猫と結婚したい…夢を叶えた人々のエピソード3選!本当に猫と結婚できる?

2019.02.02

猫と結婚したい…夢を叶えた人々のエピソード3選!本当に猫と結婚できる?

「猫が好きすぎて、猫と結婚したい」という人が実際にいるようです。猫は確かに人間との大切なパートナーになりますが、結婚相手としても選ばれることがあるのです。猫と暮らすことはもちろん可能ですが、猫と結婚することは法的にできるものなのでしょうか? 実際に猫と結婚した、という人々のエピソードをご紹介します。また、猫を飼っている人はなかなか結婚できない、という都市伝説のようなものを耳にします。猫を飼っていることと結婚できないことについても考察してみます。

focebookシャア
ツイート

猫と結婚した人々のエピソード

猫のことを愛しすぎて、猫と結婚してしまった、という人々についてご紹介します。

この場合の結婚は、自分で猫と結婚したと宣言し結婚式をあげたり、法的ではありませんが結婚証明書を貰ったりしているエピソードです。

◆猫2匹と結婚した女性

2472B46600000578-0-image-a-1_1420544894477

スペインに住んでいるウェブデザイナーのバーバレラ(Barbarella Buchner)さん(48歳)は、なんと猫2匹と結婚しているそうです。

2匹の猫の名前はスパイダー(Spider)ルゴシ(Lugosi)で、トラ柄の兄弟猫。この2匹とは、2000年3月にイースト・ロンドンのアニマルシェルターで出会って一目惚れしたそうで、結婚したのは2004年だということです。

2472B6EB00000578-0-image-m-12_1420544967691

バーバレラさんは、猫と暮らし始めてから、猫との愛情を何か形のあるものにしたいと思い、marryyourpet.comというサイトを見つけました。このサイトでは、法的な効果はなくても、猫だけではなく動物と結婚したいという人に、結婚の証明書を発行してくれるようです。

結婚証明書の日付は2004年1月9日付で、marryyourpet.comにオンラインで申請できるようですよ。

バーバレラさんは、以前は人間の男性とお付き合いをしていましたが、結婚したいとは思わず、お別れをしてしまったとのこと。何年もお付き合いした男性との別れはとてもつらかったそうですが、そんな時に保護施設で出会い、なついてきたのがスパイダーとルゴシだったのです。

猫2匹との暮らしは、人間の男性との別れを癒してくれて、さらに毎日をとても幸せにしてくれているそうです。

2472B5F800000578-0-image-a-9_1420544952456

バーバレラさんの右足には、2匹の猫のイニシャルであるSとLがタトゥーでかわいく刻まれています。

バーバレラさんは自らを「Mad Cat Lady」と称していますが、本人が幸せであれば、他の誰にも批判されることはないはずと語っています。人間と暮らした時には感じなかったような幸せを、スパイダーとルゴシとの結婚生活では感じているとのこと。

猫と結婚したバーバレラさんの幸せそうな様子は、彼女が運営するサイト(https://www.themadcatlady.com)で見ることができます。

◆猫と結婚式をあげたドイツの男性

ドイツのウーヴェ(Uwe Mitzscherlich)さん(39歳)は、2010年に、10年一緒に暮らしている15歳のメスの黒白猫セシリア(Cecilia)と結婚式をあげました。

ウーヴェさんがセシリアと出会ったのは、バルト海にあるリゾート地での休暇を楽しんでいる時だったそうです。

セシリアと出会ってから、ずっと一緒に寝ているというウーヴェさんは「僕たちのように仲の良いカップルはめったにいないんじゃないかな」と語っています。

セシリアは15歳と高齢になり、太り気味であり、喘息の持病があることから、余命は長く無いと獣医さんから伝えられたとのこと。それならば、セシリアと一緒にいられるうちに結婚したいとウーヴェさんは思ったそうです。

ドイツではもちろん動物との結婚は認められていませんが、ウーヴェさんはセシリアとの結婚式をあげることにしました。

結婚式の司会者にはドイツの有名な女優のChristin-Maria Lohriさんを雇って、立会人にはウーヴェさんの双子の兄であるエリックさんになってもらい、結婚式を執り行いました。

結婚式ではウーヴェさんはシルクハットにタキシードを着て、セシリアには白の小さなウェディングドレスを着せて、2人とも(1人と1匹)はきちんと正装しています。

結婚行進曲や誓いの言葉やキス、ケーキのファーストバイトなど、しっかりとした結婚式が行われています。

このウーヴェさんの結婚式の様子は、ドイツのニュースでも取り上げられました。

◆猫と結婚していた女性が犬と再婚

2AB7C19200000578-3169488-image-a-43_1437485575275

猫と結婚して8年過ごしていたオランダの女性ドミニク(Dominique Lesbirel)さん(41歳)は、猫と死別した後、犬と結婚したということです。

ドゥーラック(Doerack)という名前の猫とは、結婚前も含めて16年一緒に暮らしていたそうですが、腎不全で死んでしまったそうです。

その後ドミニクさんはギリシャのビーチで過ごしている時に、迷い犬であったトラヴィス(Travis)と出会いました。ドミニクさんは毎日トラヴィスに食べ物や水を与え、最初は警戒していたトラヴィスも心を許すようになったとのこと。

インターネット上でも、猫と結婚し、さらに犬と結婚するというドミニクさんのことは話題になりました。

猫と結婚していて、次にも人間でなく犬と結婚するというドミニクさんですが、とても幸せであり、友人たちを読んで結婚披露宴を行う予定だそうです。

ドミニクさんは、marryyourpet.comのサイトでトラヴィスとの結婚証明書を貰うことになっています。


猫と結婚することはできる?

結婚のイメージ

◆法的には猫とは結婚できない

猫と結婚することは法的にできるのかというと、日本では認められていません。

海外でも、基本的には法的に認められている国はほぼないと考えられます。しかし、州ごとに法律が違う国もありますし、世界は広いので、もしかしたら法律的に認められるところもあるかも知れません。

実際に海外では、猫との結婚が法的には認められなくても、動物との結婚を認める団体から証明書をもらったという事実もあります。

例えば、インドでは、宗教的な意味合い、儀式的なものとして、動物との結婚が認められたり、むしろ勧められたりすることもあるようです。

ただし、この場合は人間との婚姻関係のように暮らす必要はなく、その後人間と結婚してもかまわないとされています。

◆猫と結婚したい人々は世界中に!

たとえ法律的に認められていなくても、猫を愛していて、人間同士の結婚よりも猫と結婚したい、という人は世界中にいるようです。

実際に法的には結婚ができなくても、猫と結婚式をあげて、一緒に暮らす、ということはできます。自分で「猫と結婚しているのだ」と宣言することは自由と言えるかも知れませんね。

家族が祝福してくれるか、人間の恋人ができた時にはどうするか、などの問題は起こりそうですが・・・。


猫を飼うと結婚できないって本当?

猫と男性

◆猫を飼うと結婚できない理由

噂やよくある話として、猫を飼うと結婚できないと言われていますが、これは本当でしょうか?

猫を飼っていると結婚できないと言われる理由について、考えられるものをあげてみます。

・猫の世話をするため結婚できない

猫を飼うと、人間の子供が一人いると同じくらい、お世話をする必要がでてきます。

食事の世話、掃除、病院、一緒に過ごすなど、時間もお金も使います。餌や水、トイレの世話などをしなければ、猫は健康に生きていけません。

猫と暮らしていると、猫の世話をすることで時間が費やされることで、恋人を探す時間が作れないということが理由として考えられます。

・猫が大切で結婚できない

猫を飼うと、恋人よりも猫を大切にするあまり、結婚できないということがあります。

猫と暮らすには、ただ餌をあげてトイレの世話をしておけば良いといったものではなく、愛情を注いであげることも大切です。

恋人ができても、猫のほうに気持ちがいってしまうと、なかなか結婚できないといったことになってしまいます。

・相手と猫に対する考えの違いで結婚できない

猫を飼っている人が結婚しようとする時、もし相手が猫嫌いであれば、一緒に暮らすことが難しくなり、結婚できなくなってしまうこともあります。

結婚しても猫と一緒に暮らしたいという人と、猫とは暮らしたくないという人同士の結婚は、どちらの意見をとるのか、またはどのように解決するのかといった問題が起こります。

どちらかが妥協したり、受け入れたりできなければ、結婚はできなかったり、結婚しても長く続かなかったりすることがあると考えられます。

・猫との暮らしに満足して結婚できない

猫と暮らしていると、結婚する必要がない、と感じた人は結婚できなくなってしまうと考えられます。

猫は人間のように意見を言ったり、文句を言ったりしません。猫と暮らしていることで癒されてしまって、恋人とのやりとりを煩わしく感じてしまうようになれば、結婚することは難しくなると考えられます。

◆結婚しない人が猫を飼う?

猫を飼うと結婚できない、というわけではなく、結婚しなかったので猫を飼っている、ということも、1つの説として考えられるのではないでしょうか?

なかなか結婚相手が見つからず、寂しい思いをしている人が、ペット(猫)を飼おうかなと思うことも多いと考えられます。実際に猫を飼い始めると、寂しさは満たされますし、お世話をすることで暇を持て余すことも減り、結婚しなければという気持ちが薄れることもあるでしょう。

その結果、結婚しないで猫と暮らす、ということになり、猫を飼っているから結婚しないのだと判断されるのではないでしょうか。

◆猫を飼っていても結婚できる

猫を飼っていても結婚相手を見つけることはできます。

実際に、猫を飼っていて結婚し、結婚相手と猫とも仲良く暮らしている人もたくさんいます。猫好き同士であればもちろんうまくいく可能性も高く、猫がきっかけで出会って結婚した人もいることでしょう。

猫を飼ったから結婚できないとか、猫を飼うと結婚をあきらめた、と判断する必要は全くないということですね。


猫と結婚についてのまとめ

猫と結婚する、ということは、法律で認められているわけではありません。しかし、猫が好きで結婚したいくらいだ、ということは批判されることではないでしょう。

また、猫と暮らしていると、なかなか人間と結婚できないということは、確かに言われていることです。現実には必ずしもそうではありませんが、猫には結婚相手がいらないと思うほどの魅力があるとも言えますね。
猫を大切にして一緒に暮らしていくということは、猫と結婚していても、そうでなくても出来ることではないでしょうか。

猫と暮らすことも幸せですし、結婚相手を見つけて猫も一緒に暮らすということも、とても素敵なことですよね。



– おすすめ記事 –

・猫を飼うことが「婚活」に!?猫好き必見の「ねこんかつ」をご紹介!
・【いい夫婦の日】ペットが夫婦仲に大きな影響を与える!?夫婦でペットを飼う時のルールとは?
・【猫島3選】青島・田代島・江の島の魅力、行き方は?猫好きなら1度は行ってみたい!
・あなたは大丈夫?知らずに陥る猫依存症


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ねこちん

ねこちん

ひろった猫たち、トータル5匹と暮らしています。猫の写真を撮り、猫のイラストを描くのが好きです。

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら