梅雨の湿気、猫はどうやって乗り切るのか?

2016.06.25

梅雨の湿気、猫はどうやって乗り切るのか?

梅雨の湿気の多い時期、人にとって不快が多い時期ですが、猫にとってはどうでしょうか?梅雨の湿気が猫にとってどのようなものか、そして、湿気に対してどのように対処していったら良いのか考えてみましょう。

focebookシャア
ツイート

sikke05

梅雨時期は、湿度も高くなり、じめじめとして過ごしにくいですよね。
人が過ごしている室内の最適な温度と湿度は、夏の時期であれば20度から24度、 湿度は45から65%と言われています。
一般的に猫は、気温22度前後、湿度40から60%ほどが快適に感じると言われています。高温多湿は猫でも不快に感じ、体への負担も大きくなります。食欲が落ちたり、活動量が落ちたりすることがあります。

湿度が高いと、猫にとって、不快なだけでなく、体調にも良くないことがあります。


湿気が高い梅雨の時期、猫にはどのような影響がある?

sikke04
体温調節がしにくくなる!

猫は人間のように、汗をかくことによって体温調節をするという事ができません。汗腺が少ないので、口や鼻から水分を蒸発させ、体温調節をしています。そのため、湿度が60%を超えるような高い湿度となると、この蒸散作用がうまく進まないので、体温調節がしっかりできなくなってしまい、猫も熱中症を起こす可能性があります。

病気にかかりやすくなる!

また、梅雨時期は、皮膚や、耳の病気やトラブルが発生しやすくなります。湿気が多いと、カビが生えやすく、細菌も発生しやすくなるからです。気温が高く湿度も上がる梅雨時は、カビにとっては絶好の繁殖条件がそろっています。
また、食べ残した餌や長時間交換しない水が痛みやすくなっています。悪くなった餌を食べれば、食中毒を起こす可能性も出てきますし、虫がわく可能性もでてきます。


猫が快適に暮らすための湿気の対策は?

一番の対策は、風通しをよくして、部屋の湿気を逃すということです。
風通しを良くする場合、大切なのは、脱走に気をつけること。網戸だけでは、いつ脱走されてもおかしくありません。網戸の内側にフェンス上の物で保護をする、天窓や高いところの換気窓を開ける、など、家の状況に応じて脱走に気をつけながら換気をしましょう。

もっとも気をつけなければならないのは、猫が留守番している時の湿気対策です。
梅雨時期は、気温がそれほど高くならないと思って油断をしていると、太陽光が当たる部屋や、閉めきった室内は、非常に高温で湿気が多い状態になってしまうことがあります。留守中に猫が熱中症を起こさないために、猫が脱走しないように気をつけながら風通しをよくする、カーテンを引いたりして直射日光が当たらないようにする、猫が自分で快適な場所を選んで動けるようにする、などの対策をしてください。

エアコンは、猫にとって良いとは言えない場合が多いですが、熱中症対策としては、使用したほうがいい時もあります。除湿機能を使ったり、ドライにして直接風が猫に当たらないように上むきにしたりすると良いでしょう。

–普段からできる湿気対策!–

sikke01

やはり換気をするのがいちばん効果的で、手軽です。湿気を含んだ空気は、湿度が高い方から低い方へと流れていくので、低いところの空気を流す事が重要になります。
一部屋でも、窓を両側から開けるなどして、二箇所の空気が抜ける場所を作ると、空気の通り道ができますので、換気がしっかり出来るでしょう。
猫が入りがちな押入れも、両側を開けて、風通しを良くしましょう。その時は、扇風機を使うとより効率よく出来ます。

–猫用ベッドや毛布を湿気から守る!–

sikke02

湿気が高くなると、布団や毛布などはダニが発生しやすくなるので、しっかり対策をしたいものです。猫用のベッド、マット、毛布など、天日で干すと良いでしょう。
しかし、梅雨時期には天日で干せない日も多く出てきます。その時は、毛布やマットの下に新聞紙を敷いて湿気をとる、低めのスノコ等の上に置くなどすると良いでしょう。

–猫トイレの湿気対策をする!–

sikke03

猫トイレは湿気がこもりやすく、ニオイも発生しやすく、雑菌も発生しやすいので、風通しの良い場所におきましょう。梅雨の湿気がこもる時期は、固まるタイプの猫砂を使っていると、猫砂が空気中の水分を含んでしまい、おしっこの固まりが悪くなることがあります。
猫砂を選ぶときに、除湿剤のシリカゲルが入ったものが市販されています。また、トイレの下にペットシーツや新聞紙を敷いて湿気を取り、普段も湿気がこもらないようにしましょう。トイレの砂もこまめに変えましょう。

梅雨時期は湿気対策を普段からすることで、いろいろな不快をあまり感じないように出来ます。人も猫も快適に過ごせるように、梅雨の湿気を乗り切りましょう。

focebookシャア
ツイート

– おすすめ記事 –

・緊急事態!!猫の怪我応急処置
・猫にとって、いいトイレの環境を整えよう!
・雨の日は猫がよく寝る。
・ストレスのせい?猫の異常行動


 梅雨の季節!気をつけたい猫の病気



 猫が顔を洗うと雨が降る?〜梅雨の湿気と猫の行動


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ねこちん

ねこちん

ひろった猫たち、トータル5匹と暮らしています。猫の写真を撮り、猫のイラストを描くのが好きです。

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら