犬肉農場から救出されたプードルが見せた笑顔の姿に涙がとまらない

2018.09.21

犬肉農場から救出されたプードルが見せた笑顔の姿に涙がとまらない

世界中でペットとして愛されている犬ですが、アジアの国々では未だに犬を食べる習慣が残っています。そんな韓国の犬肉農場で、約2000円ほどで買い取られた一匹のペット犬。彼は幸い救出されて安全な場所へと避難することができ、今では犬食文化を撲滅するキャンペーンに関わっています。残酷な犬肉農場から生きて出ることができた彼の、感動的な現在の姿とは?目を背けたくなる現実を敢えて受け止めてほしいと願う、彼らの必死のメッセージに感動です。

focebookシャア
ツイート

アジアの国で今でも続いている犬食文化。毎日大量の犬の屠殺を繰り返している韓国の犬肉農場に、ある一匹のプードル犬が連れてこられました。

その犬の体は汚れた毛で覆われ、歯は全て腐り落ちており、この犬が長年きちんと世話をしてもらえていなかったのを物語っています。

そんな可哀想な犬を飼い主は「この犬はもう11歳で年寄りだから」という理由でこの犬肉農場へ連れて行き、その引き換えとして約2000円程度の報酬を受け取ると、そのまま帰って行ったのでした。

2

犬肉農場では、多くの犬を小さな檻の中に収容しており、犬たちは毎日まともに水や餌を得ることができません。正に文字通り「殺される為に生きている」といった残酷な状況です。

幸いにも、このプードル犬が連れてこられた犬肉農場は「Save Koren Dogs」という団体により閉鎖を強いられており、その団体により300匹の犬達と共に救出されたのでした。

ラスベガスに住むヒーサーさんに連絡が入ったのは、丁度その頃。Save Koren Dogsで活動するナミさんが、一枚の写真と共にヒーサーさんにこう伝えたのです。

1

「救出したこの子は年老いているから、恐らく引き取って育ててくれる人を見つけるのは困難だと思う。でもあなたは老犬が好きよね?この子を引き取ってもらうことはできないかしら?」

この犬が入った檻が置かれていたのは犬の屠殺場の目の前。毎日他の犬達が殺されていくのを目の当たりにしてきた彼の心境を考えると、ヒーサーさんは涙が止まりませんでした。

そして、考える間も無くその子を引き取る事を決意したのです。

4

汚れた毛や腐り落ちた歯の他に、舌も感染しており体重も標準以下だったそのワンちゃん。

「ウィロー」と名付けられた彼は、約1ヶ月ほど韓国の動物病院にて治療を受け、その後同じく救出された犬「ナミ」と共にアメリカへと向かいました。

5

救出された後、ヒーサーさん宅で新たな生活を始めたウィロー達。それまで受けてきた酷い仕打ちをまるで忘れたかのように、毎日楽しく過ごし生きる事への熱意を見せる姿は感動ものです。

そして、今ではまるで生まれ変わったかのように立派な毛並みを持つ犬に。

8

ヒーサーさんは「I Am Willow」というFacebookページを作り、犬食文化を撲滅するキャンペーンを行なっています。

目を背けたくなるほど酷い犬食文化から逃げ出す事ができたウィロー。しかし現在でも、アジアでは毎年2百万匹もの犬が屠殺されています。

その事実をもっと多くの人に知ってもらいたいと、今日もウィローやヒーサーさんはキャンペーン活動に励んでいます。

<参考サイト>
thedodo.com



– おすすめ記事 –

・突然飼い主が亡くなった時、残された犬はどうなる…?重い鎖に繋がれた一匹の犬の救出劇
・【よかったね】飼い主の仕事中に迷子になった犬。危機一髪のところ道路から救出され、飼い主と感動の再会を果たす
・全身を感染症に蝕まれ「悪魔」と呼ばれた野良犬の奇跡の大変身!
・道端にぽつんとたたずむ一匹の犬。直感で犬を救った女性の行動が素晴らしいと話題に!


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
yukoyosshi

yukoyosshi

昔から動物が大好きで、野生動物や自然が多いオーストラリアに留学。現在もオーストラリアにて生活を送っています。家では犬や猫やその他の動物も飼っていて、中でも12年も生きた柴犬のミミとはバディな関係でした。

関連するキーワード