猫は本能的にトンネルが好き?手作りのおもちゃは需要がある?

2019.08.10

猫は本能的にトンネルが好き?手作りのおもちゃは需要がある?

猫は好奇心旺盛で、どんなおもちゃも楽しそうに遊んでくれますが、その中でもダントツにトンネル型のおもちゃに夢中になっていることが多いですよね! ダッシュして隠れたり、隠れたままじゃれたりと、トンネルのポテンシャルは無限大のようにも思えます。 なぜ猫はこんなにもトンネルに夢中になってしまうのか、とても不思議ですよね。 そして、もしトンネル型おもちゃを手作りするとしたら、どんな素材を使って自作すればいいのでしょうか?

猫がトンネル型おもちゃを好きな理由

b81d3cdce43e7a68d220f39659e0db75_s

猫がトンネル型のおもちゃで遊んでいると、「どうしてそんなにトンネルが好きなんだろう?」と思うことはありませんか?

私たちからすると、狭い上に暗いトンネルは、恐怖心すら覚えてしまいますよね…。

トンネルに入ってテンションの上がる猫たちに対して、憶測でしか物は言えませんが、なぜ彼らがトンネルを好きなのか、考えてみました。

◆本能的に好きだから

猫が野生動物として暮らしていた時代に、自分の食事は自分で仕留めて食べなければいけなかったのです。

獲物を仕留めるためには息を殺し、獲物になる小動物が潜んでいるだろう巣穴に飛び込んでいかなければいけないことも沢山あったことでしょう。

獲物を見つけたときの高揚感は、きっと遊ぶときのテンションMAXの状態に、似ているものがあったのではないでしょうか?

このような名残から、穴があったらとりあえず入らなくてはいけない!という本能が働いている可能性もあるのかもしれませんよね。

◆狭い場所が好きだから

猫は警戒心の強い動物なので、自分の身を守る為にも安全な場所として、狭い場所を好む傾向にあります。

よく自分の身体よりも小さいダンボールに入ろうとしたり、すっぽり身体が収まる場所で気持ちよさそうに眠ったりしている姿を見たことはありませんか?

「どうしてわざわざそんな狭いところで…」と思うような窮屈な場所でもぐっすりと眠ることの出来る猫は、私たちには辛そうに見えたとしても、リラックスしている状態なのです。

猫の祖先は穴を掘って寝床にしていたという一説もあるので、やはり猫の本能が狭い場所を求めてしまうのでしょうか。

なのでトンネルの形状を見つけただけで、「なんだここ、やたらと落ち着くぞ!?」なんて思っているのかもしれませんね。

◆音が好きだから

猫の好むトンネル型のおもちゃの多くは、ナイロンやポリエステルなどで出来ている商品が多く、あえてそのような素材で作っているのにはちゃんと訳があるようです。

猫がトンネルに入って動いたときに、「シャカシャカシャカ」と鳴るあの音!

猫が嫌いなはずがありませんよね!

たとえ素材がダンボールであったとしても、自分の身体や爪が擦れた音に興奮してしまうことでしょう。

この音は猫の聴覚に直接働きかけ、猫の狩猟本能をくすぐるのです。

トンネルに入ってテンションが上がってしまうのは、とても自然なことですよね。

また、草原でねずみなどの小動物が動く音にも似ているので、猫が嫌いなはずがありません。


猫のトンネル型おもちゃの作り方

df68e806b22b11fa5216e929c897c081_s

こんなにも猫が好きなトンネルなのだから、すぐにトンネル型のおもちゃを買ってあげたいですよね!

ですが飼い主さんが気に入って、猫ちゃんが遊んでくれるようなトンネル型おもちゃに、すぐに出会えるとは限りません。

それなら家にある材料で、手っ取り早く手作りしてみてはいかがでしょうか?

◆ダンボールを使ったトンネルの作り方

やはり自作で簡単にトンネル型のおもちゃを作るとしたら、最初に思いつく素材は、ダンボールですよね!

元々四角い形であることからも、穴を開けていくつか繋げることによって、中の空間をトンネルとして利用出来る上に、外側も上り下りが出来るキャットタワーの役割も担ってくれます。

手作りをするときはダンボール、ガムテープ、カッターを用意しておきましょう。

ダンボールとダンボールを繋げる際に、猫が通り抜けられる穴をカッターで切り抜き、穴と穴が同じ場所にくるように外側からガムテープで留めれば出来上がりです!

通り抜けの穴以外にも、いくつか穴を開けておくことによって、猫じゃらしなどのおもちゃを入れて遊ぶことが出来るので、更に猫が喜んで遊んでくれることでしょう。

ダンボールは汚れたり壊れたりすれば、解体してゴミに出すことも出来るので、とてもお手軽です。

そしてカッターを使用する際には、飼い主さんも猫ちゃんもケガをしないように気を付けてくださいね。

◆その他の素材を使ったトンネルの作り方

ダンボール以外にも家にあるもので、簡単にトンネル型のおもちゃを作ることが出来ます。

猫の好きな素材として、新聞紙やチラシなどが挙げられますよね。

新聞紙や大きめのチラシを円柱型にして、テープで留めるだけです!

長めのトンネルを作りたい場合には、同じ大きさの円柱状にした新聞紙やチラシをジョイントさせれば簡単に長いトンネルを自作することが出来ますよ。

新聞紙やチラシ以外には、紙袋もおすすめです。

紙袋は既に中に入れる状態なので、底の部分だけ切り取ってしまえばすぐにトンネルの状態に出来ますよね。

これらの素材は、ダンボールのように硬くしっかりとした素材じゃないにしろ、穴を開ける際もカッターではなくハサミで開けることが出来るので、より簡単に手作りが可能です。

シャカシャカと猫の大好きな音も鳴りますし、きっと喜んで遊ぶことでしょう。

他にも100円ショップなどでも購入出来る、ジョイントマットも活用出来ます。

ダンボールよりも丈夫なので、長期的に利用する目的なら、このような素材を使って自作してみてはいかがでしょうか。


猫のトンネル型おもちゃのおすすめ商品

手作りもいいけど、やっぱり既製品を購入してみたい!という飼い主さんもいらっしゃると思います。

いざ選んでみようと思っても、種類が多すぎて購入に踏み込めないこともあることでしょう。

沢山販売されているトンネル型おもちゃの中でも、特におすすめの商品をご紹介していきます!

◆猫壱 キャットトンネルスパイラル

猫壱 キャットトンネルスパイラル ブルー
購入


すでにトンネル型おもちゃの存在を知っている飼い主さんから支持されているのが、猫壱のキャットトンネルスパイラルシリーズです。

購入してすぐに、箱から出して使用することが出来ます。

邪魔なときは折りたたむことも出来る上に、汚れたら水洗いすることも出来てしまうのです!

何よりも猫の大好きなシャカシャカ音のする素材なので、猫ちゃんも喜んでくれることでしょう。

定番のブルーとピンクの他に、お部屋のインテリアに馴染む木目調のデザインから選べるのも嬉しいですよね。

また、同メーカーの別のトンネルやキャットタワーと、ジョイントして遊ぶことも可能ですので、使い方次第で色々な楽しみ方をすることが出来ますよ

この投稿をInstagramで見る

トンネルにハマる若猫???? 最近の遊びは専らトンネル使用。オモチャ????や手????でちょっかい出して貰うのを待つ受け身スタイル。 外側からトンネル上にダイブ????して、グシャグシャ感を楽しむ技も開発???? 暑さの為か、カシャブンを追いかける????????ことは減りました。 #猫トンネル #お気に入り #毎日遊ぶ #受け身スタイル #チラ見 #早く来て #飛び込む #グシャグシャ #夏の遊び方 #手がクリームパン #猫のグー #家政婦は見た #流れ出る猫 #白キジ #sippo #朝ワンコ夕にゃんこ #猫好きさんと繋がりたい

白キジ若猫さん(@tagajyou)がシェアした投稿 –

◆キャティーマン ペット遊宅 みつまたプレイトンネル

ペット遊宅 みつまたプレイトンネル

ダッシュで飛び込め!ビヨヨ~ンと広がるプレイトンネル。複数飼いにもおすすめです。3つのトンネルに4つの出入り口。トンネルの入り口には趣向の違った仕掛けを用意。入り口2ヶ所はカラコロ音が鳴るボールと、鈴入りボールのぶらさがりTOY。1ヶ所はカシャカシャ音のなる素材のトンネル。使わないときは丸めてコンパクトに収納。
(ゴムバンド付き)工具不要ワンタッチOPEN。

購入


出入り口が多ければ多いほど、猫ちゃんのテンションも上がることでしょう。

キャティーマンのペット遊宅みつまたプレイトンネルは、猫心をくすぐる仕様になっています。

3つのトンネルの連結部分にも出入り口があるので、合計で4つの出入り口を行き来することが出来ちゃいます!

さらにその中の2つの出入り口部分には、カラカラと音の鳴るボールのおもちゃと、鈴の入ったボールのおもちゃが付いているので、存分に楽しむことが出来ますよね!

おもちゃのボールがついていないトンネル部分は、シャカシャカと音の鳴る素材になっているので、猫が飽きることなく遊んでくれるはずです。

工具不要でワンタッチオープンすることが出来ますし、使用しないときは小さく折りたためるので場所をとる心配も不要です。


楽しいトンネル型おもちゃで愛猫に喜んでもらおう!

46876e94fc7c26a76a28ce0587b413fd_s

猫は寝る食べる以外にも、「遊ぶ」ということを楽しみにしている動物です。

年齢が若ければ若いほど好奇心も旺盛なので、目に付く物全ておもちゃにしてしまうこともあるのではないでしょうか。

色々なおもちゃを買って、猫と遊んであげる飼い主さんも多いことだと思いますが、好奇心旺盛な反面すぐに飽きてしまう性質も持ち合わせています。

なので猫の性質や本能を考慮した上で開発されたトンネル型おもちゃは、飽きることなく使い続けてくれることが多いです。

もちろん購入したトンネル型おもちゃだけではなく、ダンボールなどで自作したトンネルもきっと気に入って遊んでくれることでしょう。

手作りをすると愛着も湧きますので、とびきりのオリジナルトンネルで、愛猫に喜んでもらいましょう!



– おすすめ記事 –

・【猫との遊び方】おもちゃだけじゃない!かくれんぼやおにごっこなどで愛猫と遊ぶ方法
・【キャットトンネル】狭いところ好きの猫ちゃんにおすすめなおもちゃ・グッズ10選!
・猫がじゃれあいする理由3つ!喧嘩との見分け方や止め方は?
・【猫のお手動画5選】愛猫を芸達者に!猫のお手の教え方をご紹介!


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
たぬ吉

たぬ吉

小学3年生のときから、常に猫と共に暮らす生活をしてきました。現在はメスのキジトラと暮らしています。3度の飯と同じぐらい、猫が大好きです。


記事に関するお問い合わせはこちら