【関西】そうだ、猫に会いに行こう。関西のおすすめ猫スポット6選!

2016.09.08

【関西】そうだ、猫に会いに行こう。関西のおすすめ猫スポット6選!

こんにちは、そらにゃんです。猫大好きな方には絶対訪れて頂きたい猫スポット。今回は関西の猫スポットを厳選してお伝えいたします!

focebookシャア
ツイート

ネコリパブリック(大阪)

大阪の知る人ぞ知る、猫カフェ。なんと5階建ビル一棟全てが猫の保護施設となっています。

地域の保護猫団体と協力して保護された猫たちの里親を探しながら、猫との生活をおしゃれなものにするためのライフスタイルを提案するといった形で、2022年2月22日までに猫の殺処分ゼロを目指しています。
お客さんがカフェを利用し、雑貨を購入することで得られた利益が猫の保護活動に生かされる仕組みとなっています。

猫カフェでほっこりと癒され、可愛い猫グッズをゲットできるだけでなく、保護猫たちの幸せな生活の手助けできるのであれば、これはもう行くしかありませんね!!
多くの猫好きさんが利用して、さらに大きく展開していただきたい猫カフェです。

http://www.neco-republic.jp/


にゃらまち(奈良)

近鉄奈良駅から歩くこと約15分。
興福寺の五重塔や猿沢池など、奈良の名所の立ち並ぶこの辺りは、入りくんだ細い道や昔ながらの町屋が今も多く残っていて奈良町と呼ばれています。この奈良町には昔からたくさんの猫が暮らしていました。

猫を大事にしている奈良町で、町のアート作家さんたちが開催した猫作品展。そこで誰ともなく奈良町のことを「にゃらまち」と呼ぶようになったそうです。
にゃらまちの最大のイベントは毎年6月下旬から月末まで行われる、「にゃらまち ねこ祭り」!

江戸から明治にかけての情緒漂う町屋をリフォームしたショップやカフェが営業され、猫関連グッズも多く販売されます。祭りに協賛しているカフェやお店、ギャラリーがたくさんあって、町中に猫が溢れています。

猫祭りの期間以外でも猫グッズはたくさん揃っているので、「奈良=歴史」といった固定観念をすてて、どうぞ猫たちに会いにお越しくださいませ!

http://find-travel.jp/article/5433


沼島(兵庫)

兵庫県南あわじ市の沼島は瀬戸内海に浮かぶ離島です。イザナギ、イザナミの二神が産んだ島と伝えられ、「おのころの島」とも言われています。

yuucoさん(@yuu72aroma)が投稿した写真

漁業が盛んで、島の周辺が優良な釣り場となっている沼島には、釣り人さんのおこぼれをいただきに来る猫が多く、猫島として人気上昇中の島です。
港や町のあちこちに猫が暮らしていて、人と出会うよりも猫と出会う方が多いかもしれません。

国産みの舞台とあって、神様を大事にしているこの島には寺社が五つもあります。
沼島の名物は鱧料理。他にも魚介類が絶品。

猫たちに会いに、また沼島の自然と歴史を味わいに、ぜひ訪れてみてください!

http://nushima-yoshijin.jp/


貴志駅(和歌山)

和歌山県紀の川市の和歌山電鐵貴志線貴志駅で駅長を務めた「たま駅長」。その活躍はあまりにも有名で、たま駅長が最近の猫ブームの火付け役といった説もあるほど。
日本だけでなく海外までにも話題は広がり、2010年8月には駅舎も猫をモチーフにした「たま駅舎」に改築されました。

みよさん(@miyo.0w0)が投稿した写真

2016年6月22日に天国へ旅立った初代たま駅長の後任として、現在は「たまⅡ世駅長」が勤務しています。不在の時もあるので、スケジュールは事前に確認してください。
また貴志駅には駐車場がありません。貴志線を利用して会いに行ってくださいね!

http://www.wakayama-dentetsu.co.jp/


梅宮大社(京都)

京都市右京区に鎮座する梅宮大社。京都一古いとされる梅の名所で、春には多くの人が訪れます。酒造の神様に奉納された酒樽が境内にずらりと並び、安産のご利益もあって年間を通して参拝車の姿が絶えません。

@wind64yが投稿した写真

境のあちらこちらに猫の姿が。宮司さんが大切に飼っていらっしゃる猫たちの数は15匹。人懐っこい子も入ればシャイな子もいます。無理に近づいて猫を驚かしたり、フラッシュをたいて猫を撮影する、などといった行為はやめて、猫と神社の自然なコラボを味わってくださいね。

catorcaさん(@cat_orca)が投稿した写真

http://www.umenomiya.or.jp/


沖島(滋賀県)

沖島は日本で唯一の淡水湖に浮かぶ有人島です。
島には自動車の代わりに自家用船が一家に一隻あるそう。交通事故の危険がなく、漁業が盛んな沖島は、猫たちには住みやすい環境のようで、港には多くの猫が集まっていて、みんな人懐こい子ばかりです。

yt6417*maさん(@yt6417ma)が投稿した写真

沖島の街はほとんどが細い小道で、徒歩で島を巡ることができます。神社仏閣もあり高台の沖津島神社に参拝すると街が一望できます。

とろねこさん(@ittoco16)が投稿した写真

沖島の住人の皆さんは漁業を生業とされています。猫たちは漁具を壊すなどといった問題行動をとることも。
来島された際は島のルールに従って、無駄に餌を与えたり、許可なく写真撮影を行ったりしないようにしましょう。

http://www.za.ztv.ne.jp/okishima-cc/index.html


まとめ

いかがでしたか?
関西にはまだまだたくさんの猫スポットがありますが、続きはまたの機会に・・・。
どこも猫と住人がそれぞれのルールを守って共存しています。猫スポットを訪れる際にはルールを守って、現地の方に不快な思いをさせないようにしたいものですね。


focebookシャア
ツイート

– おすすめ記事 –

・招き猫発祥の地「豪徳寺」で開運!
・オシャレ女子必見!私流京都で味わう「猫カフェ」の楽しみ方
・猫付きのマンション?家を借りたら猫がついてくるらしい
・世界中の猫に会いたい!海外の人気猫スポット10選


 話題の「猫島」は観光地ではない!?猫の楽園を訪れる際に気をつけたいこと



 猫目線で街を散策。世界初のキャットストリートビュー!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
そらにゃん

そらにゃん

猫が大好きなおばさんです。猫、いいですね! 我が家には「そら♂」「すず♀」「りん♀」のニャンズがいます。 ずっと犬を飼っていて猫暦はまだ二年そこそこと短いのですが、長年の願いだった猫との暮らしに今もウハウハ状態です。ニャンズのおかげで仕事や家事や寄る年波の疲れも吹っ飛びます。 病気がちな「そら」のおかげで獣医さんと懇意になり、通院の度に先生から様々な猫情報を教えていただいてます。 いかにニャンズを満足させられるか、猫じゃらしの振り方を日々研究中。 得意技は猫に錠剤を飲ませること。←ただし「そら」限定!?

関連するキーワード