猫がふみふみ、もみもみするのはなぜ?どういう意味があるの?

2017.02.09

猫がふみふみ、もみもみするのはなぜ?どういう意味があるの?

飼い猫の特徴的な動作の一つに、クッションや布団、人間のふとももなど柔らかいところで前足をもみもみする動作があります。よく「ふみふみ」や「うどんこね」などといわれる動作で、ただ押すというよりはこねくりまわすような特徴的な動きをしています。また、この動作をしているときは目を細めるなど気持ちよさそうだったり真剣そうな眼差しをしているのも特徴です。一見意味のない動作に見えますが、実はこの動作にはちゃんとした意味があるということをご存知でしょうか。

focebookシャア
ツイート

猫の「ふみふみ」は赤ちゃんの時の名残だった

猫 手 意味 ふみふみ

実はこのふみふみ動作は「子猫の時の習性の名残」ということが分かっています。

子猫は母猫からお乳をもらうのですが、母乳の出をよくするために乳首をくわえたあと手を乳首の近くに添えてもむしぐさをします。この動きは生まれた直後からすでに行っていて、子猫に母猫が授乳しているときの様子をよく観察してみると、小さな手がしっかりと母親のおなかに添えられていて、小さく動いている姿を確認することができます。
このもみもみする動作がくせになって、大きくなってからも母親のおなかとおなじような柔らかさのものに手をあててふみふみしてしまう動作が、このふみふみの正体なのです。

その証拠に、ふみふみの動作を確認してみると、手のふみふみと一緒に柔らかいものにかみついて吸い付くような動作を一緒にしている猫もいます。


猫が「ふみふみ」をするのはどんな時?

猫 手 意味 ふみふみ

猫がふみふみを行うのは、自分が子猫だった時を思い出して甘えている時や、まだ子猫気分が抜けきっていなくて自分が大きな子猫だと思っている場合が多いようです。
そのため、自分の子供がいる大人猫や、外で暮らしている野良猫などはこのふみふみ動作をすることがとても少ないです。

また、このふみふみ動作をするときは、猫がとてもリラックスしている時や、親に甘えたいと思っている時の動作だといわれています。
飼い猫にとって、「親猫=飼い主」であることが多く、飼い主に甘えたくてふみふみしたり、飼い主と一緒にいることがうれしくてリラックスしているからこの動作をすることもあるようです。飼い主によくなついていて、かわいがってもらいたいからことふみふみをするようですね。

もしも自分の飼い猫がふみふみをしていた時は、そのねこが好きな方法で思いっきりかわいがってあげるといいでしょう。個体によって遊んでもらうことがうれしかったり、なでてほしかったり、かと思えばただそばにいてもらうだけでうれしい場合もあるので、よく観察してその猫の性格を知ることが大切です。そういった気難しさも猫の魅力の一つではないでしょうか。


「ふみふみ」以外のもあった赤ちゃんの時の習性

cat-1375793_640

飼い猫がよく行う何気ない動作の中には、子猫時代の名残のものがほかにもいろいろあります。

例えば、猫がうれしいときや楽しいときにのどを「ゴロゴロ」と鳴らすのも子猫時代の名残です。このゴロゴロという音は、母親と子猫の間で交わされるコミュニケーション方法の一つで、本来は子猫の間か、母親になった大人猫しか発さない音だったりします。
しかし、飼い猫は日ごろから親のような飼い主と一緒に過ごしていて、外敵などもいない平和な空間で過ごしているため、子猫の気分で飼い主にゴロゴロと喉を鳴らしているようです。

また、猫といえば「にゃー」と高い声で鳴く生き物だと思われていますが、実はこれも子猫時代の名残といわれています。本来ネコ科の生き物は単独で狩りを行って生活しているため、ほとんど声を発せず生活する生き物です。子猫の時は親を呼んだりアピールするため高い声で鳴くのですが、猫は人間と生活する中で、飼い主に甘えるために大きくなってもかわいらしく高い声で鳴くようになったといわれています。


focebookシャア
ツイート

– おすすめ記事 –

・猫だって嫉妬する?その行動には深い意味があった!
・手だけじゃない!招き猫に秘められた願いの意味を知ろう!
・愛するにゃんこから猫パンチ!実はたくさんの意味が込められていた
・猫のカワイイ行動「ふみふみ」と「くねくね」には理由があった!


 猫は気まぐれ!ツンツンだけど時にはデレデレ~猫の魅力を知ろう!!



 猫が甘噛みする6つの意味!しつけで噛み癖を解消できる?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PetSmileにゃん部

PetSmileにゃん部

にゃんこ大好きPetSmileにゃん部です。猫ちゃんにまつわるエピソードやお役立ち情報を発信します♪

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら