【感動】前足がなくたってなんのその!毎日を楽しく生きる猫エーブルくんに癒される

2017.02.11

【感動】前足がなくたってなんのその!毎日を楽しく生きる猫エーブルくんに癒される

人間も含めですが、動物は生まれつきや不幸な事故で体が不自由になってしまう事があります。それが、もし両手、もしくは両足だったら…。これは前足2本を失くしてしまった1匹の猫ちゃんのお話です。4足歩行である猫が前足を2本共失くした場合、歩く事はできるのでしょうか?驚く事に、何とこの猫ちゃんは信じられないパワーを秘め持っていたようです。そしてそんな彼の生活ぶりを見ていると、ついつい彼が不自由な体を持っているのを忘れてしまうほどでした。

focebookシャア
ツイート

cat-two-back-legs-able-thailand-12
<前足を失った猫エーブル>

タイの北部にある、チェンマイ。その町では、前足がない一匹の猫ちゃんがまるでカンガルーのように元気に飛び跳ねているのを目にする事ができます。

前足のないその猫ちゃんの名前は「エーブル」。彼を保護したワライ・スリブーンヴォラクルさんがエーブルに初めて出会った時、彼女はその猫ちゃんの余りの活力に驚かされ、生きる事についてとても刺激を受けたと言います。

前足がない猫 エーブル

エーブルが両前足を失くしてしまったのは、彼が1歳の時の事。
屋根の上で鳥を捕まえようとしていた時に、弛んだ電線の上に落ちてしまい、彼はもう少しで感電死してしまうところでした。幸い命はとりとめましたが、エーブルはその事故が原因で尻尾と前足2本を失くしてしまう事になったのです。

もう少しでタイの路上を彷徨うところだったエーブル。身体に障害を持つ野良猫が長く生きられるはずは無い、そう思った心優しいワライさんは、エーブルの世話を買って出たのでした。

ワライさんは、エーブルが少しでも元通りの生活が送れるようになるようにと一生懸命彼の世話をしました。

cat-two-back-legs-able-thailand-17

そしてその2年後。
ワライさんの渾身の介護のおかげで、エーブルは後ろ足だけで自由に歩き回れるほど元気に回復をしたのです!

ワライさんがその猫ちゃんを「エーブル」と名付けた理由、それは彼が文字通り何でも「できる」猫だから。
前足2本を失くしても他の健康な動物と同じように生活を送る事ができるエーブル。何と彼は、階段の昇り降りをしたり他の猫を追いかけたり、そしてすごい高く飛んだりする事もできるんです!

able_maewさん(@able_maew)が投稿した動画

able_maewさん(@able_maew)が投稿した動画

そして驚く事がもう一つ。エーブルには「フィンフィン」と名付けられた弟がいて、フィンフィンは後ろ足が不自由で動かせないんです。
エーブルは前足、フィンフィンは後ろ足、不自由な足が真逆ですが、その二匹同士はまるで二匹で一体のよう。彼らはいつも一緒でお互いの側を離れようとしないそうですよ。

cat-two-back-legs-able-thailand-14
<後ろ足が不自由で動かせない弟のフィンフィンとは片時も離れないほどの仲良し!>

後ろ足2本だけを使って毎日を過ごすエーブル。ここまでの道のりは、大変なものだったに違いありません。それでも諦めず前向きに頑張ったエーブルは、まさに生きる事を楽しんでいるかのようにも見えます。そしてそんな彼に第二の人生を与えてくれたワライさんを素晴らしく思います。

★エーブルくんのInstagramはこちらから:@able_maew

<参考サイト>
boredpanda(英語)


focebookシャア
ツイート

– おすすめ記事 –

・【涙腺崩壊】大きな瞳の中に宇宙が広がってる猫ちゃん!先天性異常をもった猫、マチルダと飼い主の感動秘話に涙腺崩壊
・30万人が泣いた!感動の実話コミックスが“奇跡”の実写映画化!!
・【海外】【感動】前足のない障害を持つ保護猫。やさしい里親と先住猫との出逢いが生んだ心の絆!
・【海外】【感動】インスタで大人気のハサミみたいな手を持つ猫のロブスターくん。飼い主さんとの素敵な出逢いの秘話をご紹介


 【感動】125分の1の奇跡!札幌ラガマフィン多頭飼育崩壊もうひとつの物語



 SNSで大人気!母性溢れるヴィジュアル系バンドマン!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
yukoyosshi

yukoyosshi

昔から動物が大好きで、野生動物や自然が多いオーストラリアに留学。現在もオーストラリアにて生活を送っています。家では犬や猫やその他の動物も飼っていて、中でも12年も生きた柴犬のミミとはバディな関係でした。

関連するキーワード