猫も車酔いをする?車を使って移動する際の注意点や対策方法

2018.11.30

猫も車酔いをする?車を使って移動する際の注意点や対策方法

移動手段の際に車を使用すると、人間にとってはとても便利に感じますよね。その便利な車に猫を同乗させた場合、猫はどんな反応をするのでしょうか。そして猫も人間と同じように車酔いをしてしまうようなのなら、どのような対策が必要となってくるのでしょうか。 今回は、猫を車に乗せる際の方法や注意点、車酔いの対策方法についてご紹介します。

focebookシャア
ツイート

猫の車移動はどんな時に便利?

猫,車,移動,車酔い

買い物で荷物が多くなったときや、長距離の移動の際に車を使用する方は多くいらっしゃると思います。しかし、猫を常に車に同乗させてお出掛けをする、という方は少ないのではないでしょうか。

猫は基本的に大きな音を嫌い、ストレスを溜めやすい動物です。猫を日常的に同乗させることはなくとも、どんなときに猫の車移動は便利と言えるのでしょうか。

◆動物病院に連れて行く際の車移動

猫が病気などにより動物病院に連れて行かなくてはならなくなった際、車を利用するのはとても便利です。

猫は、個体によってキャリーバッグに入れられるだけで嫌がる子もいますし、そのまま徒歩や自転車で動物病院に運ぶのも一苦労です。
そして公共機関である電車やバスを利用するとなると、周囲の人に対して迷惑になってしまわないかと心配になってしまうことでしょう。

どんな状況であろうと、キャリーバッグで移動することに慣れていない猫であれば、飼い主と同じ空間に居ることができる車は便利と言えるのではないでしょうか。

猫にとって動物病院は最も苦手な場所とも言えるので、移動に極力時間をかけないこともストレスの軽減へと繋げることが出来ます。

◆引っ越しの際の車移動

住居が変わる際にも、車で移動するのは便利ですよね。荷物と一緒に猫も運んでしまえる車は、短距離でも長距離でも活躍してくれることでしょう。

長距離での引っ越しであれば、事前に車に慣れさせてあげることも必要となってきます。

◆田舎への帰省の際の車移動

お盆休みや年末年始などのまとまったお休みの際に多いのが、帰省です。

数日間家を開けなくてはいけない状況になると、猫に対して思いつくのはペットホテルを利用したり、餌を何日分か置いて出掛けるということではないでしょうか。

しかし、食いしん坊な子や神経質な子だと、このどちらも得策ではないように思えてきますよね。

帰省先で猫の受け入れが寛容なのであれば、車で一緒に移動するのが飼い主にとっても一番安心とも言えるでしょう。


猫と車で移動する方法は?準備しておくことや注意点

猫,車,移動,車酔い

車を利用して猫と移動することは、人間にとってはとても便利に感じられますが、未知の乗り物である車に乗せられてしまった猫は、気が気ではありません。

何か事前準備は必要となってくるのでしょうか?そして、安心して車に乗るための事前準備や、安全な移動方法はあるのでしょうか。

◆体調のチェック

まず車で移動するにあたって、猫がいつもと変わらない健康な状態であるのかのチェックは必須となります。

食欲がなかったり、お腹を壊していたりする中で車に乗せてしまうと、さらなる悪化が考えられます。

人間と猫のお互いのストレスを軽減させるためにも、必ず体調のチェックをしてから車に乗せられるかの判断をするようにしましょう。

◆キャリーバッグとハーネス

この2つは安全に車を運転するためにも、絶対的に必要なアイテムとなります。

必ず車で移動する際には、猫が車内で暴れまわらないためにも、キャリーバッグの中に入れて乗車させてあげてください。

また、休憩中などにキャリーから出すときにパニックになってしまう子もいるので、ハーネスを着けておくと、飼い主にとって安心感が増すはずです。

●おすすめ商品
イタリア製ハードキャリー ドギー エクスプレス ブルー/ピンク

衝撃に強いバックル(5箇所):バックルに物が当たってもストッパーが効きます。簡単組立て式。

購入


17925343-2

ハウスにもなるリラックスキャリー。ねこちゃんをストレスなく誘導できるバッグインメッシュキャリー付き。

購入


猫ちゃん用 楽らくネット

ネットの中にネコちゃんを入れて、ヒモをしぼると通院時などおとなしくしてほしいときに大変便利です。

購入



◆自分の匂いがついた毛布やおもちゃ

車という未知の乗り物は、猫にとって不安材料でしかありません。いくら飼い主が同乗しているとしても、見慣れない匂いや景色にどんどんストレスを溜めていってしまいます。

そのため、少しでも不安を和らいであげるためにも、猫の匂いが染み込んだ毛布やおもちゃをキャリーバッグの中に一緒に入れてあげましょう。

●おすすめ商品
ふわふわブランケット

ふんわりやわらか手ざわりのブランケットで、子猫やシニアにもぴったり。サークルやキャリーなどのお気に入りスペースに最適です。
ヒツジとトナカイの2種類です。

購入

◆ペットシーツ

車酔いや粗相をしてしまった場合に活躍してくれるのが、ペットシーツです。

キャリーバッグの底に敷いてあげることによって、安心して移動することが出来ます。換えのペットシーツも何枚か持っていくようにしましょう。

また、移動時間が長い場合は、ポータブルトイレも用意しておくと良いですね。

●おすすめ商品
システムトイレ用消臭シート 中厚型タイプ 30枚

消臭・抗菌成分であるフィトンチットエキスを配合し、イヤなニオイをシャットアウト。3~4日分のおしっこをしっかり吸収。

購入


防水タオル

水洗いできるからいつまでも清潔、何度でも使えるから経済的、汚れを下に通さない防水加工、衛生的な抗菌・防臭加工介護用としても使えます。

購入
猫壱 ポータブル トイレ 黒

小さく折りたたんで収納できる猫のポータブルトイレ。
猫にストレスを与えない大きさと、足掛けでき、砂の飛び散りを防止する充分な高さがあります。

内側に厚い防水布を使用。水洗いもできます。

購入

◆お掃除道具セット

必要最低限のお掃除道具も、車に乗せておくと安心です。車酔いや粗相をしてしまった場合はティッシュやゴミ袋などが必要ですし、臭いが気になるようでしたら、無香料の消臭剤も用意しておきましょう。

香りつきの消臭剤は、猫の車酔いを誘発してしまう可能性があるので、車での使用は控えてくださいね。

●おすすめ商品
ペット用 エチケットパック マナーくん

コンパクトで便利なお散歩エチケット袋をあなたに!
手袋のように使ってくるっと裏返すだけ、後は袋ごと捨てるか紙パックを流すだけなのでとっても簡単です。

購入


シュシュット!お部屋の消臭&除菌 無香料 350ml

ソファなどの布製品のペット特有の気になるニオイ(フン尿臭、ペット臭など)を瞬間強力消臭&除菌。
さらに、お部屋にただようペット特有のニオイまで長時間消臭効果が続きます。

購入


シュシュット!おそうじシート 25枚

ペットのオシッコ・ウンチ・おうと物の汚れ・ニオイをしっかりふきとる!水と油の両方の汚れに効く、植物生まれの洗浄成分を採用。
保水性の高い厚手メッシュシートで1枚でも広い面積を拭けます。

購入

◆大きめのタオルやブランケット

お掃除の際にももちろん使用は可能ですが、急に肌寒くなったときや、猫が興奮状態のときにも活用出来るのが、大きめのタオルやブランケットです。

キャリーバッグにフワッと包むようにかけてあげれば、温度を保つことも出来ますし、狭いところを好む猫にとっては安心出来る場所を確保することが出来るのです。

◆水の準備

長距離の移動や、休憩の際に猫に飲ませる水も用意しておくと良いでしょう。

下手にキャットフードなどを与えてしまうと、車酔いをしてしまう可能性があるので、ペット用の水か軟水がお勧めです。

長時間水分を摂らない時間が続かないようにするためにも、自ら水を飲んでくれないのならスポイトやシリンジ(注射器)などで口の端から水を垂らして、喉を潤してあげるようにしましょう。

●おすすめ商品
ペットスエット 2L

手軽に水分補給。ペットの体液に近い電解質組成で、水分・ミネラルをすばやく補給。
皮ふ・被毛の健康維持をサポートするパントテン酸カルシウム配合。

購入


ヘルスウォーター にゃんマグ 緑系

「猫が飲みやすい」を追求した猫のためのマグです。
器の上部は広く猫のヒゲの邪魔になりません。内部に段を設け、「縁飲み派」の猫も鼻先が器に当たりにくく、水面が低くなっても飲みやすい形です。

購入


猫の車酔いの症状、対策は?

猫,車,移動,車酔い

猫はもともと三半規管が発達しているので、よく揺れる車の中は不安要素がいっぱいです。車酔いしてしまう人が居るように、猫にも車酔いをしてしまう子はもちろん存在します。

◆猫の車酔いの症状

猫の車酔いの症状には、よだれを垂らして泡を吹くなどの症状が挙げられます。
他にも落ち着きがなくなったり、鳴き止まなくなったりしてしまうのも、車酔いの症状と言っていいでしょう。

どうしても猫を車に乗せないといけない事情が出来てしまった場合には、しっかりと猫の様子を観察しつつ、対策をしながら移動をするように心掛けてくださいね。

◆猫の車酔いの対策5つ!

対策①乗車前に餌は食べさせない

慣れない乗り物に乗せてしまうことを不憫に思い、お出掛けの前にお腹いっぱいご飯を食べさせてあげたいと思ってしまうかもしれませんが、やめておきましょう。
胃の中に消化されきれていない食べ物が残っていると、車酔いをしやすくなってしまいます。

出来ることならお出掛けの4~5時間ぐらい前には、ご飯は食べさせ終えておきましょう。

対策②芳香剤は置いておかない

車中に芳香剤を使用していると、独特な香りが入り混じり人間でも車酔いしやすくなってしまいます。鼻が利く猫にとって、車中の臭いは車酔いしやすい条件が揃っているのです。

停車した際には、窓を少し開けて空気の入れ替えをこまめにすることをお勧めします。

ただし、その際はハーネスの着用を確認する、窓を開けすぎない等脱走対策をしっかりとしましょう。

対策③キャリーバックをしっかり固定する

車酔いをさせないためにも、キャリーバッグは通気性がよいものを使用し、シートベルトでしっかり固定してあげましょう。

そして助手席が空いているのなら助手席に、または車内で一番安全と言われている運転席の後ろの席にキャリーバッグを設置しても良いでしょう。

●おすすめ商品
たためるドライブペットケージ

シートベルトでしっかり固定!ペットと一緒に安全ドライブ。天面扉付きで、ペットをラクに出し入れできます。
さらに、給水器取り付けOK!リード付きなのでペットが飛び出さない様、固定することもできます。

購入


smart(スマート) チャーミーバッグ ブラウン

2つの開閉窓、ペットシーツ止め、飛び出し防止リードなどの便利な工夫が満載!
小さく折りたたんで収納でき、シートベルトで車の座席にバッグを固定できます。

購入

対策④こまめに休憩を挟む

猫の様子を伺いつつ、移動中はこまめに休憩をとるようにしましょう。声を掛けてあげたり、撫でてあげたりすることによって、少し平常心を取り戻してくれるはずです。

休憩を挟む際には、喉が渇いていないか、車中の空気が澱んでいないかなども、その都度確認するようにしてください。

対策⑤事前に最短ルートを調べておく

車酔いを回避するためにも、事前に最短ルートを調べておくなどの準備も重要となってきます。

もし長距離の移動になるようでしたら、事前に何回か猫を車に乗せてみて、乗車に慣れさせてあげるのも一つの手段です。

負担を大きくしないためにも、事前に出来る対策はしておくべきと言えるでしょう。

対策⑥車酔いの薬を事前に飲ませておく

既に車酔いをしたことのある猫や、性格的に不安が残るような猫であれば、事前に動物病院で車酔いの処方をしてもらい、お出掛け前に服用させておきましょう。

飼い主にとっても安心出来る策とも言えるので、多少の不安は取り除けるはずです。

個体によって絶対に乗車させられないのでは…という不安が過ぎってしまうような子の場合は、動物病院と相談して、軽い鎮静剤で眠らせることも検討してみてください。


まとめ

車は人間にとってとても便利な乗り物ですが、どうしても猫を乗車させて移動が必要となった場合、様々なことに注意をして対策をしなくてはいけません。
環境が急に変わるとストレスを強く感じてしまう猫にとって、人間はなるべくそのストレスを軽減させる方法を常に考えてあげる必要があるのです。

事前に色々と準備をしておくことによって、安心して運転が出来ますよね。車で移動する際には、こまめに休憩をとり、声を掛けて愛猫を安心させてあげてください。

徐々に車移動に慣れてくれたとしたら、一緒に旅行に行くことや、ドライブも可能となるかもしれません。一緒に居ることのできる時間をさらに増やしていくためにも、猫に最適な環境を整えてストレスを与えないようにしてあげてくださいね!



– おすすめ記事 –

・猫とストレスなく引っ越しするための3つのポイント~準備から移動まで~
・猫と引っ越しする時は車?電車?飛行機?準備~当日までの注意点
・ステッカーが話題!日産自動車の「のるまえに#猫バンバンプロジェクト」って?やり方は?
・猫とのおでかけ、乗り物に乗る際のマナーポイントをまるっとご紹介!


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
たぬ吉

たぬ吉

小学3年生のときから、常に猫と共に暮らす生活をしてきました。現在はメスのキジトラと暮らしています。3度の飯と同じぐらい、猫が大好きです。

関連するキーワード