靴下猫の靴下がみんな「白い」ワケ。Twitterで話題の「ふくまる」から見る猫の毛色の不思議

2017.10.03

靴下猫の靴下がみんな「白い」ワケ。Twitterで話題の「ふくまる」から見る猫の毛色の不思議

いそうでいない、足先だけが真っ黒な「逆靴下猫」。あれ、いないんだっけ?と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。そもそも猫の毛柄ってどうやって決まるのか知っていますか?猫の毛柄の仕組みを考えながら猫の足先の秘密について学んでいきたいと思います♪

focebookシャア
ツイート

いそうでいない、逆靴下猫

Twitterで話題の猫漫画「おじさまと猫」はご存知ですか?
ふくまるという猫とおじさまの心温まる4コマ漫画なんですが、実は「ふくまる」のように足先だけが黒い猫って存在しないんです。

ふくまる2

元々猫好きだった作者の桜井海さんの「こんな猫がいたらいいな。」という想いから生まれた子であり、残念ながら架空の猫なんです。存在したら間違いなく可愛いんですけどね…。

シャム猫やヒマラヤンのように色がついた猫はいますが、体や顔などが白いのに足先だけ黒っていう子はいません。そこには猫の遺伝子的な理由があるんです。

靴下猫の靴下がみんな「白い」ワケ

ba7371e5f88b1d080871dcc55a9a6113_s

猫の模様は上からペンキをかけたように、上から段々と足の方に色や柄が入っていきます。頭と尻尾から色が段々と染まっていき、足元で模様の色素が止まった場合に「靴下猫」と呼ばれる猫が誕生します。靴下猫と言っても足先だけ白い子や付け根まで白い子がいるなど猫によってさまざまおり、基本的に足先が白い靴下を履いているように見える猫たちが「靴下猫」と呼ばれています。

昔は生存のために適したヤマネコと同じサバトラ柄がほとんどでした。それは、外敵から身を守る為であったと言われています。ですが、ペットとして可愛がられるようになると外敵から身を守る必要がなくなり、徐々に白い色の入った猫達も子孫を残すことが可能になったことから、靴下猫のような白色の猫も増えるようになっていきました。

ちょこっと豆知識「ポー」って知ってる?

「ポー」って知ってます?靴下猫の可愛さをより引き立たせてくれる猫ちゃんの体のパーツの呼び名なんですが…猫などのかぎ爪のある生き物の足先のことを言うんです。下の画像の猫たちで言うと前足は大体点線あたりの部分になります。

3140c858135d9f42bfaf3af30f146953_s

この「ポー」は英語で「paw」と読み足先を意味します。人で言う「手足」と同じ役割ですね。この「ポー」は可愛いだけではなく猫にとってなくてはならない存在となっています。主な役割として、「体を支える・物を掴む・物をすくう」といったことが挙げられ、名前は可愛くても頼もしい存在なんです。

猫は足先一つとっても毛色や機能(役割)など本当に奥が深いのがわかりますね。是非あなたも愛猫だけではなく、さまざまな猫の毛色を観察してみてはいかがでしょうか。新しい発見が見つかるかもしれませんよ☺

今回登場してくれた、「ふくまる」はTwitterで話題の猫マンガ「おじさまと猫」に登場する猫です。このふくまるのお話が気になる方は是非、「おじさまと猫」をご覧くださいね♪

ふくまるタッチ


– おすすめ記事 –

・猫が机から物を落とすのはなぜ?その不思議な行動の4つの理由を徹底解説!
・猫の狩猟本能の不思議〜ネオテニー
・これってうちの子だけ?不思議な行動とその理由
・猫の毛色と模様のあれやこれ


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
阪本 恵奈

阪本 恵奈

お散歩嫌いで弱虫、食べることと寝ることが大好きな10才のチワワとのんびり楽しく暮らしています。マイペースで自由気ままなワンちゃんとの様子、情報を伝えていきたいと思います!!他にも小動物が好きで、インコ・ハムスター・ウズラなどさまざまな子たちと暮らして来た、動物大好き阪本です☆

関連するキーワード