猫カフェに向いている服装とは?ポイントを押さえて遊びに行こう!

2021.08.04

猫カフェに向いている服装とは?ポイントを押さえて遊びに行こう!

昨今では空前の猫ブームもあり、猫を飼えない人でも気軽に立ち寄れる猫カフェがたくさん増えてきていますよね。 2005年、国内で3店舗から始まった猫カフェでしたが、10年以上の時を経て、その数は100倍にも増えていったとの統計が出されています。 猫好きであれば一度は訪れてみたい猫カフェですが、猫好きなお客さんが集まるからこそ、マナーやルールを弁えてお店に伺いたいものですよね。 そして猫カフェに出向くにあたってまず気になることと言えば、どんな服装で遊びに行くかということではないでしょうか?

cat_banner_640x180

猫カフェに行くときにおすすめの服装は?

DSC_0035

猫カフェは普通の喫茶店とは異なり、可愛い猫たちに癒してもらえる夢のような場所でもあります。

たくさんの猫が居る中にお邪魔するので、猫たちに適した格好で遊びに行きたいと考える方も多いのではないでしょうか。

しかし、猫カフェは恋人同士のデートや友達同士で訪れることも多く、あまり気を抜いた格好で行けないといった感覚でいらっしゃる方もいらっしゃることでしょう。

猫カフェにドレスコードなどはありませんが、どのような服装で出向くことが理想的と言えるのでしょうか?

◆動きやすいカジュアルな服

Tシャツとパーカー

猫カフェではやはり、動きやすいカジュアルな格好が望ましいと言えるでしょう。

猫は自由気ままな動物ですので、部屋の中を自由に行き来しますし、お気に入りの子が見つかれば、その子の行動に合わせて移動をしなくてはいけないので、動きづらい格好だと、立ったり座ったりの行為が億劫になってしまうことも。

具体的には、春ならトップスはカットソーやTシャツ、冬であればパーカーなど。お気に入りのデザインであれば、デートでの着用も問題なく楽しめる格好と言えますよね。

そしてボトムスは、厚手のジーンズなどのパンツスタイルやロングスカートなど、露出を控えた格好であれば、人目も気にせず猫たちとの時間を大切にできるのでおすすめです。

◆装飾品などが付いていないシンプルな服

普段からファッションに気を遣う方であれば、シンプルな服装では物足りず、装飾品が付いているような服装を好まれる方も多いことでしょう。

女性であれば可愛らしいリボンや、レースやフリルなどが付いた服装などを、好んで着用される方も多いのではないでしょうか。

しかし、猫カフェの主役はあくまで猫たちとなりますので、猫がおもちゃとして認識してしまうような服装は好ましくありません。

たとえ控えめな装飾品であっても、ひも状のものや光る装飾品が付いた洋服は、猫にとっては遊び道具となってしまうこともあるので注意が必要です。

シンプルな服装こそが猫カフェには向いていますので、お店に遊びに行く際には猫の興味を惹くような装飾品が付いていないか、しっかりと確認するようにしましょう。

◆毛が目立ちにくい色の服

猫カフェでは不特定多数の猫たちと触れ合えますので、猫の毛が目立ちにくい服装を心掛けておいた方が無難です。

とくに換毛期のシーズンは猫カフェの店員さんが気を遣って、抜け毛対策をしていることがほとんどではありますが、それでも完璧にすべての猫たちの毛を処理できるわけではありませんよね。

猫好きであれば猫の抜け毛すら愛おしく感じるものですが、お店を出た後に行く先々では、洋服に付いている動物の毛を見て、不快感を覚える方も少なからずいらっしゃるはずです。

基本的には猫カフェを退店する際に、コロコロなどの抜け毛を取り除くアイテムが準備されてはいますが、あえて黒色の洋服などで遊びに行くのではなく、猫の毛が目立たないような色の服装が望ましいと言えるでしょう。

◆毛が付きにくい素材の服

猫の毛が目立ちにくい色の服装も大切ですが、猫の抜け毛が気になるようであれば、元から猫の毛が付着しにくい洋服選びも大切ですよね。

ツルツルした素材やサラサラした素材は、静電気が起きなければ猫の毛がそこまで付着することがないので、猫カフェにはもってこいの素材と言えるでしょう。

素材名で言えばポリエステルやナイロン、シルクや皮などがそうですが、これらの素材には別の注意点があるので気を付けなくてはいけません。

猫の毛が付かなくても、猫の爪による引っかき痕や引きつれなどには弱いことが挙げられます。

ほかにもジーンズといったデニム素材は、爪とぎと勘違いする子も多いので、そのことを理解した上でジーンズを履いていくのであれば問題ありませんが、何も知らず高額なビンテージジーンズを履いて行った場合は大変です。

猫ちゃんが爪を研いでダメージジーンズへと変貌してしまう危険性があるので、大切な洋服は着用して行かないに越したことはありません。

◆靴下を履く

靴下を履く男の子

猫カフェでは衛生面の観点から、入店の際に靴下の着用を義務付けている店舗がほとんどです。

「夏場で暑いから」「カフェなのに靴下着用の必要性が分からない」といった、人間側の意見は猫カフェではまかり通りません。

猫カフェは猫ファーストのお店なので、ルールが守れない方は入店拒否をされても仕方がありませんよね。

靴の着脱はもちろん、裸足の方は靴下の着用を求められますので、事前に靴下込みでのコーディネートを考えておくと安心です。

猫は人の足先にじゃれることも多いので、必ず清潔な靴下を着用して遊びに行ってください。

汚い靴下や穴の開いた靴下は、ほかのお客さんにも良いイメージを持たれないので、靴を脱ぐことを考慮して準備をするようにしましょう。

また、ストッキングやタイツも着用可能ではありますが、猫ちゃんが膝に乗ってきた際に、爪が引っ掛かって伝染することもあるので、替えのものを持っていくと安心できますよ。


猫カフェで避けたい洋服

どんな服装が猫カフェに向いているのかが分かりましたが、こんな格好はNG!といった服装も知っておくとさらに安心ですよね。

猫カフェに遊びに行く際には、以下のような洋服は着用しないようにしましょう。

◆ミニスカート

普段からスカートを好んで履かれる女性の方は多いと思いますが、猫カフェでは猫たちの安全を第一に考慮しているので、店内では地べたに座って猫と戯れるスタイルのお店がほとんどです。

スカートは座ると後ろ側の生地が引っ張られるので、前から見ると丈が短くなってしまいます。

猫カフェを普通のカフェのような感覚で利用してしまうと、地べたに座るスタイルを知らずに入店することになるので、手持ちのハンカチやタオルなどで隠すなどをしなくてはいけません。

自分の服装ばかりが気になってしまっては、思う存分猫たちと戯れることができませんし、楽しい思い出にならなくなってしまうので、不安要素になりそうな洋服選びは避けるようにしましょう。

◆露出の多い服

ミニスカートや胸元が大きく開いた服などは、その分肌の露出が多くなりますので、万が一猫に噛まれたり引っ掻かれたりするようなことがあれば、ケガをしてしまう可能性も否めません。

ケガをしても保証はされませんので、ケガをしないためにも露出の多い服装は選ばないようにしましょう。

男性の場合はハーフパンツの着用なども、避けておいた方が無難です。

また、猫カフェの地べたで戯れるシステムを悪用して、痴漢や盗撮などの被害に遭う可能性もゼロではありませんので、女性はとくに注意をするようにしてください。


服装以外で気を付けたいポイント

ポイント

猫カフェに行くときの服装が決まったら、いざ猫ちゃんたちへ会いに行ける!といった気持ちになってしまうところですが、本当に服装が完璧なだけで出向いて良いものなのでしょうか?

今一度服装以外で気を付けるべきポイントを確認して、すべてを完璧にした状態で可愛い猫ちゃんたちのもとへと遊びに行きましょう!

◆アクセサリー

洋服の装飾だけでなく、アクセサリーといった装飾品の着用も、猫カフェでは注意しておかなくてはいけません。

とくに鳥の羽根やファーといった自然素材などは、猫の狩猟本能を掻き立てるアイテムとなるので、猫カフェには不向きと言えるでしょう。

ほかにもゆらゆらと揺れるピアスやイヤリングなども、おもちゃとして猫ちゃんたちに認識され、最悪の場合誤飲の恐れもあるので、猫カフェに遊びに行く際はアクセサリーの着用は控えておくことをおすすめします。

◆香水を付けない

猫はとても鼻が利くので、香水の着用はご法度です。

猫が嫌がるのはもちろん、猫と思いっきり遊びたいと楽しみに来店したほかのお客さんにも迷惑がかかってしまいますよね。

猫好きであれば猫が香りに敏感なのは周知の事実ですので、香水をはじめ強い香りの柔軟剤なども使用は控えておくようにしましょう。

◆カメラのフラッシュ

猫好きにとって周知の事実と言えば、カメラのフラッシュ撮影もNGということではないでしょうか。

猫の目には光量の取り込みを調節する「タペタム」と呼ばれる反射板が備わっているので、急にフラッシュの光を受けてしまえば、猫の目に負担がかかってしまいますよね。

カメラのフラッシュで失明する危険性はほぼありませんが、猫ちゃんの目に障害を与えることに繋がってしまうので、写真を撮る際にはフラッシュ機能をOFFに設定しておきましょう。

◆ルールを守る

猫カフェには、猫たちの安全を守るため、来店するお客さんが十分に楽しめるために、さまざまなルールが設けられています。

一人でもルールを守らないで自分勝手な行動をする人が居れば、周りの方々に迷惑がかかってしまいますよね。

猫が大好きでも何かしらの理由があって猫と暮らせないというような、猫カフェに足を運ぶ人の中にはさまざまな来店理由を持っている方もいらっしゃいます。

一人一人がしっかりとルールを守れば、猫も人も穏やかな時間を過ごせますので、猫カフェに行く際には、そのお店特有のルールを必ず守るようにしてください。


まとめ

猫カフェ_内装

猫カフェは気兼ねなく猫に会いに行ける場所となるので、時間があれば気軽に立ち寄りたいと考える猫好きの方も多いことでしょう。

しかし、いざお店に向かってみると、自分の服装が猫たちに対して不向きではないのかと、不安に思ってしまうことがあるかもしれません。

気軽に立ち寄れるからこそ、猫たちやほかのお客さんに迷惑がかからないような配慮は必要となってきますので、猫カフェに行く!と決めたときは、シンプルでカジュアルな服装を選び、猫に会いに行くようにしてください。

いまいちどんな格好をすれば良いか分からないときは、SNSなどにアップされている方々の服装を参考にして、可愛い猫たちの居る猫カフェへ足を運んでみてはいかがでしょうか。



– おすすめ記事 –

・温かな空間で癒されよう!東京にある保護猫カフェをご紹介!
・猫カフェ店員さんに聞いてみた!初めての猫カフェを楽しむ秘訣や値段、マナーはどんな感じ?
・長毛猫専門に黒猫専門・・・こだわりの猫種がお出迎え!?珍しい専門猫カフェ3選♪
・【東京】オシャレ女子必見♥都内の行ってみたいおすすめ猫カフェ3選!


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
たぬ吉

たぬ吉

小学3年生のときから、常に猫と共に暮らす生活をしてきました。現在はメスのキジトラと暮らしています。3度の飯と同じぐらい、猫が大好きです。

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら