スコティッシュフォールドってどんな性格

2016.01.21

スコティッシュフォールドってどんな性格

スコティッシュフォールドは、スコットランドで見つけられた突然変異のネコちゃんです。名前の「フォールド」は、英語で書くと「Fold」であって、これは「折りたたむ」という意味であり、大きな特徴である折れた耳を指しているのです。 この折れ耳が愛らしいスコティッシュフォールドですが、どのような性格なのでしょう?

cat_banner_640x180

スコティッシュフォールドの性格

417a35654f75defdd975994bec5baa20_s

スコティッシュフォールドの性格は、とても優しくて人懐っこいです。そして初めて見た人にも人見知りせずに懐くほどの可愛らしい一面があり、人に慣れた性格に育つ子が多いです。また、大らかでさまざまな環境に適応できます。大人しくて静かな性格であるため、暴れたりもしないので、マンションやアパートといった集合住宅でも飼いやすいタイプのネコちゃんです。しつけもしやすく、初めてネコちゃんを飼う方にも安心です。

そして甘えん坊な性格が多く、ペットオーナーさんと遊んだりそばにいることが大好きです。しかし甘えたがりな性格であるせいか、一人きりの留守番を頼まれた時や、ペットオーナーさんに構ってもらえない時間が長く続いてしまうと、ストレスを感じてしまいがちです。ここまで甘えたがりなネコちゃんは稀であると言えるでしょう。

また、穏和でマイペースで愛嬌のあるひょうきんな子が多く、とても扱いやすくてほかの猫とも仲良く暮らせます。
結構な甘え好きであるため、初めてネコちゃんと接する初心者でも大丈夫なことが多いです。
感情を表に出さず、おっとりとしており、あまり活発ではないのですが、遊び好きであって、大人になっても結構遊びたがります。
そして優しく接してあげれば、優しさで返してくれるという、癒しになる子が多いです。

さらに頭が良く、ペットオーナーさんに忠実です。
名前をきちんと覚えることができ、呼ぶと近寄ってきてくれるのです。
しつけも難しいことはありません。
また、ごはんの時間も覚えて催促することもあるのです。

このように、穏やかで人懐っこい性格から「まるで犬のような猫」とも言われています。


メスとオスで性格は違う?


yoshimiさん(@iyui1225)が投稿した写真


スコティッシュフォールドにおいても、一般的なネコちゃんのオスとメスの性格の違いがそのまま当てはまります。
オスは喜怒哀楽が豊かです。そして感情をストレートに出す子が多くなっています。
比較的、素直に甘えてくる子が多いのもオスの方です。
やんちゃな一面があるのはオスの特徴なのですが、スコティッシュフォールドの場合は、あまり暴れたりする子は少ないです。

メスの方は、感情をあまりストレートには出さずにツンとした表情を見せる子が多いです。
その表情からメスはプライドが高いように見えます。
けれども甘える時はとても甘えるので、いわゆるツンデレが特徴でしょう。


去勢による性格の変化



穏やかな性格が特徴のスコティッシュフォールドですが、発情期を迎えると他のネコちゃんと同様に大きな声で鳴いたり、オスの場合はおしっこを振りまいてマーキングするスプレーといった行動をしたりして、人と暮らす上で問題となる行動を見せるようになります。
多くのネコちゃんは一度このような発情期を迎えてしまうと、去勢をしても発情期の記憶が残ってしばしば問題行動を見せるようになってしまうのです。
このため、穏和で甘えん坊なスコティッシュフォールドの性格を保つには、発情期を迎える前である子猫のうちに去勢手術を行いましょう。
このような発情期を迎える前の去勢なら、手術を行ったことで性格が変わってしまうことは無いです。
よりよい暮らしのために、去勢手術は早めに済ませるようにしましょう。

また、もし去勢をしなければ、オスのスコティッシュフォールドは子供の頃は甘えん坊で、大人につれて頑固な性格になっていきます。

反対に、メスは避妊手術による去勢をしたかどうかでは性格の違いはほとんど見られません。


折れ耳、立ち耳と性格の違い


スコティッシュフォールドは、生活環境によってもともと折れ耳だった耳が立ち上がってしまう、いわゆる「立ち耳」の猫となってしまうこともあります。けれども折れ耳になっても、立ち耳になっても、甘えん坊の性格が変わる訳では無いです。

– おすすめ記事 –

 猫を飼う!その前に準備しておきたいこと


 ネコちゃんを家族に迎えるには


 あなたの猫ちゃんはどんな性格?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中岡 早苗

中岡 早苗

可愛い猫ちゃん達に囲まれながら、猫の知識や暮らしを日々学んでいます。 学んだ情報はどんどんお伝えしていきます。楽しいネコライフをおくりましょう。

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら


...
ペットスマイル応募企画バナー専門家バナー犬ライター募集バナープレスバナーペットスマイルアプリバナー