【猫用トイレシートおすすめ7選】ペットシーツの使い方や選び方は?

2019.07.13

【猫用トイレシートおすすめ7選】ペットシーツの使い方や選び方は?

猫のトイレでは猫砂を使うのが一般的ですが、最近ではトイレシートを使うことも増えてきています。猫用システムトイレでは、トイレシートと猫砂を併用するものがほとんどです。今は猫砂だけを使っていても、トイレシートに興味のある飼い主さんもいるのではないでしょうか。 猫用のトイレシートについて、使い方やおすすめの商品についてご紹介します。

【目次】

猫のトイレシートの使い方は?

猫トイレとトイレシート

◆システムトイレと併用する

猫用のトイレシートとは、基本的には猫用のシステムトイレで使用する、おしっこを吸収してくれる紙製のシートのことです。

猫用のシステムトイレは二層になっているので、上の段には猫砂を入れ、下の段にトイレシートを敷きます。上の段のシステムトイレ用猫砂は、おしっこを吸ってもほとんど固まらず、下に落としますので、それをトイレシートで吸収します。

猫のうんちは猫砂の上に残りますので、汚れた砂と一緒に取り除きます。

トイレシートは、シートの種類にもよりますが、数日から1週間続けて使えますので、汚れ具合を見ながら目安の期間で交換します。

トイレシートは丸めて取り出したり、下にビニール袋をあらかじめ敷いておいて捨てる時にトイレシートをくるんで取り出したりして、手を出来るだけ汚れないようにして交換します。

猫用のシステムトイレが作られ、毎日の処理は猫砂に排泄した便のみで、おしっこは約1週間ぶんを吸収するためにトイレシートを交換する回数が少なくてすむため、使う家庭も増えています。

◆トイレシートのみで使う

猫は砂の上でしかトイレをしないと思われていることも多いですが、トイレシートのみでも猫トイレを使うことはできます。

使い方としては、普段使う猫トイレにトイレシートを敷くだけです。または、犬用のトイレシートを使うトイレがありますので、それを使用します。

猫は排泄後に砂をかける習性があり、トイレシートがめくれたり破れたりする可能性があるので、トイレシートは複数枚敷いたり、新聞紙を敷いたりして使います。

猫のおしっこは吸収してくれますが、便は猫砂と違って隠せないので、できるだけ早めにトイレシートで包んで処理します。

猫がトイレシートのみでトイレを使うようになるまでには、うまく誘導して、根気よくしつける必要があるでしょう。最初はトイレシートの上に猫砂を敷いて使わせて、徐々に猫砂を減らしていき、最終的にはトイレシートのみでトイレをするようにしていくというやり方です。

猫がトイレシートに慣れたら、犬用のシートひっかき防止がついているタイプのトイレを使うこともできます。


猫のトイレシートを使うメリットは?

ベッド上の猫

◆砂のように飛び散らない

猫砂を使えば、カバーがない猫トイレであれば砂が飛び散ったり、猫砂から出た粉が舞ったりしますが、トイレシートであればそのようなことがありません。

猫の足裏に挟まることもないので、トイレから出た猫が砂を撒き散らすようなこともありません。

飼い主さんが喘息であるとか、細かく舞う砂が気になるという人には、とても良いと言えるでしょう。

◆消臭効果がある

トイレシートは、猫のおしっこを吸収してくれて、ほとんど臭いません。

便をした場合にはできるだけ早く取り除く必要がありますが、一日に複数回するおしっこでは、そのつど取り除く必要がありません。

基本的にトイレシートは、システムトイレ用であれば、猫1匹が使用して1週間交換しなくても臭わないとされています。

◆片付けやすい

トイレシートは、猫砂のように汚れた部分や便を探す必要もなく、そのまま捨てるだけで良いので片付けが簡単です。捨てる際にも、燃えるゴミとして出せるので、処理方法に困りません。

また猫砂よりもずっと軽いので、ゴミ出しの時も重くなく、片付けや持ち運びが簡単です。

◆おしっこのチェックができる

猫砂の場合には、おしっこは砂が吸収して固まりますが、色を判断することが難しいと言えます。

白いトイレシートを使えば、猫のおしっこの色が確認できるので、血尿など何か異常があった時に気付きやすいと言えるでしょう。

◆使い方によってはコスパが良い

トイレシートの汚れがひどくなければ、約1週間交換しなくても良いので、猫砂だけのトイレを使うよりもコスパが良くなる場合があります。

うまくトイレシートを使えば、猫砂を取り除く量も減り、掃除の回数も減ることになります。

トイレシートのトレイは前後どちらにしても使えるようになっているものが多く、特定の場所でおしっこをする猫でも、トイレシートの前後を入れ替えることで無駄なくトイレシートを使うことができます。


猫のトイレシートの選び方は?

トイレシート

猫のトイレシートは、ペットショップやホームセンターなどで購入できます。どのように選んだらよいでしょうか。

◆システムトイレ専用のものを選ぶ

使っている猫用システムトイレ専用の物を購入すれば、猫トイレにサイズは合っています。また、各社システムトイレに共通と記載されているものもあります。

タテ×ヨコのサイズはパッケージに記載されていますので、購入する前に確認するようにしましょう。

選ぶのが面倒な時には、システムトイレ用として、猫砂とセットで販売されているものもあるため、それを選ぶという方法もあります。

◆トイレのサイズに合わせて選ぶ

専用のトイレシートでなくても、猫トイレのサイズに大きさが合えば、猫トイレに使うことができます。

猫トイレに対してトイレシートが大きい場合には端を折り曲げて使えますが、小さい場合には1枚だとおしっこが漏れてしまう可能性があるため、できるだけサイズは合わせた方が良いでしょう。

トイレシートには、フチ部分に吸収するところがないものと、全面が吸収シートになっているものがあります。全面で吸収するタイプだと、猫が端の方におしっこをしても吸収してくれます。

◆トイレシートの量や値段で選ぶ

トイレシートは1商品に30枚入り、10枚入り、6枚入りなど、種類によって異なっていますので、値段のお得なものを選ぶという方法もあります。

猫用トイレシートを初めて使う場合には、しばらくいくつかのシートを試してみると良いかもしれません。

犬用のトイレシートが販売されていて、猫にも使えないわけではありませんが、猫のシステムトイレ用のように1週間交換不要を想定して作られていないので、早めに交換する必要があるでしょう。


猫のトイレシートおすすめ7選

◆ユニチャーム デオトイレ1週間消臭・抗菌シート

デオトイレ1週間消臭・抗菌シート

閉めきった部屋で使用しても1週間臭いにくい、猫のシステムトイレ用シートです。

1週間分のおしっこをしっかり吸収して、抗菌剤が臭いを強力に抑えます。また、猫専用の消臭マイクロカプセル配合しており、臭いを吸収します。

シートの吸収面が白なので、おしっこの色がわかりやすく、猫の健康状態を確認することができます。

購入


◆花王 ニャンとも清潔トイレ専用 脱臭・抗菌マット

花王 ニャンとも清潔トイレ専用 脱臭・抗菌マット

針葉樹による脱臭と抗菌パワーで、1週間分のおしっこと臭いを強力に吸収し、気になるアンモニア臭もカットしてくれます。

マット(トイレシート)は100%全面吸収体なため、飼い猫が一つの場所に集中しておしっこをしても無駄なく広がって吸収するため、取り替えるのは週1回で問題ありません(猫が1匹の場合)。

環境に配慮しているため、再利用や未利用材を使用しており、捨てる時は燃えるゴミとして処理できます。

購入


◆コーチョー ワンニャン システムトイレ用 緑茶DEシート

コーチョー ワンニャン システムトイレ用 緑茶DEシート

緑茶の葉の成分によって、消臭と抗菌効果が期待でき、1週間臭いを抑えます。

各社の猫用システムトイレに対応するサイズです。

購入


◆ボンビアルコン ウィークリーシーツ 極厚タイプ

ボンビアルコン ウィークリーシーツ 極厚タイプ

ウィークリートイレ専用のペットシーツです。極厚タイプなので猫のおしっこをたっぷり吸収します。

シートには抗菌剤配合でいつも清潔、さらに消臭ポリマー配合でしっかり消臭してくれます。

購入


◆ライオン ペットキレイ システムトイレ用 ひのきでニオイをとるシート

ペットキレイ システムトイレ用 ひのきでニオイをとるシート

猫のおしっこ約1週間分をしっかり吸収するので、取り替えも1週間交換不要のトイレシートです。

天然国産ひのきと銅系消臭抗菌剤のW配合で、猫特有の嫌なおしっこの臭いもしっかり消臭してくれます。サイズも各社共通で使用できるようになっています。

購入


◆シーズイシハラ クリーンミュウ 猫のシステムトイレ用ひのきの香りシート

クリーンミュウ 猫のシステムトイレ用ひのきの香りシート

抗菌ポリマーを配合したトイレシートで、猫のおしっこの臭いを強力に消臭します。
3~4日で交換するタイプなので、週1回の交換では少ない、愛猫のおしっこの様子をこまめに確認したい飼い主さんにおすすめです。

購入


◆スーパーキャット システムトイレ用炭の超脱臭シート

各社共通の猫用システムトイレ用超脱臭シートです。

カーボンパワーで脱臭効果が高く、猫トイレを清潔に保ちます。超強力炭シートがおしっこの臭いを吸着し、嫌な臭いが広がるのを防ぎます。約1週間交換なしでも臭いを抑えてくれます。
全面炭シートは上下2段になっていて、さらに消臭剤入りポリマーで水分を吸収し消臭効果があります。おしっこの水分を即時拡散し、シート内に吸収します。

底面と側面に防水加工がしてあるため、シートからおしっこが漏れるのを防ぎます。

システムトイレ用炭の超脱臭シート ┃ 株式会社スーパーキャット


猫のトイレシートまとめ

猫のトイレシートは、約1週間は交換が不要というところが人気の猫用トイレグッズです。主にシステムトイレで猫砂と併用し、うまく使うことでコスパも良くなる可能性があります。

トイレシートのみでの排泄はしつけが必要となると考えられますが、システムトイレは今までと同じ猫砂に排泄するので、猫も受け入れやすいと考えられます。



– おすすめ記事 –

・【猫トイレカバー6選】カバーを使うメリットは?DIYでおしゃれにできる?
・【猫砂おすすめ10選】猫のトイレ砂の種類ごとの特徴、選び方は?
・【猫トイレおすすめ12選】臭わない、大きいサイズなどお悩み別に紹介!
・猫用全自動トイレおすすめ5選!基本の仕組みとメリット・デメリットは?


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ねこちん

ねこちん

ひろった猫たち、トータル5匹と暮らしています。猫の写真を撮り、猫のイラストを描くのが好きです。


記事に関するお問い合わせはこちら