子犬がうちに来る前にするべき準備と迎え方

2015.10.12

子犬がうちに来る前にするべき準備と迎え方

昨今では、子犬を迎える方法としてペットショップでの購入が一般的であろうと思います。ひと昔前は、ご近所や知り合いなどから譲り受けるなんてことも多々ありました。 ペットショップや、ブリーダーさんから迎え入れる場合は、初めて迎え入れると伝えればおしみなくノウハウは教えてくれることでしょうが、まず先に子犬を迎えいれる環境が整うのかどうか、準備が可能なのかを考えてみましょう。

飼い主としての心の準備

子犬が家に来る前に、どんなにかわいい容姿をしていても相手は言葉の通じず、しゃべれないない生き物と、認識していますか?
全ては、飼い主のあなたが気持ちを汲み取り注意してあげなければ、病気のサインも見逃してしまいます。「手がかかる」それだけは最低限心構えとして持っておきましょう。
一度、家族として迎えるのですからその後10年以上は一緒に暮らします、長い時間ですお金もかかります、いろんな場面があります、お互い一緒に楽しく暮らせるビジョンを立てておきたいものです。

環境の準備

先ずは、わんちゃんの居住スペースはありますか?

  • 食器を置く場所
  • トイレをさせる場所
  • 落ち着かせる場所(サークルなどを設置する場合は大きさを確認しておきましょう)
  • 飼い主さんの生活動線も考えて、置き場所を考えてあげてくださいね。
    わんちゃんの生活用品一式の収納スペースも結構場所をとりますので、棚などの設置が可能かどうかも頭に入れておいてもいいかもしれません。
    (ちなみに我が家の愛犬は、当初使っていた2倍の大きさのサークルに買い替えるほど成長しましたよ。)
    物品などの準備は、今の時代は「スタートセット」等で売っているのをよく見かけますし、
    一つ一つ、選ぶのも楽しい時間でもあります、たくさんありすぎて目移りするほどですね。
    「準備は完璧!」と思っていても予期せぬ事も多々あります。
    その時も、楽しく対処できるような飼い主さんでありたいと、心懸けていれば本当の意味での準備は完璧なのでは?と、思います。

    名称未設定-3

    迎え入れる季節による準備

    112063

    最近では、年間通じていつでも子犬が繁殖されています。
    これからの時期ですと、夏も過ぎ人も過ごしやすい季節ですので、わんちゃんにとってもいい季節かと思われます。
    もし冬に迎え入れるならば、温かくしてあげるような商品が必要になりますし、夏でしたら冷えるようにと、季節によってさまざまな商品がたくさんあります。今後の成長も考えて購入した方がよいでしょう。
    犬種によっては、暑さ寒さにとても弱かったりするので、犬種ごとに下調べも必要かと思われます。

    いざ、迎えいれる日

    230952

    飼い主さんにとっては、とてもとても嬉しい日ですね。
    触りたくて抱っこしたくて、たまらないかもしれません。
    一方、わんちゃんにしてみたら、まったく違う環境へ連れてこられ、不安と戸惑いでいっぱいです。付けられた名前でさえわかっておりません。
    ごはんをちゃんと食べて、トイレもできているようなら、少し休ませてあげましょう。
    その際には、それまで一緒にいたタオルなどを貰って来れてたら同じ匂いの中で安心して眠れることと思います。
    私の体験談になりますが、当時ペットショップのかたにすすめられたのが、マイクロファイバー系のやわらかく、軽いタオルです。しつけもまだなので汚れるからとたくさん用意し2~3枚一緒にサークルに入れておりました。それがよかったのか安心して眠っていた姿を覚えています。

    まだまだ、赤ちゃんなのでよく眠ります。(犬は睡眠時間が多いのですが、赤ちゃんはさらに多く、ご飯のあと少し遊んだらすぐに寝てしまいます、一日トータルで、15時間ほどは寝ているかと思います。)
    寝すがたもとても、愛らしく見入る事でしょう、すぐに大きくなるのでたくさん画像を残してあげてくださいね。
    dc60fa59c3386a1d468e1f8e286f0ce8_s

     愛犬の抜け毛が気になる方へ 

     子犬から家族の一員になるまでに知っておきたいこと 

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    chobi

    chobi

    ペットのみならず、動物はみんな大好きです。

    関連するキーワード