「saya」の記事一覧

  • 雨の日の野良猫は一体どこで何を!?雨でも快適な過ごし方と場所について

    雨の日の野良猫は一体どこで何を!?雨でも快適な過ごし方と場所について

    野良猫はどのようにして雨の日を過ごしているのでしょうか?皆さんが家の近くで見かける野良猫は、晴れた日は人間の前に顔を出し、たまには餌をもらったりする事もあるでしょう。でも、雨が降ると見つからない事が多く、お気に入りの野良猫ちゃんがどうしているか心配になる方もいるかもしれません。 野良猫の雨の日の過ごし方と雨の日にいる場所、野良猫のためにできることについてご紹介します。

    続きを読む

    saya

    2019.05.20

  • 【海外】側溝に落ちてしまった5匹の子猫・・・通りすがりの人々と獣医さんによる奇跡の救出劇!

    【海外】側溝に落ちてしまった5匹の子猫・・・通りすがりの人々と獣医さんによる奇跡の救出劇!

    猫は一度にたくさんの子猫を産みます。平均すると、一度の出産で3~5匹の子猫が生まれるそうです。野良猫のほとんどは避妊・去勢手術をされないままなので、皆さんが知らないうちにたくさんの子猫が生まれていて、野良で生まれても、ほとんどの子猫たちは生き延びることが出来ないかもしれません。野良猫の殺処分ゼロを目指していて頑張っている団体がたくさんありますが、野良で生まれた子猫が救われる機会は限られています。アメリカには獣医さんたちで猫を救おうとしている団体があります。獣医さんたちや他のたくさんの方のおかげで、側溝に落ちてしまって逃げ出せない子猫たちが救われました。

    続きを読む

    saya

    2016.10.27

  • 【海外】【ほっこり】離れ離れになった2匹の仲良しな保護猫、やさしい女性のおかげで再会をはたす!2匹の反応は・・・?

    【海外】【ほっこり】離れ離れになった2匹の仲良しな保護猫、やさしい女性のおかげで再会をはたす!2匹の反応は・・・?

    毎年、たくさんの猫たちが野良猫保護施設に収容されます。いったん飼い猫にしたものの途中で飼えなくなって野良になったり、野良で生まれた子猫たちは放っておくと保健所に連れて行かれて殺処分になってしまうかもしれません。猫たちを殺処分させないために、たくさんの施設で職員が働いています。今回取り上げたのは、施設に保護された2匹の猫たちの物語です。2匹は施設で暮らすうちにとても仲良くなりましたが、1匹だけが養子としてもらわれていきました。2匹のうちの1匹は11歳、もう1匹は16歳でした。どちらも老猫と言えるかもしれませんが、飼い主としては若いほうを選ぶのが当然かもしれません。兄弟のように仲良く暮らしていた2匹は、両方とも悲しい思いをしていたのでしょうか。

    続きを読む

    saya

    2016.10.24

  • 【海外】【感動】インスタで大人気のハサミみたいな手を持つ猫のロブスターくん。飼い主さんとの素敵な出逢いの秘話をご紹介

    【海外】【感動】インスタで大人気のハサミみたいな手を持つ猫のロブスターくん。飼い主さんとの素敵な出逢いの秘話をご紹介

    最近、パラリンピックが行われました。パラリンピックを観て、人間の無限の可能性を感じた方も多いのではないでしょうか。猫の中にも人間のように、障害を負った子がたくさんいます。腕や足を怪我していたり、尻尾がなかったり・・・でも、残念なことに保護施設で保護された猫でも、病気や障害があるとなかなかイエネコとして貰い手がありません。保護施設で猫ももらおうとした経験がある方もいるかもしれませんが、施設の方から病気や障害の内容をきくとためらってしまうのではないでしょうか。今回ご紹介するのは、前肢が変わった形をした猫です。呼吸をすることもままならない猫が、人間たちに救われて、イエネコとしてもらわれていきました!

    続きを読む

    saya

    2016.10.23

  • 【海外】【びっくり】アメリカの保護施設にやってきた母猫と6匹の子猫→驚きの姿をしていた!?

    【海外】【びっくり】アメリカの保護施設にやってきた母猫と6匹の子猫→驚きの姿をしていた!?

    野良猫保護施設にはたくさんの猫たちがやってきます。保護施設から猫をもらってきた方も多いかもしれません。可愛いから猫を飼う人もたくさんいますが、最後まで面倒を見ることが出来ないで捨ててしまう場合もあります。野良猫の殺処分に反対して、どうにか猫たちを救いたいと活動している施設がたくさんあるでしょう。猫の保護施設で働いているスタッフの方々は、たくさんの猫を見てきています。施設スタッフは猫を保護しても、特別な猫を見る機会はなかなかないかもしれません。今回ご紹介するのは、施設にやって来た特別な猫たちの話です。母猫と、その遺伝子を引き継いでいる子猫たちには、他の猫たちにはない特徴がありました!

    続きを読む

    saya

    2016.10.18

  • 【海外】【奇跡の出会い】走ってくる迷子の子猫を拾い上げる→子猫の顔や体にはインクの跡が・・・

    【海外】【奇跡の出会い】走ってくる迷子の子猫を拾い上げる→子猫の顔や体にはインクの跡が・・・

    猫が虐待されたというニュースは、皆さんもよく耳にするのではないでしょうか。猫好きにとっては、人間が猫を虐待するのは許せない行為です。今回ご紹介するのは、子猫のときに顔に緑のインクをかけられてしまった猫です。子猫は死にそうになりながらも、必死に人間に助けを求めました。虐待を受けてしまった猫は、飼い猫になっても心の傷を引きずってしまうことが多いかもしれません。でも、この子猫は優しい飼い主さんのおかげで、人間との信頼関係を取り戻すことができました!拾われた猫が幸せだと思う方が多いかもしれませんが、猫の癒しのおかげで拾った飼い主さんが出会いに感謝することもあるのではないでしょうか。 

    続きを読む

    saya

    2016.10.15

  • 【海外】【感動】飼い主に見捨てられてしまった白ネコがネット住人と獣医さんに救われる!しかしネット上では批判も・・・

    【海外】【感動】飼い主に見捨てられてしまった白ネコがネット住人と獣医さんに救われる!しかしネット上では批判も・・・

    猫が病気になったとき、獣医さんにかかるとたくさんのお金がかかってしまいます。家で飼っている猫が病気になって、何十万円か支払った経験がある方もいるかもしれません。猫を飼っている方は猫が病気になった場合のお金を用意しているかもしれません。でも、今回ご紹介する猫の飼い主は、猫が病気になっているにもかかわらず、治療するためのお金がありませんでした。可哀想な白ネコは、もしかしたら安楽死させられていたかもしれません。飼い主が治療費を払えないために死にかけている猫がいると知って、助けようとしてくれたメンバー達がいます。猫はいったん命を諦められましたが、獣医さんのおかげで病気を治して元気になることができました。

    続きを読む

    saya

    2016.10.13

  • 【海外】ギネス記録を持つ猫!?世界一大きいメインクーンのルード―と小さな弟たちの絆が微笑ましい

    【海外】ギネス記録を持つ猫!?世界一大きいメインクーンのルード―と小さな弟たちの絆が微笑ましい

    メインクーンは猫の中でもとても大きな猫種だというのは有名かもしれません。ギネス記録で大きい猫として、何年も連続して更新されているのはご存知でしょうか?!イギリスで暮らしているルードーは、ギネス記録を更新したメインクーンとして有名です。イエネコの中では、体長が世界一です!子猫の頃からとても大きい猫でした。ルードーは大きいだけではなく、人間や他の猫を優しく見守る猫としても有名です。人間の弟たちが危険な目に遭わないように、一日中見守っています。ルードーと一緒に暮らしている人間の弟たちの間には、特別な絆が築かれているようです。

    続きを読む

    saya

    2016.10.11

  • 【海外】「ねーねーかまってかまってかまって!」アピールがすごすぎてなかなか飼い主が見つからない残念な保護猫

    【海外】「ねーねーかまってかまってかまって!」アピールがすごすぎてなかなか飼い主が見つからない残念な保護猫

    施設にいる猫ちゃんがなかなか引き取られず残ってしまうのは、人見知りしたり病気を持っていたりする場合が多いのではないでしょうか?もし皆さんが保護施設の猫をもらうことになったら、性格が良くて病気がない猫を選ぼうとするかもしれません。保護施設の猫の中で猫がもらわれることなく、ずっと飼い主さんが見つからないのは、シャイな性格の場合が多いようです。でも、今回ご紹介するのは、人間に対して積極的すぎて飼い主さんが見つからない猫ちゃんです。飼い主さんは普通、猫が構ってほしいと寄ってくると、喜ぶことが多いですが、しつこすぎると嫌われてしまうのかも?!猫のシンバは保護施設でずっと飼い主さんを待っていますが、あまりにもオーバーリアクションのために、人間に引かれてしまうようです…。

    続きを読む

    saya

    2016.09.30

  • 【海外】ラリーVSパーマストン!イギリスの公務員猫たちの終わりなき戦い…

    【海外】ラリーVSパーマストン!イギリスの公務員猫たちの終わりなき戦い…

    和歌山県の駅で駅長を務めていた猫のたまが「たま駅長」として有名になりました。たま駅長という名前は、皆さんも一度は聞いたことがあるかもしれません。猫は人間の癒しとして飼われていますが、マスコットとして働くことも多く見かけるようになりました。イギリスでは、公務員として働く猫がいます。首相官邸では、猫のラリーが大活躍!首相官邸で公務員として勤めることで、各国の首相たちとも会う機会があり、実は安倍総理とも会ったことがあるそうです!ラリーのライバルが、やはり外務省で勤める猫のパーマストンです。公務員猫同士の2人の間では、熱いバトルが繰り返されているそうです。

    続きを読む

    saya

    2016.09.27

もっと見る


記事に関するお問い合わせはこちら