家で飼われるようになりました。名前はシュラミスと呼ばれるようになり、半年後には4匹の子猫を出産しました。4頭の子猫のうち2頭は外側に反りかえった耳を持っていたことから、この耳の形質が遺伝することが分かりました。その後この特徴的な耳を新しい品種として、繁殖されるようになりました。遺伝子による特徴の中には、奇形で体の弱い個体が生まれる場合が多いとされていますが、このアメリカンカールは奇形ではない突然変異で体も丈夫だと言われています。純血種ながら特徴的な耳の形を発現しない場合もあります。

特徴

くるっとカールした耳が最大の特徴です。この耳は普通のネコと同じまっすぐな耳で生まれた後、次第にカールし始めます。生後一週間くらいで耳がカールするかどうかの判断が出来るようになります。カールの度合いは、少し反っているものから180度以上反り返っているものまで様々です。成猫は3~5kgほどの一般的なサイズで、セミフォーリンタイプのやや筋肉質な猫です。被毛は、交配のきっかけとなった猫は長毛でしたが、現在では短毛も存在します。毛色はシルバータビーやブラックスモークなど様々なものがあり、全ての色柄が認定されています。シルクのような滑らかな手触りも特徴の一つです。

性格

見た目の通り、愛嬌たっぷりの性格です。好奇心が強く活発で、人にかまって欲しがる様子も見られます。人懐こく人見知りもしないので、お子さんのいる家庭でも飼いやすいでしょう。テリトリーへの意識が少なく、多頭飼育しやすいとも言われています。

_JVhXNEE73JnYSwU3rl91VBXIpyFIDRW

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴川真央

鈴川真央

ネコちゃんが大好きで大好きでしかたがない。 趣味・・・愛ネコ観察 目標・・・ネコちゃん達が住みやすい環境でネコちゃん達と暮らすこと。

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら


...
ペットスマイル応募企画バナー専門家バナー犬ライター募集バナープレスバナーペットスマイルアプリバナー