捨てられた小さな子猫が体を寄せたのは、○○のそばだった

2018.03.12

捨てられた小さな子猫が体を寄せたのは、○○のそばだった

ペットを動物病院へ連れて行く途中に、道路脇で小さくて丸いモノを見つけた女性。そのフワフワしたモノとは、一匹の小さな子猫ちゃんでした。その女性のおかげで一命を取り留めたその子猫は、一時的に女性の自宅にて生活をし始めます。一方、女性はこの子猫の貰い手を必死に探しますが、ある時、この子猫には既に家族のように慣れ親しむ存在があるんだと気づくことに…。路上で救われた一匹の子猫と、一匹の飼い犬の間に生まれた絆のストーリーです。

focebookシャア
ツイート

愛犬、カリーを連れて動物病院まで車を走らせていた1人の女性。
その途中、道路脇の草むらの中で何か黒くて丸いものが転がっているのに気づきます。彼女はそれが何なのか気になり、車を止めることに。

その黒い物体はとてもフワフワした毛に覆われ、風が吹くたびにその毛は揺れていました。
ピクとも動かないその黒いものに優しく手を差し伸べると、女性は何度か軽くトントンと突いてみます。すると「ミャー」という小さな声が…。

1

それは、必死に生きようとしている小さな小さな子猫でした。

女性は子猫を抱き上げるとすぐに自宅に連れて帰ります。一体どのくらいそこで横たわっていたのかはわかりませんが、その子が弱っていることは確か。

女性はその子猫の体をぬるま湯で優しく洗ってあげ、ミルクを与えました。カリーも心配そうに子猫を見つめながら、その側を離れません。


その後、お腹が満たされた子猫は嬉しそうにミャーと鳴きながら横になる場所を探しウロウロ…。

そうして子猫が体を寄せた場所は、

3

何とカリーの腕の中だったのです。

2匹はまるで姉妹のように同じ枕に寝そべると、暖炉の前でウトウトと眠りにつきました。

「その光景を見てビックリしたと共に感動しました。その2匹の姿がとっても可愛く過ぎて。子猫はカリーのことがすごく気に入ったみたいで、彼女らはすぐに仲良しになったんです。」


残念なことに、カリーの飼い主である女性はその子猫をペットとして引き取ることができませんでした。しかし、その仲良しの2匹を引き離すことなんて絶対にできません。

考えた末、彼女は家族の中で誰かこの子猫を引き取ってくれないか相談してみることに。

すると、嬉しいことにすぐ志願者が!
それは彼女の弟とそのガールフレンドのカップルでした。彼らは子猫を一目見るとすぐにその子の虜になってしまったんです。

弟カップルはその女性の家からそう離れていない所に住んでいるため、カリーと子猫はいつでもスグに会いに行ける距離で生活をするということに。

4

カリーの腕にうずくまり甘える子猫。その子猫に顔を近づけ優しく頬をスリスリするカリー。この仲良し2匹が近い距離で暮らすことができ、カリーの飼い主である女性も大喜びです。

カリーに懐いてくれるその子猫を一緒に飼えることができれば本当は良かったのですが、現実的には厳しい様子。
これからは弟カップルと協力し合い、この仲良しな2匹を定期的に合わせて一緒に過ごす時間を作っていきたいと考えているそうです。

2匹はこの先もたくさんの時間を共有し、仲良しのまま成長していってほしいですね。またいつか2匹が大きくなった姿を見てみたいです。

<参考サイト>
lovemeow.com



– おすすめ記事 –

・まるで運命の様に引き寄せられた母犬と子猫の物語
・心に傷を負ったハスキー犬を救ったのは1羽のアヒル!?彼らの友情に住人達もメロメロに!
・突然、捨てられてしまった豚の赤ちゃん8匹。小さな命を救ったのは1匹のボクサー犬だった。
・【面白動画】負けられない戦いがここにある。「猫VS犬」寝床をGETしたのは果たしてどっち・・・!?


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
yukoyosshi

yukoyosshi

昔から動物が大好きで、野生動物や自然が多いオーストラリアに留学。現在もオーストラリアにて生活を送っています。家では犬や猫やその他の動物も飼っていて、中でも12年も生きた柴犬のミミとはバディな関係でした。

関連するキーワード