子猫におすすめの餌5選!フードの種類や選び方、与える回数は?

2019.09.01

子猫におすすめの餌5選!フードの種類や選び方、与える回数は?

我が家に子猫がやってきた!でも、子猫の餌って何を準備すればいいの?たくさん並ぶキャットフードを見ると、どれがいいのか悩みますよね。そんな方のために、子猫へ与えたいおすすめの餌をご紹介します。子猫の健康を考えた、人気のフードをピックアップ。さらに、フードの種類や与える時間など、子猫の食事についての知識もまとめています。ぜひこの記事を読んで、子猫に最適な食事を楽しんでもらいましょう。

猫の基本の餌の種類「総合栄養食」と「一般食」

猫の餌は、主に総合栄養食と一般食(間食・おやつ・副食)に分かれています。

総合栄養食 = ごはん
一般食   = おかず・おやつ

総合栄養食とは、その食事だけで猫ちゃんにとって必要な栄養素が摂れることができる餌です。毎日の食事には、総合栄養食と記されているものを選びましょう。

一般食とは、総合栄養食と一緒に与えることを前提とした、嗜好性の高いもの。おやつなどがこれにあたります。表示の規定の回数や与え方を守り、総合栄養食と併用して上手に与えてくださいね。


子猫の餌の種類は?

キャットフード

◆ミルク

生後4~8週間頃までの子猫には、ミルクが必要です。

授乳ができない場合には子猫用のミルクを与えます。猫の母乳に近い成分でつくられた、猫用のミルクをあげてくださいね。

与える際は、猫用の哺乳瓶に入れて、ゆっくりと子猫のペースに合わせて飲ませてあげましょう。

◆離乳食

生後4週以降から、ミルクと併用して離乳食を進めていきます。

子猫の離乳食にはペーストフードを与えます。最初は指先ですくい、子猫の鼻先へ持っていって食べさせてあげましょう。少しぬるめの温度で与えてあげてくださいね。

徐々にペーストフードの量を増やしていき、ミルクの量を減らしてあげてください。切り替えには1~2週間ほど、ゆっくりと時間をかけます。

●あわせて読みたい
子猫の離乳食はいつから?離乳食をあげる時期やあげ方について

生まれて間もない子猫には、人間の赤ちゃんと同じように、ミルクや離乳食をあげる必要があります。子猫に離乳食をあげるのはいつ頃からが良いのでしょう?さらにどんな離乳食をあげたら良いのでしょうか?
子猫に離乳食をあげる時期やあげ方、あげる際の注意点などについてご紹介します。

記事はコチラボタン

◆ドライフード

ドライフードとは、水分が10%以下の固形のフードのこと。一般的にイメージされる、粒状になった固いキャットフードです。

猫が音を立てて食べるので、「カリカリ」と呼ばれることもありますね。

そんなドライフードの特徴を見てみましょう。

■メリット
◎ 乾燥させているので、長期保存が可能
◎ 粒が固く、顎の強化に役立つ
◎ 栄養価が高く、バランスがいい
◎ 歯垢がつきにくく、口臭予防や虫歯予防になる

■デメリット
△ 食いつきが悪いことがある
△ 水分補給が別途必要

以上のようにメリット・デメリットのあるドライフードですが、健康的な猫の毎日の食事には、栄養面とコスパに優れたドライフードがおすすめです。

開封して1カ月程度で食べきれる量を選びます。ちなみに、成猫であれば1ヵ月で約2㎏のドライフードが目安となります。

子猫はいきなりドライフードを食べることはできません。そのため、ペーストフードから徐々にドライフードへ切り替えていきます。

生後2カ月頃から、お湯でふやかした子猫用(またはオールステージ対応)のドライフードを与えましょう。

ドライフードをお湯で30分程度ふやかしたあと、子猫が食べやすいように粒を潰します。少しぬるいくらいの温度で、1日数回に分けて与えましょう。

3カ月頃からは、お湯の量を減らし、少しずつ餌を固くしていきます。もしくは、ふやかしたフードの中に固形のフードを混ぜ込んでもいいでしょう。

1~2週間ほどかけて、固形のフードへと切り替えていきます。

フードの移行は、子猫のペースに合わせてあげることが大切です。焦らずに付き合ってあげてくださいね。

◆ウェットフード

ウェットフードとは、水分を多く含んだキャットフードのこと。水分含有量が75%以上のものを指します。

風味豊かで香りが抜群なウェットフードは、嗜好性が高いため、子猫の食いつきも非常に良いです。

■メリット
◎ パウチタイプや缶詰タイプなどがあり、味のバリエーションが豊富
◎ 素材の味やにおいがしっかり残っており、嗜好性が高い
◎ 子猫の食いつきがよい
◎ 消化吸収がよい
◎ 水分補給の役割も

■デメリット
△ 割高
△ 開封後の保存は利かない
△ 歯の間に残りやすいので歯垢が付きやすく、口臭や歯周病の原因になる
△ 柔らかいので噛む力が衰える
△ ドライフードを食べなくなることがある

上記のような特徴から、ウェットフードは毎日の食事には不向きですが、補助的な役割で与えたいフードです。

ご褒美にしたり、食欲がないときにドライフードの上へかけたりなど、子猫の食事の楽しみのひとつとして取り入れていくと良いでしょう。柔らかくて食べやすいので、離乳食での使用もおすすめです。

また、猫は水を飲むことが苦手とされていますが、水分不足は病気のもと。ウェットフードにはたっぷりと水分が含まれているので、水分補給にも役立ちます。


子猫の餌の選び方は?

見上げる子猫

子猫の餌選びはとても重要です。子猫の時期に食の好みが決まると言われていて、成猫になると警戒心が高まり、新しい食事を受け付けなくなることがあるのです。

将来の猫の好き嫌いをなくすため、子猫の時期には様々な味や食感を経験させてあげることをおすすめします。

偏食がない猫ちゃんは、病気になったときにも療法食をきちんと食べてくれますよ。

◆ライフステージに合わせた餌を選ぶ

子猫に与える餌は、

・「キトン」「子猫用」と記載された総合栄養食
・「オールステージ」「全年齢対応」と記載された総合栄養食

どちらかを選びましょう。

子猫用のものは、子猫の未熟な身体に合わせ、消化・吸収の良いように工夫されたものです。

オールステージのフードは、粒が大きい場合細かく砕いて、子猫が食べやすい大きさにしてから与えてあげましょう。

◆栄養価の高い餌を選ぶ

子猫は育ち盛りのなので、栄養価の高いものがベスト。身体がぐんぐん成長するので、成猫よりもたんぱく質・脂質・カロリーが必要です。

肉や魚を主原料とした、良質な動物性たんぱく質を多く含んでいるものを選びたいですね。たんぱく質30%以上・脂質18%以上のドライフードがおすすめです。

また、炭水化物が少なく、人工添加物の少ないものを選べるとベスト。本来、猫は肉食動物ですので、穀類の消化は苦手です。炭水化物の高い食事は極力控えましょう。

おすすめはグレインフリー(穀物完全不使用)という表記のあるもの。まだまだ消化器官の未熟な子猫の身体にぴったりです。


子猫におすすめの餌5選

身体づくりが必須の子猫の健康を考え、高たんぱく・高脂質・低炭水化物のおすすめ商品をピックアップしました。

毎日あげたいおすすめのドライフードを、ランキング形式でご紹介します。

◆1位 オリジン

オリジン

高たんぱく・グレインフリー・無添加のぜひおすすめしたいプレミアムキャットフード。

子猫~老猫まで対応したオールステージタイプで、子猫に必要な栄養がたっぷり!安全性や素材の良さから、多くの愛猫家に人気のフードです。

ラインナップには、お肉メインのレジオナル、お魚メインの6フィッシュ、鶏肉メインのキャット&キティなどが揃っています。

新鮮な素材がふんだんに使用されており、非常に栄養価が優れている一方で、お値段は高め。経済的に問題ない・何よりも子猫の健康と安全が第一という方におすすめです。

まずは340gの少量パックを購入し、子猫の食いつきをチェックしてみると良いですね。

購入


◆2位 ハロー

ハロー

チキンとサーモンの2種類のお味が用意されたハロー。高たんぱく・グレインフリー・無添加で、おすすめのフードです。

キトン・アダルト・カロリーオフ・エイジングケアとステージごとにフードが分かれているので、キトンを過ぎても、愛猫の健康に応じた食事を準備できます。

子猫時代には高たんぱくの食事はおすすめですが、成猫になってもたんぱく質を摂りすぎると、腎臓に負担がかかり病気になることも。
その点、ハローの年齢に応じたフードのラインナップは成長しても安心ですね。

価格は安くはありませんが、高品質で、年齢に応じたフードが欲しい方へおすすめしたいフードです。

購入


◆3位 ヤラー

ヤラー

ヤラーのおすすめは、なんといってもオーガニックという点にあります。合成物質や化学飼料なども使用せず、安全にこだわったオーガニックペットフードということで有名です。

子猫に対応しているオールステージのフードは、グレインフリーという商品。穀物不使用なので、子猫にはぴったりですね。

気になる点は、脂質が低めであることと、炭水化物がやや高めということ。ヤラーを与える場合は、ウェットフードなどでカロリーを補うことをおすすめします。

お値段も高価ですが、毛艶や体調がよくなったという口コミも多く、一度は試してみたいフードです。

購入


◆4位 ワイルドレシピ

ワイルドレシピ

こちらは他のグレインフリーの商品と比べ、比較的安価なところが魅力。キトン・アダルト・エイジングケアとステージごとに商品が揃っており、キトンは鶏肉がメインです。

ただ、あまり勧められないビートパルプの使用や、原産地のわからないもの、内容がはっきりしないお肉が使われていたりと、不明瞭な点もあるため、安全性については少し疑問が残るところ。

価格を抑えて、高たんぱく・グレインフリーに挑戦したい方、年齢に応じたラインナップが欲しい方におすすめです。

購入


◆5位 日本のみのり

日本のみのり

安心できる国産で、無添加の全年齢対応のフード。ドライフードにも関わらず、手作り・少量生産で、賞味期限は約6ヵ月になります。

牛肉メインの一種類のみとなっていますが、こちらをおすすめする理由は、何といってもフードへ対する安心感。原材料について具体的に表示されており、内容については非常に信頼できます。

玄米が使われているのでグレインフリーではありませんが、低GIのため身体への負担は少ないと考えられます。

ただし、こだわりが強いだけあって、価格もとても高価に設定されています。値段が張っても国産にこだわりたい・より新鮮で安全な餌を与えたいという方には、おすすめしたいフードです。

また、非常に高たんぱくですが、たんぱく質の摂りすぎは腎不全などの病気を引き起こす可能性も。長期間に渡って食べさせる場合は、猫ちゃんの様子に注意してくださいね。

購入


価格がちょっと、という方には、販売元のサンユー研究所から出されている、副食のいわし缶・さば缶を試してみてはいかがでしょうか。ドライフードより安価で高品質なものを味わえるのでおすすめですよ。

▶▶▶日本のみのり いわし缶
▶▶▶日本のみのり さば缶 


子猫に餌を与える時の注意点

注意する指

◆子猫に餌をあげる回数は多めに

子猫は胃も小さく、一度にたくさんの量の餌を食べることはできません。餌を与える回数の目安はこちらです。

生後4カ月頃まで ・・・・・ 5~6回
生後4カ月から ・・・・・・ 3~4回
生後6カ月から ・・・・・・ 2~3回

猫はちょこちょこと少しずつ食事をする生きものですが、置き餌は衛生的によくありません。1日に与える餌の量を小分けにし、1日2~3回は取り替え、清潔に保ちましょう。

お水も新鮮なものを飲めるように、こまめに入れ替えてあげることをおすすめします。

◆子猫に与える餌を急に変えない

環境の変化が苦手な猫ちゃんにとっては、フードを急に変えることもストレスの原因に。里親やブリーダーから子猫を譲り受けるときは、事前に子猫が食べているフードを準備しておきましょう。

フードを切り替えたいときは、食べなれたものに少しずつ混ぜていき、徐々に新しいフードの割合を多くします。1~2週間ほど時間をかけ、子猫の様子を見て切り替えていきましょう。


まとめ

子猫の餌の選び方、おすすめのフードをご紹介してきました。

最後に子猫の餌選びで大切なことをまとめてみましょう。

★子猫には高たんぱく質・高脂質・低炭水化物で、エネルギーの高い餌がベスト。
★ドライやウェット、チキン味やサーモン味など、さまざまな食感と味を経験させてあげよう。
★水分補給もしっかりと。水を飲まない子猫には、ウェットフードを与えるなどの工夫を。
★餌は数回にわけて与えてあげよう。
★はじめての餌やフードを切り替えるときは、少量から与えよう。

フードはたくさんありますが、子猫との相性が大切です。愛猫の好きな味を見つけていくのも、楽しみのひとつ。子猫の体調をチェックしながら、子猫が喜ぶ食事を用意してあげてくださいね。

ライター/七
 



– おすすめ記事 –

・子猫のおやつはいつからOK?与えるタイミングとおすすめおやつ4選!
・子猫の歯の生え変わり時期、症状は?抜ける乳歯を見つけたら幸運かも!
・猫をケージで留守番させる時の注意点5つ!子猫はケージでの留守番が安心って本当?
・【子猫の飼い方】初めて子猫を迎える時の完全マニュアル~準備・育て方~


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PetSmileにゃん部

PetSmileにゃん部

にゃんこ大好きPetSmileにゃん部です。猫ちゃんにまつわるエピソードやお役立ち情報を発信します♪


記事に関するお問い合わせはこちら