【猫裏技】猫ちゃんと動物病院へ行くのがとっても楽になる「ちょっとした」技をご紹介します

2018.06.26

【猫裏技】猫ちゃんと動物病院へ行くのがとっても楽になる「ちょっとした」技をご紹介します

体調不良のときはもちろん、予防接種などで必ずお世話になるのが動物病院。でも、動物病院が嫌いな猫ちゃんって多いですよね。今回は、猫ちゃんを動物病院に連れていきやすくなる裏技をご紹介します。

focebookシャア
ツイート

どうして猫ちゃんは動物病院が苦手なの?

猫,動物病院,通院

猫ちゃんの性格にもよりますが、動物病院が苦手という猫ちゃんは多いです。これは、子猫のときの「予防接種」のトラウマが尾を引いている場合も多いです。

「動物病院はほかの動物のニオイがするし、知らない人がいっぱいいるし、白衣の人に体を触られて、痛いことをされる」恐らく、動物病院が苦手な猫ちゃんは、このようなことを考えているのではないでしょうか。

まず、「動物病院=必ずしも痛いことをするわけではない」ということを教えてあげることも大切です。

最近の動物病院は、キャットフードの選び方など栄養学の相談などにのってくれるところも多いです。予防接種や「具合が悪い」ときだけではなく、単純に「慣れさせる」ために、子猫の頃から定期的に通うことをオススメします。体重測定や健康診断などで、気軽に動物病院に足を運ぶようにしましょう。

シニアキャットは腎臓などを患う子も多く、定期的な通院が必要になることが多いです。通院がストレスにならないよう、おうちの近くに、気軽に相談できるホームドクターを作っておくことをオススメします。


猫ちゃんを動物病院へ連れていくキャリーは常にお部屋の中に出しておきましょう

猫,動物病院,通院

猫ちゃんを動物病院に連れて行かねば!とキャリーを取り出したところ、猫ちゃんが部屋のどこかに隠れてしまった!というのが「猫あるある」です。

ペットオーナー様は気付かないかもしれませんが、「動物病院へ猫を連れて行く日」はペットオーナー様の全身に緊張感がみなぎっています。いつもと違う様子のペットオーナー様が、いつもはあまり見かけないキャリーを手に取った瞬間、頭がいい猫ちゃんは「動物病院に連れて行かれる!」と察してしまうのです。

猫ちゃんを動物病院へ連れて行くキャリーは、常にリビングに出しっぱなしにして、猫ちゃんのハウス代わりに使いましょう。肩掛けのヒモを外せるタイプのキャリーなら、不慮の事故が起きる心配もありません。
猫ちゃんがキャリーに入ってくつろいでいたら、おやつをあげて「この中にいるといいことがある」と印象付けてください。


猫ちゃんのキャリーは上開きもできるソフト素材のバッグがオススメです!

クレートに入れて動物病院に連れて行ってクレートのドアを開けたら、奥のほうに猫ちゃんが縮こまってしまって出てこない……。手を入れたら引っ掻かれてしまった!というお悩みもよく伺います。

こんなとき、上からも開けることができるキャリーだと、猫ちゃんを診察台の上に出しやすいです。筆者は、上開きできるキャリーをオススメしています。
クレートは固さと冷たい底面が苦手という猫ちゃんも多いので、ソフトな素材でできているキャリーのほうが無難でしょう。

猫ちゃんのペットオーナー様からとても評判がいいのが、以下で紹介するキャリーです。

◆ねこるん リラックスキャリー猫の穴

ねこるん リラックスキャリー猫の穴

ソフトな素材でできていて、出口がバックの側面に2つ、上にひとつあります。

ワザあり!なのが、バッグの側面に空いている直径約15cmの丸い出入り口。ここをいつも全開にしてリビングに置いておけば、猫ちゃんは「くつろげる場所」と認識して中に入ってくれます。
「うちの猫ちゃんには穴が狭いかも?」と心配になるかもしれませんが、大丈夫!猫ちゃんはちょっと狭いくらいの入り口のほうが、中に入りたいという欲がわくのです。

付属の「やわらかいもみふみクッション」も、常にキャリーの中に入れておいて、猫ちゃんのニオイをつけましょう。自分のニオイがする場所なら、猫ちゃんはどこでも多少は安心できます。丸い穴につけるカバーは完全に取り外せます。なくさないように、バッグ横のポケットに入れておきましょう。

また、通院に便利なバッグインメッシュキャリーも付いているので、脱走が心配な猫ちゃんの場合はこのメッシュキャリーに猫ちゃんを入れてからリラックスキャリーに入れましょう。

猫ちゃんの生態をよく研究した、素晴らしいバッグだと思います。底板を取り外せば丸洗いもできるから、汚れても安心です。

購入


◆猫くるりんバッグ通院ネット付き

猫くるりんバッグ通院ネット付き

クッション付きで柔らかく、上開きができます。肩掛けのヒモを外し、上を開いた状態でリビングに置いておきましょう。猫ちゃんが入ってくつろいでいたら、おやつをあげてください。

こちらも通院ネットが付いています。診察時はもちろん、爪を切るときも便利ですよ!通院ネットを入れるポケットが本体のキャリーにあるのも便利です。

メッシュの通気口が2カ所にあるので、通気性がいいのも素晴らしいです!

購入


◆猫ちゃん用楽らくネット

猫ちゃん用楽らくネット

すでにキャリーやクレートを持っている方にオススメなのが、猫ちゃん用楽らくネットです。ネットの中に猫ちゃんを入れて、ヒモをしぼると猫ちゃんはおとなしくなります。

購入



通院用のネットに猫ちゃんを慣れさせるには?

通院用のネットにも、日頃から猫ちゃんに慣れておいてもらいましょう。オススメは、「猫ちゃんつかまえたごっこ」です。

①オモチャやおやつを使ってネットにさわらせる

猫ちゃんのお気に入りのオモチャで気を引きながら、ネットにさわらせます。ネットにさわってくれたら、お気に入りのおやつをあげてください。

1週間ほど、「ネットにさわったらおやつをあげる」を繰り返すと、猫ちゃんはネットを「いいもの」と認識しはじめます。

②おしりの方からネットをかぶせる

猫ちゃんがネットになれてきたら、猫ちゃんとお気に入りのおもちゃで遊んでいるときに、おしりの方からそっとネットをかぶせます。猫ちゃんが大人しく入ってくれたら、お気に入りのおやつをあげてください。

このとき、ネットの口をしばらず、すぐに解放してあげるのがコツです。これも1週間ほど繰り返します。

③そっとネットの口を縛る

猫ちゃんが「ネットをかぶるとおやつがもらえる」と認識しはじめたら、そっとネットの口を縛ってみてください。このとき、暴れないようなら大成功です。ほめておやつをあげてください。

この後も、ときどきは「ネットをかぶせて口を縛り、じっとしていたらおやつをあげる」という遊びをしてください。遊びの一環だと印象付けることで、ネットに入れるのがぐっと楽になります。

◆暴れる場合…

ネットの口を縛ると暴れるようなら、もう1週間ほどネットの口をしばらず、すぐに解放してあげる遊びを繰り返します。あくまでも遊びの一環なので、猫ちゃんが暴れるようでもあまりあせらず、ゆったりした気持ちで行うのがコツです。


動物病院の獣医師さんからおやつをあげてもらうのも効果的

動物病院の先生がどうしても苦手なようなら、先生と相談して、先生からおやつをあげてもらうのも効果的です。オススメは、パッと出せるおやつです。

◆焼かつおパッと開けられるクランキー

焼かつおパッと開けられるクランキー

ぱっと開けられるうえにかつおが香ばしく、おいしいので猫ちゃんも大喜びです。使い切りタイプなのもうれしいところ。

購入


◆コンボキャット サーモンスティック

コンボキャット サーモンスティック

北大西洋産のアトランティックサーモンを使っているので、グルメな猫ちゃんも大喜び。1本ずつの個包装で、長持ちするのも魅力です。

購入




– おすすめ記事 –

・猫に優しい動物病院「キャットフレンドリークリニック」って知ってる?
・猫の健康診断の料金・項目は?受ける頻度や必要な理由について解説!
・キャリーバッグを嫌がる猫の対策!上手な入れ方・おすすめのキャリーバッグ6選をご紹介
・大切な猫ちゃんの健康管理のために。病院嫌いを克服するコツは?


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
石原美紀子

石原美紀子

青山学院大学卒業後、出版社勤務を経て独立。犬の訓練をドッグトレーニングサロンで学びながら、愛玩動物飼養管理士1級、ペット栄養管理士の資格を取得。著書に「ドッグ・セレクションベスト200」、「室内犬の気持ちがわかる本」(ともに日本文芸社)、「犬からの素敵な贈りもの」(出版社:インフォレスト) など。愛犬はトイ・プードルとオーストラリアン・ラブラドゥードル。

関連するキーワード