猫のアニマルセラピーの癒し効果がすごすぎる!驚きの癒しパワーとは?

2017.08.09

猫のアニマルセラピーの癒し効果がすごすぎる!驚きの癒しパワーとは?

「アニマルセラピー」という言葉を知っていますか。猫とコミュニケーションをとっている時は、人はとてもリラックスしている状態にあり、この動物との触れ合いによる精神療法のことをアニマルセラピーと呼びます。近年の研究では、アニマルセラピーによって血圧や心拍数が低下することが医学的に認められているようです。今では猫を飼っていない人にも猫カフェがあり、猫による癒しの効果を実感している方も多いのではないでしょうか。アニマルセラピーで猫が人にあたえる癒しの効果や、猫とのスキンシップ方法についてご紹介します。

focebookシャア
ツイート

アニマルセラピーって?

猫 アニマルセラピー 癒し

アニマルセラピーは「ペット療法」ともいわれています。主に、犬や猫などのペットとの触れ合いによって、心身の健康を回復させようとする治療法です。

病人やお年寄りに動物を触れさせることで、心が優しくなることや希望をあたえることだけではなく、リハビリにも役に立つことといわれています。

◆アニマルセラピーの歴史は?

アニマルセラピーの歴史は古く、古代ローマ時代に負傷した兵士のリハビリに馬を用いたアニマルセラピーが行われていたようです。

アニマルセラピーの先進国と呼ばれるアメリカでは、1970年代から高齢者や障がい者の心身を回復させる治療法として活用されています。日本では、1986年に日本動物病院福祉協会が動物との触れ合い運動(CAPP)としてアニマルセラピーが始まりました。

◆動物との触れ合い運動(CAPP)とは?

CAPPとは(Companion Animal Partnership Program)の略で、「人と動物の触れ合い運動」の意味です。

動物との触れ合いで、人々の心を癒すのがアニマルセラピーです。アニマルセラピーを行う動物たちは、たくさんの癒しをあたえる活動を行っています。
動物に触れ合うことで、心が癒され、ストレスを軽減させることができたり、自信を持たせたりといったことを通じて精神的な健康を回復させることができると考えられています。

現代では、アニマルセラピーに用いられる動物は、馬の他にイルカなどがいます。身近な動物では犬や猫がアニマルセラピーで人々に癒しをあたえています。
中でも老人ホームや児童福祉施設などを訪問するというボランティア活動が注目されており、日本動物病院福祉協会が呼びかけ、アニマルセラピーとして各地の獣医師さんたちが参加しています。


アニマルセラピーの効果は?

猫 アニマルセラピー 癒し

アニマルセラピーといえば、犬が思いつく人が多くいると思います。もちろん、犬もアニマルセラピーにとても役に立っていますが、最近では猫による癒し効果も注目されています。

では、猫のアニマルセラピーにはどのような効果があるのでしょうか。

◆猫と触れ合うことで血圧が改善する!

アニマルセラピーで猫とのスキンシップをとることで、血圧の改善に役立ちます。

人はストレスを感じ始めると「コルチゾール」というホルモンが分泌されます。コルチゾールは、糖質やタンパク質、脂質やカルシウムなどの代謝を助けるホルモンです。ストレスが長期化するとコルチゾールが過剰に分泌されてしまい、副腎の負荷から高血圧症になりやすくなるといわれています。

副腎は、血圧・血糖・水分・塩分量などの体内環境を常にいい状態を一定に保つためのホルモンを作っていて、ストレスから副腎に負担がかかると体内環境が崩されてしまいます。

猫と触れ合うと、このコルチゾールの量が抑制されて、血圧安定の効果が得られるとされています。また、高血圧症の予防や改善により、心臓疾患や脳卒中のリスクも軽減されることがわかっています。


猫のゴロゴロ音の癒し効果がすごい!

猫は「ゴロゴロ」と喉を鳴らすという猫ならではの表現があります。猫好きな人は、このゴロゴロ音を鳴らしてくれるととても嬉しくなりますよね。

この猫のゴロゴロ音には、自然治癒力の効果があるといわれています。どれだけ疲れていても猫のゴロゴロ音を聞くだけで元気になれるような気分になりますが、実は猫のゴロゴロ音には、実際にストレスの軽減や不眠、不安感を取り除く癒しの効果があります。

◆そもそも猫のゴロゴロ音って?

猫の「ゴロゴロ」と喉を鳴らす振動音は、音楽のように心地よく、人が抱えているストレスを軽減させてくれるようになっています。もともと猫の「ゴロゴロ」と喉を鳴らすのは母猫と子猫にみられる行動です。

– 関連記事 –
知っておきたい!猫のゴロゴロのひ・み・つ!

◆ゴロゴロ音が免疫力をあげる!?

猫が「ゴロゴロ」と喉を鳴らす音は、約20ヘルツ~50ヘルツほどの低周波音があり、人に幸福感をあたえます。ストレスが軽減され、考え方をポジティブな思考にしたり、幸福感を人の脳に伝えてくれる効果があるといわれています。

また、猫の「ゴロゴロ」という音の振動や低周波で人の免疫力を上げるということも確認されています。
フランスでは、猫のゴロゴロ音に関する本が出版させています。「アニマルセラピー」ならぬ「ゴロゴロセラピー」といわれていて、ゴロゴロセラピーの自然治癒法を提案している獣医師さんもいます。癒しの効果だけではなく、人の免疫力を上げるという効果があるようで、副作用のない薬とまでいわれています。

◆猫にとってもゴロゴロ音は癒し

猫はケガをしても他の動物と比べて3倍の速さで回復するといわれています。その原因には、この「ゴロゴロ」という音による振動に関係があると考えられています。実際に、フランスの理学療法士がそれを再現して、人のケガに用いているという話もあります。

猫が「ゴロゴロ」と喉を鳴らしている時は、猫も同じように癒されているといわれています。人と触れ合うことで猫も安心感をもてることができ、猫がリラックス効果を得られると考えられています。

家で猫を飼っている人は、アニマルセラピーで猫と触れ合ってお互いにリラックス効果や癒しを求めあうのもいいでしょう。

●おすすめ商品

ふみふみにゃんこマット ミケ

猫ちゃん用リラックスおもちゃ。柔らかなふみ心地でキャットニップ入りです。耳はパリパリ、しっぽには鈴が入っています。

購入



どんな猫がアニマルセラピーに向いている?

猫にもいろいろな性格があります。アニマルセラピーに向いている猫は甘えん坊の性格の猫が合っているでしょう。

猫の中でも、メス猫よりもオス猫の方が甘えん坊といわれています。特に去勢手術をしたオス猫は甘えん坊な傾向にあるようです。また、猫にも個性はありますし、猫が過ごす生活や生まれ育った環境によっても性格決まってきます。

猫の品種によっては、警戒心が少なく、人に懐きやすい甘えん坊の性格でアニマルセラピー向きの猫がいます。

スコティッシュフォールド
スコットランドで誕生した垂れ耳が特徴の猫です。性格は穏やかで愛情深いところが特徴です。人見知りをしない猫でもあり、飼い主さん以外の人にも甘える猫です。

アメリカンショートヘア
性格は穏やかで、人見知りせずにどんな人にもよく懐きます。生活環境にすぐに慣れてくれる適応能力に優れています。飼い主さんの膝の上にのるのが大好きな猫です。

ラグドール
とても大人しい性格で、猫の品種の中では大型です。抱っこを嫌わない猫でまるでぬいぐるみのようであることからこの名前がついたほどです。

ブリティッシュショートヘア
性格はおっとりしていて、神経質なところがなく、人懐っこい甘えん坊です。新しい環境にもすぐに慣れてくれます。

メインクーン
性格は温和で優しく、人懐っこいです。大きな体な猫から「穏やかな巨人」ともいわれています。

ノルウェージャンフォレットキャット
性格は穏やかで甘えん坊です。飼い主さんに忠実で犬のような性格の持ち主です。

ヒマラヤン
ヒマラヤンはペルシャとシャム猫から誕生した猫の品種です。大人しくて、争いごとが嫌いで平和的な性格です。

猫の品種に限らず、人懐っこい性格の猫は他にもたくさんいます。アニマルセラピーでいろいろな猫と触れ合うことで、自分に合った猫と出会えることもできるでしょう。

– 関連記事 –
オス猫は甘えん坊ってホント?オス猫とメス猫の性格の違いについて


猫と上手にスキンシップをとる方法!

アニマルセラピーは「猫と触れ合うこと」によって、心身ともに健康になるという治療法です。アニマルセラピーを経験する前に、猫と上手にスキンシップをとれる方法を知っておきましょう。

◆ポイント①猫が近づいてくるのを待とう

猫の性格がとても人懐っこくても、猫の機嫌が悪い時は強引に抱っこをされると猫が嫌がる場合があります。猫と触れ合う時は猫の様子を見ながらスキンシップをとりましょう。

猫を触る時は、強制的に触らないようにすること、驚かせないようにすることが大切です。猫は無理に引き寄せたり、強く触られることを嫌がります。猫が興味を持っていれば、猫から近づいてきますので、できれば猫から近づいてくるのを待ちましょう。

◆ポイント②猫が喜ぶ場所と嫌がる場所を知ろう

猫には、触られたい部分と触られたくない部分があります。これは猫によって違ってきます。

〈触られたい部分〉
・のど元
・耳の下
・背中
・お尻

〈触られたくない部分〉
・頭
・お腹
・腰
・尻尾

特に頭と尻尾を触られたくない猫が多いので注意してください。

猫の様子を見ながら、猫がどこを触ると喜ぶかを確かめながら触ってみましょう。猫が喜ぶ部分を触ると猫はうれしくて「ゴロゴロ」と喉を鳴らしてくれるかもしれません。

◆ポイント③抱っこをする時は体を密着!

猫を抱っこする時は、手を猫の脇にしっかり入れて、人の赤ちゃんを抱っこするように猫のお尻をしっかりと支えてあげることが大事です。また、猫と体を密着させて猫が安定できる体制をとってあげることも大切です。

立ったままで高い位置での抱っこやお尻をしっかりと支えてあげない抱っこは不安定な状態になり、猫が危険を感じることがあります。不安定な状態での抱っこはとても嫌がり、危険を感じて飛び降りてしまう猫が多いです。人の赤ちゃんを抱っこするイメージで猫を抱っこしましょう。

アニマルセラピーが初めての人は猫とスキンシップをとる時に緊張してしまいがちです。人が緊張をしていると猫にその緊張が伝わることがあり、そうすると猫も気を使ってなかなか心を開いてくれないかもしれません。

アニマルセラピーは、人と猫がお互いにリラックスできる効果があるので、初めてでも緊張せずに自然にまかせましょう。


最後に…

アニマルセラピーは昔からある治療法です。人と猫が触れ合うことで心身ともに健康になることはとてもいいことです。人と猫との触れ合いでお互いにリラックス効果が得られることもとても素敵なことです。人と猫との信頼関係も大切になってきます。

猫と触れ合う時、人は自然に笑顔になります。疲れている時でも、猫を抱っこすると不思議と笑顔になり猫を愛おしく感じます。そして、猫ののど元を触り猫が喜びそうなことをします。猫が喜んでくれると「ゴロゴロ」と喉を鳴らし、その「ゴロゴロ」を聞いて人もうれしくなり、心が落ち着きます。

アニマルセラピーはいいことばかりで、人の心と体を健康にしてくれます。飼い主さんとペットだけの関係ではなく、お互いにいいパートナーとして心身ともに元気に楽しく過ごせる時間が増えることでしょう。



– おすすめ記事 –

・猫を飼って得られる癒し効果がすごい!最新の研究結果から分かる猫の癒しパワー
・猫がお腹を見せる本当の理由5つ!お腹を見せてくる時の撫で方もご紹介♪
・知っておきたい!猫のゴロゴロのひ・み・つ!
・癒しを求めて、一生に一度は訪れたい世界と日本の猫スポット!


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
munoco

munoco

猫を飼いはじめて20年。完全な猫派です。 今まで4匹の猫と過ごしてきました。現在は2匹の猫と楽しく過ごす毎日です。 ツンデレされて20年。猫の行動1つ1つが大好きで、ずっとツンデレにやられてしまっている人間です。

関連するキーワード