チワワはどんな病気になりやすい?

2015.10.22

チワワはどんな病気になりやすい?

小型犬で人気のワンちゃんであるチワワ。 小さくても好奇心旺盛、チワワと一緒に暮らしている方は増えています。 チワワは小型の室内犬ですので、飼いやすそうに思えますが、実は結構大変です。 しっかりとしつけないと、自分が主人だといわんばかりに吼えるようになりますし、 さらには、病気の心配もあります。 さて、そんなチワワですが、どんな病気に気をつけたら良いのでしょうか?? 今回はチワワと病気の関係について徹底リサーチしていきます。

225895

チワワのなりやすい病気って何??

チワワの平均寿命は10~16歳と結構幅が広いです。
但し、大型犬よりは長生きする傾向があるので、老犬になってからの病気の対策も重要。
具体的に、チワワというワンコはどんな病気になりやすいのでしょうか??

  • 皮膚病
  • 膝蓋骨脱臼
  • 僧帽弁閉鎖不全症
  • てんかん発作
  • このような病気になりやすく、いずれの病気も早期発見・治療がとっても大切!!

    皮膚病

    036651

    ワンちゃんは皮膚病に罹ることが多いです。
    全身を毛で覆われているので、ノミやダニの影響を受けやすいのです。
    チワワも例外ではありません。

    たかが皮膚病と安穏としていると、全身に広がり、他の病気を併発させることになるので、
    早期に発見し、速やかに動物病院へ連れて行くと、結果的に高額な治療費を避けることができます。

    関節の病気にもなりやすい

    関節の病気はチワワがなりやすい病気の1つです。
    その中に膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)という疾患があります。

    症状には4段階あり、グレードが高いほど治りにくいです。
    自然治癒しないので、早期に発見し、外科的な手術が必要になります。
    変形の形によっては、手術が不可能の場合もあり、内科的な治療になることも……。

    ワンちゃんの心臓病にも注意しよう!!

    131118

    僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)はワンちゃんの心臓病!
    チワワがなりやすい病気の1種です。
    チワワは心臓の疾患に陥りやすいワンちゃん。

    治療法は、内科的治療あるいは、外科的治療の2通りです。
    但し、チワワは小型犬なので、手術に対する体力がないので、内科的治療になることが多数。
    いずれにしても、早期発見・早期治療が肝心。

    老齢期に入ったチワワは、定期的な医師の健康診断を行いましょう。

    まとめ

    今回はチワワのなりやすい病気についてみてきました。
    小さなワンちゃんなので、関節や心臓に負担がかかるようです。
    少しでも調子が悪いと思えたら、クリニックを受診しましょう。

    それが愛犬を守ることにも繋がり、長く暮らすことができるのです。
    大切なのは、病気の早期発見と早期治療!!
    ペットオーナさんの役目なので、責任を持った対応をしましょう!!
    f1c42112a47e8960a60a629aba044d62_s

     ちょっと個性的なペコちゃん 

     愛犬のための良い獣医の見つけ方 

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    笹本 雅

    笹本 雅

    犬が好きです。小型犬でも大型犬でもとにかく犬が大好きです。これから犬種についてや豆知識や健康についてなど、幅広いワンちゃんについての情報をご提供していきます。犬好きの方にぜひとも見ていただいてご意見いただければと思います!

    関連するキーワード


    記事に関するお問い合わせはこちら


    ペットスマイル応募企画バナー専門家バナー犬ライター募集バナープレスバナーペットスマイルアプリバナーcafe