映画「旅猫リポート」東京国際映画祭に福士蒼汰やナナらが登場。仲睦まじい姿と可愛さに虜になる人続出

2018.10.26

映画「旅猫リポート」東京国際映画祭に福士蒼汰やナナらが登場。仲睦まじい姿と可愛さに虜になる人続出

第31回東京国際映画祭に福士蒼汰、ナナ(猫)、広瀬アリス、三木康一郎監督が登壇しました。猫がレッドカーペットに登場するのは映画祭初のことでしたが、少々緊張しながらも福士さんに抱きかかえられて可愛さ全開のナナに一般の方だけでなく取材陣までもがメロメロになる一幕も…

focebookシャア
ツイート

映画上映後、舞台挨拶が行われました。涙をぬぐうお客様の姿もある中、主演の福士蒼汰は「今日は上映後ということで、(会場のお客様を見渡し)皆さんのお顔を見るとそれぞれいろんなことを考えていらっしゃるのかなと思います。」と話し、続けて本作を手掛けた三木康一郎監督も「本日は集まっていただきありがとうございます。映画いかがだったでしょうか?」とお客様の様子を伺うと、客席からは拍手喝采となりました。

★
©2018「旅猫リポート」製作委員会 ©有川浩/講談社

旅猫リポートは東京国際映画祭だけではなく、カナダのファンタジア映画祭での上映や、現在7ヵ国での配給も決定しており、海外にも広がっている上映。そんな状況を三木監督は「猫の人気が世界的なんだなと思いました。世界中の人が猫が好きなんですね。」と話しました。

そして、猫好きな心優しい青年を演じた福士さんは、「悟はとても穏やかで優しい青年なので、その優しさは何で何だろうと考えていくうちに、ただ優しいだけじゃなくて、彼の持っているネガティブな心がポジティブに変わっていく、そんな彼の心情を意識して演じました。人とある一定の距離を取ってしまう彼にとって、ナナだけは心から信頼できる存在、そんな気持ちも大切にしていました。監督からも『福士くんのままでいいから』と言ってもらえたので、僕自身の中にある悟に共感できる部分も意識して演じていました。」と話し、三木監督も「すごいちゃんと考えてくれてたんだね。ありがとうございます。」と福士さんの演技を改めて振り返りました。

DO4Q5733
©2018「旅猫リポート」製作委員会 ©有川浩/講談社

また、本作で有川浩さん原作の映画で監督を務めるのは二本目であった三木監督は「猫を撮影するということが初めてだったんですが、有川先生からは、猫の気持ちを何よりも優先して撮影を行ってくださいと言われていました。なのでナナが嫌そうだったら撮影も中断。作品もナナ中心に描かれているので、ナナが映画を観る人の心をしっかりつかむことができる表情なのか、撮影中はナナの顔をずっと見てました。」と、有川さんのナナ愛を明かしつつ、自身が作品に込めた想いも語りました。

1
©2018「旅猫リポート」製作委員会 ©有川浩/講談社

また、オープニングイベントのレッドカーペットに登場予定の福士さんは「猫がレッドカーペットを歩くのは初めてらしくて、放し飼いで歩かせてみたいですけどね(笑)。なかなかない機会をいただけたと思うので、特別な時間を1秒1秒感じてしっかり歩きたいです。」と、その意気込みを明かしました。

大勢の人で溢れた六本木ヒルズアリーナに、オープニングイベントとしてレッドカーペットが敷かれ、映画祭に出品・招待される作品のキャスト・スタッフが続々と登場しました。

ほどなくして、けやき坂通りに停められた車より、悟を演じた福士蒼汰、杉千佳子を演じた広瀬アリス、そして三木康一郎監督が登場すると、場内は歓声に包まれました。ステージまで上がり、フォトセッションブース等を通った後に、本作の主演猫であるナナもサウンドバイツエリアから参加!福士に抱きかかえられたり、お利口に座って待つ姿に、観客のみならず、マスコミからも「かわいい…!」の声が漏れました。

DO4Q5939
©2018「旅猫リポート」製作委員会 ©有川浩/講談社

東京国際映画祭公式インタビューの部分では、福士は自身が演じた悟という役柄に対して「悟はとてもやさしい人物で、自分自身も猫が大好きなので、猫に対してや動物に対する接し方は、自分自身を反映させた部分が多いです」と語りました。男気のある杉千佳子役を演じた広瀬は「福士さんと大野拓朗さんと3人のシーンが多かったのですが、千佳子が2人を引っ張っていた部分が多かったです。自分自身も男っぽい部分があるので、自分と似てるなと思いながら演じていました」と話しました。

レッドカーペットを歩き終えた福士は、ナナについて「大勢の人がいたので、緊張している素振りもあったが元気でした」と話しました。また、初めての東京国際映画祭のレッドカーペットについても「(レッドカーペットでのインタビューやスチール撮影が)意外と長くてびっくりしましたが、初めての東京国際映画祭のレッドカーペットはとても楽しめました!」と愉しそうに語り、レッドカーペットを後にしました。

『旅猫リポート』
10月26日(金)全国ロードショー

【STORY】
ナナ(声:高畑充希)は人間との馴れ合いを嫌う誇り高き元野良猫。5年前、交通事故にあったところを心優しき猫好きの青年・悟(福士蒼汰)に助けられ、それ以来、悟の猫として幸せにくらしてきた。しかし、ある事情でナナを手放さなければならなくなった悟は、新しい飼い主を探すため、ナナと一緒に旅に出る。1人と1匹の旅の行方は―。

原作:有川浩 『旅猫リポート』(講談社文庫)
出演:福士蒼汰、高畑充希(声の出演)、ナナ
   広瀬アリス、大野拓朗、山本涼介
   前野朋哉 田口翔大 二宮慶多 中村靖日/戸田菜穂
   橋本じゅん 木村多江 田中壮太郎 笛木優子
   竹内結子
監督:三木康一郎 脚本:有川浩 平松恵美子 音楽:コトリンゴ
企画・配給:松竹
公式HP:http://tabineko-movie.jp/
公式twitter:https://twitter.com/tabineko_movie
ナナのInstagram:https://www.instagram.com/nana_tabineko/

【旅猫リポート情報一覧】
おじさまと猫 第1話 「おじさまと猫」

福士蒼汰や猫のナナ、高畑充希など豪華出演陣らが登壇し、映画の見所や撮影秘話などを語りました。最後には主演の福士から公開を楽しみにしているみなさんへのメッセージも届いています。

こちらで読めます


おじさまと猫 第1話 「おじさまと猫」

猫の行動心理学の専門家である猫学者・高野八重子を特別講師にお迎えし、主演を務めた福士蒼汰と共演の前野朋哉が猫の深層心理や猫語、主演猫ナナの撮影時の心理について学びました。

こちらで読めます


おじさまと猫 第1話 「おじさまと猫」

2012年の発売以来、有川浩作品の中でも1,2を争うほど評価が高く数多くメディアミックス展開された「旅猫リポート」が福士蒼汰主演で実写映画化となりました。

こちらで読めます


おじさまと猫 第1話 「おじさまと猫」

和やかな雰囲気が伝わる福士・竹内・ナナの3ショット写真だけではなく、出演者からのメッセージもお届けします。

こちらで読めます


おじさまと猫 第1話 「おじさまと猫」

追加キャストの発表があり豪華出演陣からのコメントも届きました。本作において、主人公悟の過去を知る非常に重要な役どころとなっている出演陣らに要注目です。

こちらで読めます


おじさまと猫 第1話 「おじさまと猫」

第22回ファンタジア国際映画祭にてワールドプレミア上映が決定!主演の福士蒼汰は映画祭の出品に喜び、映画への想いを語りました。

こちらで読めます


– おすすめ記事 –

・自分が猫になるなら…出演陣、監督らの回答に会場が湧く!映画「猫は抱くもの」完成披露舞台挨拶
・【映画「猫忍」完成披露】大野拓朗と船越英一郎が語る、映画秘話&”父上役”の猫への溺愛っぷりがすごい!
・人気漫画が映画化!映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』2019年春 全国ロードショー
・「ペット」より可愛く「テッド」より笑える!?ニャンだふる映画「メン・イン・キャット」


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
阪本 恵奈

阪本 恵奈

お散歩嫌いで弱虫、食べることと寝ることが大好きな10才のチワワとのんびり楽しく暮らしています。マイペースで自由気ままなワンちゃんとの様子、情報を伝えていきたいと思います!!他にも小動物が好きで、インコ・ハムスター・ウズラなどさまざまな子たちと暮らして来た、動物大好き阪本です☆

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら